「『IKEA』に行きました 

June 16 [Fri], 2006, 12:27
 横須賀の親類を訪ねる一泊の小旅行のついでに?、船橋の「イケア」に行って来ました。
静岡から横須賀へ行くのに、船橋がついでかどうかは若干疑問ではあるが、
妻が「ついでに寄りたい」というので行って来ました。

 使い慣れないカーナビを、中途半端に信用しながら目的地に向かったが、しっかり迷った。
教訓、曖昧な下調べとカーナビの中途半端な信頼は慎むべし、である。

 さて、「イケア」だが、大型の商業施設である。詳しくはホームページをご覧頂くとして、
感想を一言で言えば「ものすごく楽しかった」
 なにが、どう、という細かい部分は割愛するが、四時間弱滞在したが、時間は足りなかった。

 妻の友人で、千葉に住む方が案内してくれたおかげで、それでも一通りは回れたのだが、もっとじっくりと見たかった。
まぁ、今回は横須賀のついでなので致し方ない。

 フードコートもあるのだが、既存のファストフード店ではなく、お国の郷土料理を提供していた。
美味しかったですよ。

 近いうちにまた行く事になりそうです。

Kさん、おかげでとても楽しめました。
本当に有難う。
ぜひ静岡にもいらしてください。

ワールドカップ開幕 

June 11 [Sun], 2006, 12:26
ワールドカップが始まった。

 いろんなスポーツのワールドカップがあるが、単に「ワールドカップ」いえば
サッカーのそれを言う。

 中学生の時サッカー部だった私にとっては、74年のワールドカップの記憶が最初のワールドカップだ。

 当時、「三菱ダイアモンドサッカー」という番組があって、多分それが唯一のサッカ−専門の番組であったと思うが
そこで紹介されていた「ワールドカップ」に夢中になったものである。

 さて今回、日本はどうか?
予測はあくまでも予測である。優勝はずうずうしすぎるが、一日でも長くドイツにいてほしいものである。

 ガンバレ、サムライイレブン!

人間を変える 

June 10 [Sat], 2006, 12:25
 まったくもって性格を、人間をかえるのは大変だ。

 どなたか、その方法を知っている方がおられるなら
教えて下さい。

 とりあえず二日に一回はブログを更新できる人間になりたいです。

盗作疑惑 

June 04 [Sun], 2006, 20:27
 「全ての芸術は模倣から始まる」と誰かが言っていたが、
恐らくは真理であろう。
芸術に限らず、ひょっとしたら生きていく全てが最初は模倣なのかもしれない。

 確かに始まりは模倣から、であろう。始まりは、である。

 今回、盗作疑惑を受けている画家のニュースは、
天下のNHKをはじめ、あらゆるワイドショーで取り上げられているので
みなさんもご存知だと思う。

 本人の肉声も流されるが、内容を聞いてみると
馬を鹿だと言い張っている様な物ではないか?

 世の中、不思議な事も不思議な人も、目一杯ですね。

ダイエット宣言 

June 01 [Thu], 2006, 20:27
6月よりダイエットに取り組みます。

 人間ドックを年中行事にしてから、かれこれ7,8年になるが、
毎年「肥満気味」を指摘される。

 具体的な目方は公開しないが、確かに太り気味である。
とは言え、体重はもう何年もプラスマイナス1キロ位で推移している。(ドック時)
なんのコントロールもしないでこの安定振りはどう解釈すればいいのか?

 いずれにしても今後の人生を考えると、ここで落としておきたい処だ。

 方法も公表しないし、経過も思い出した様にしか発表しないが、必ず減量してみせます。

 一時は、断食道場に行ってみようかとも思ったが、正しい断食は時間がかかるらしいので断念した。

 まぁ、週一くらいで経過報告はします。

 やるぞー

ジーコジャパンはどうか? 

May 31 [Wed], 2006, 20:25
 本日早朝、サッカー日本代表はドイツとテストマッチを行った。
結果はみなさんご存知の通りだ。

 全員が出場できるわけではないのは分かっているが、個人的には小野選手の活躍を見たい。
戦術の関係で、あの才能がベンチでは勿体ないような・・・

 テレビでも、ラジオでも、世間にも、評論家あるいは監督が多くてしょうがないが、私もその一人になってしまう。
妻には「うるさい」と散々批判されているが・・・。

 本番まであとわずか、ジャパンの検討を祈る!

更新の憂鬱 

May 29 [Mon], 2006, 23:39
 ブログの更新がままならない。
「日記」なのだから、その日の出来事や雑感をサラサラッと書けばいいのだが
ままならない。

 どうしてもかっこつけて書こうとしたりしてしまう。
「時間が無い」などと言い訳してしまう。

 ごくたまに、知人から「ブログ読んでるよ」などと言って頂くが、
「最近更新がないねぇ」などと言われてしまう。

 一日の終わりにブログの更新、という生活のリズムを早く確立したいものです。

島らっきょ 

May 18 [Thu], 2006, 23:36
今日、沖縄に住んでいる妻の友人から、「島ラッキョウ」が届いた。
それも、4キロ!そうじのし甲斐のあるボリュームだ。

今年の夏は、お店で「沖縄フード&泡盛フエアー」をやろうと思い、お使いを頼んだのだが。

 内地のらっきょうと、どう違うかはよく分からないが、とにかく「沖縄フェアー」には欠かせないアイテムだ。
今週中に塩漬けにしようと思う。

フエアーでは、ラフテーやら、ソーメンチャンプルやら、足テイビチやら、
スーチカやら、いろいろやります。
オリオンビールや泡盛で盛り上がろうよ。

乞う、ご期待!

妻の沖縄のお友達、いつも有難う!

秋吉敏子さんを聴いてきた その二 

May 15 [Mon], 2006, 1:37
 予備知識のないまま会場に向かったが、道中妻が、「秋吉さんは70歳代だ」と教えてくれる。
「おばあさん」の年齢ではないか!
もっとも高校時代のアイドル、渡辺貞夫さんだって70代だし、不思議なことではない。

 演奏はもちろん素晴らしかったし、
演奏の合間のトークでは、デビューのいきさつなども話してくれた。

 お寺の本堂でジャズを聴くのはもちろん初めてだったが、なかなかに良かったですよ。

秋吉敏子さんを聴いてきた、その1 

May 10 [Wed], 2006, 1:24
 ここで、旅のレポートはひとまずお休み。
今回は5月8日の月曜に行ってきたコンサートの話だ。

 秋吉敏子さんをご存知だろうか?
私は、名前だけは高校時代から知っていた。

 当時、JAZZに夢中だった私は、「スゥイングジャーナル」という雑誌を講読していたが、
年に一度ミュウジシャンの人気投票をやるのだが、そのビッグバンドの部にその名前はあった。
残念ながらリーダーが日本人と白人のビッグバンドは、当時の私からすると興味の対象外だった。

 そういったわけで、今やJAZZの殿堂入りした唯一の日本人である彼女の演奏を、初めて
味わう事が出来た。それも、奏者と観客が一体になれる小さな会場で。

 会場は、お寺(宝台院)の本堂。仏像の前にピアノがセッティングされていた。
 

2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ji-pro
読者になる
Yapme!一覧
読者になる