ケミカルウォッシュ加工を自宅で行う

March 08 [Sat], 2014, 21:35
現在、特に女性の間で再注目となっているケミカルウォッシュのジーパンですが、これを自宅で行うためには具体的にどのようにすればよいのでしょうか。

まず準備するのは、脱色(ブリーチ)をするジーパン、そして脱色剤、これはできればジーパン専用のものが手に入ればそれにこしたことはないでしょう。
台所用の漂白剤でも代用できます。
さらにはひもです。

準備ができたら、まずはジーパンを水で濡らします。
そしてどのような方法でもいいので畳んでから、それをヒモでしばります。
ボンレスハムをイメージしてもらえるとよいでしょう。
続いてバケツに水を張り、ジーパンを付けて漂白剤を投入します。
お湯で行うことでより強い漂白効果をえられるのでおすすめです。

どれくらいつけるかは、時折出して確認しながら行うと良いでしょう。
また漂白剤は手につくと荒れてしまうので、手袋をつけて行うことをおすすめします。
終わったら薬剤を落とすための洗濯をして乾かして終了です。

ケミカルウォッシュ加工に必要なもの

March 08 [Sat], 2014, 21:28
現在流行のリバイバルとして非常に注目を集めているケミカルウォッシュ加工されたジーパンですが、この加工はどのようにしてできるのでしょうか。

まずは漂白剤などを使用して化学的にジーパンを脱色(ブリーチ)することによってあのような霜降り柄を可能としています。
もしもこのような加工を自宅で行うのに必要なのは、身近なもので言えば市販のブリーチ剤です。
もしもなければキッチンハイターでウォッシュする方もいるそうです。

ただし、このような脱色(ブリーチ)をもしも自分で行うのは、市販のもののようにはいかないというリスクもしっかり押さえておかなければならないでしょう。
あくまでも自分で楽しむ程度にとどめておく、もしくは自宅でおこなうケミカルウォッシュの下手さを楽しむという考えが必要かもしれません。

ケミカルウォッシュのジーパンの今

March 08 [Sat], 2014, 21:04
ケミカルウォッシュというジーパンをご存知でしょうか。
化学的に脱色(ブリーチ)され、白い部分が大量にあるジーパンです。
ケミカルウォッシュという名は、化学薬品によるウォッシュというところからきているようです。

1980年代において日本では大流行しました。
またその容姿から霜降りジーンズとも言われていたそうです。
しかしその後は流行も落ち着いてしまい、現在ケミカルウォッシュのジーパンをはいている男性をみかけることはほぼないでしょう。

しかし、女性はまったく事情が違います。
過去の時代を知らない若い世代の人たちによるケミカルウォッシュのデニムが大流行となっています。80年代のファッションを敢えて取り入れるスタイルによってケミカルウォッシュにジーパンが再び注目されるきっかけとなっています。

ジーパンに関するおすすめブログ

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ジーパン
読者になる
2014年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ji-pan/index1_0.rdf