この教師と出してください1位「市」と自称する

May 28 [Mon], 2012, 11:13
とこたえると、母親は娘を連れて歩いてきた。母は目を赤くしていは記者に教えて、7歳の娘は昨夜家で一画一画に書いた「いってらっしゃい」のメモ、早く起きた後、母は彼女を连れてここに来て準備を「花墙。「花墙や横断幕の存在か学生の恐怖心を激化させますか?」記者決定週囲大衆現場の調査では、多くの回答は「二者は必ず連絡しない」。記者がインタビューの中で、突然1名の髪の毛が薄いの男に突然、襟記者見分け彼は南平市の委員会の宣伝部通信課の担当者。「標語と市民の自発的花墙は追悼行為かどうか、あなたの権利のようにしますか?」記者の追及に、この教師出してください1位「市」と自称する仕事の関係者は、横断幕が急速に分解したされて、「官」は厳しい警告:「記者たちを撮っちゃいけませんて、撮像!」記者は命令を記者証、現場にブーイング大衆4から、ある人は言います:「じゃなくてここに立って記者も権利があるのだろう!」同幹部応答すぐに「全南平の記者も帰私管ならば、見せて記者証!」広州の夕刊を脅して記者に「あなたがここに扇動と挑発大衆。あなたは待っていて、私があなたが片付け!」言い終わると、学校に入った。親:花墙どう影響子供?娘の条ではまだ書いて:いってらっしゃい今朝7時15分、広州の夕刊紙記者再び訪れ南平市実験小学校の入り口に準備インタビュー。昨日の午後、市の担当者に関委員会によると、今日の朝に行われる特殊な「別れの儀式」――その遭難学生の機はこの儀式の後に撤去され。しかし記者が取材現場遭遇自称地元の政府当局者の人は当時は撤去に阻まれ、「花墙悼む」。記者が駆けつけ実験小学校の時に発見して、校門の向こうの鉄格子にいっぱい掛かって、長さ約12メートルの花とレイは、何枚書いて「安らかに!不幸の小さな花」、「親愛なる子供、天国に行っていってらっしゃい!」の白地に黒字四方の掛け軸がひときわ目立つrmt アラド戦記 rmt 。しかし、ある眼鏡をかけている中年女教師きっぱりと否定する午前は「別れの儀式」であると同時に、さらに2名の同僚を2枚の横断幕をはずして、移動されて現場に複数のメディア疑問、教諭解釈:「花や横断幕をここでは、子供たちが怖い!」広州の夕刊特派員肖执缨
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/jhtdfb/index1_0.rdf