まさかの…認知心理学

May 19 [Mon], 2014, 14:34
認知心理学は、人間の心を情報処理のようにとらえる分野から解明しようとする学問です。
知能心理学ということで、いろいろな検証を通して知覚や判断の速さ、文章理解、数の操作、記憶、言葉の使用、推理思考などにかかわる因子が存在するという説があるのです。
しかしながら錯覚は、その関係性が成り立たない現象のひとつであるのです。
袋小路に何回走りこんだかについて記録して、それを賢さの物差しとしました。
また、IQの検査のほかに郡指数という指数が導入されました。
ラットでは優秀な遺伝のもの、劣等な遺伝のものを分けて交配することもできます。
これが知能心理学という考え方になり、その後いろいろな説に派生しました。
この段階で司令を下す条件として、人それぞれの個性が出ることになります。
日本では1925年、鈴木治太郎によって鈴木・ビネー知能検査として開発されています。
認知心理学といった専門分野でも人間の学習過程について深く解明されていることから、専門分野として証明することができるのです。
人間は心で動いているものとして行動心理学を超えるものが、学問として生まれてきました。
しかしながら閾下刺激では、人間が刺激を認知していないにもかかわらず、何かしらの行動を起こしてしまいます。
成人用の検査は大きく言語性のテスト、動作性のテストに分けられます。
認知心理学ABC

認知心理学ブック

認知心理学口伝
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jhr1i2et
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jhr1i2et/index1_0.rdf