欧州株は薄商いのなか上昇し2カ月ぶり高値、公益株に買い

January 03 [Tue], 2012, 11:25
[パリ 2日 ロイター] 2012年最初の取引となった2日の無修正DVD欧州株式市場は、英米市場の休場で薄商いとなるなか値上がりし、2カ月ぶり高値で引けた。独エーオン<EONGn.DE>や仏GDFスエズ<GSZ.PA>など公益株が買われた。

FTSEユーロファースト300種指数<.FTEU3>は10.53ポイント(1.05%)高の1011.92。昨年10月以来の高値となった。

DJユーロSTOXX50種指数<.STOXX50E>は53.65ポイント(2.32%)高の2370.20。

12月のユーロ圏製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は速報値と同じ46.9で、判断の分かれ目となる50を5カ月連続で割り込んだものの、相場への影響は限定的だった。

市場では、週内に参加者の戻りが見込まれるなか、今後の相場展開に注意が必要と指摘する声も聞かれた。

サクソ銀のトレーディング・アドバイザー、ディディエ・アバット氏は、昨年末にかけて欧州金融問題の一時的解決が見い出されなかったことは悪材料とした上で、今年初めの数週間は、イタリアやスペインの政策対応や金融機関、格付け会社の動きをにらみながらの展開になるだろう、と述べた。

昨年17%落ち込んだSTOXX600公益株指数<.SX6P>はこの日2.3%上昇。独エーオン<EONGn.DE>は4.5%高、仏GDFスエズ<GSZ.PA>は3.2%値上がりした。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:世界のDVD
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jhpsep78/index1_0.rdf