【G大阪】遠藤、8年前の屈辱「忘れてました」“鈍感

November 20 [Thu], 2014, 12:32



 G大阪の日本代表MF遠藤保仁(34)が19日、MF今野、GK東口とともに日本代表から戻りチームに合流。Jリーグでの大一番となる22日の浦和戦(埼スタ)を前に“鈍感力”を発揮した。持ち前の平常心で逆転Vに望みをつなぐ,グッチ靴スーパーコピー



 負ければ浦和Vとなる一戦。G大阪にとっては8年前の2006年12月も似たような状況で浦和と対戦。2?3で敗れ優勝を決められた苦い経験がある,グッチ靴スーパーコピー。当時、遠藤は長期離脱となったウイルス性肝炎から約2か月ぶりに復帰。途中出場も目の前で優勝を見せつけられた。だが、本人は「そういえば似てますね。でも、忘れてました。メンバーも違うんでね」と、ひょうひょうと振り返った。



 状況に左右されないメンタル面の安定感が、遠藤の武器。5か月ぶりの代表復帰となった14日のホンジュラス戦でも1得点,グッチ靴スーパーコピー。過去の浦和戦は、チーム最多6得点の“レッズキラー”だが「たまたまです」とあっさり。「普段通りやることが一番」と語る司令塔の存在が、逆転優勝を狙うG大阪にとって最大の強みだ。





浦和戦に向け、意気込みを語るG大阪・遠藤