おり、端末を縦位置、横位置ど

March 11 [Wed], 2015, 11:10

















ブランド グッチ
商品品番 1032
カラー 写真どおり






 



http://tioniphone.com
その約半年を振り返っての感想だが、第1に挙げられるのは「iPhoneならでは」の安定感。その1週間ほど前にリリースされたiOS 8を体験済だったこともあり、操作に迷うことがない。スリープボタンの位置が右側面上に変更となり、スリープするときやスクリーンショットを撮るときに戸惑いはしたが、操作に関しては他に迷いようがない。Android端末の場合、端末ごとに機能もOSのUIも多少異なるため機種変更後しばらくは混乱しがちだが、この点OS/ソフトウェアとハードウェアを一体的に作りあげるApple製品の強みといえるだろう。

iPhone 5sと比較した液晶ディスプレイの大きさは、感覚的には"一回り以上"だ。4から4.7へと、インチサイズで表現するとわずかだが、実際に手にすると差は歴然。ピクセル数が72.7万から100万へと増加したこともあって、いち画面あたりの情報量が多い。
ルイヴィトンiphone6ケース。。
写真や動画もiPhone 6のほうが見応えがある……と個人の感覚を書いたところで伝わらないかもしれないので、情報量の多さを体感した事例を列挙してみよう。たとえば、WEBページ。iPhone 5sではスクロールしなければ確認できなかった部分が、iPhone 6ではページランディングと同時に確認できる。「カレンダー」も、水平方向に構えたときiPhone 5sでは4日間のところが、iPhone 6では6日間表示できる。ホーム画面に並べておくアプリも、iPhone 5sでは1画面あたり最大4×5段+4=24だが、iPhone 6では最大4×6段+4=28だ。

●ホールド感は△
○筆者の手からはみ出すiPhone 6
プラダ iPhone6ケース 。。
しかし、iPhone 6は身長172cmの筆者の手からはみ出す。iPhone 5sでは、画面のどの部分でも持ち手(左手)の親指でタップできたが、iPhone 6はエイヤッとばかりに親指を伸ばさなければ届かない。2週間ほどでだいぶ上達したが、ホームボタンダブルタップで画面全体がずり下がる「簡易アクセス」を使いこなせるようになってからは、さらに気にならなくなった。

とはいえ、ホールド感はiPhone 5sのほうが上だ。幅がわずか6.4mm増えただけだが、"握っていることの安心感"が低下した感は否めない。アルマイト処理のアルミニウム製ボディはiPhone 5sと同じだが、いざ使いはじめてみると手にしたときの感覚はだいぶ違う。iPhone 6の側面は丸みを帯びた形状になっており、角張っていたiPhone 5sよりも"引っかかり"が少ないのだ。

だからiPhone 6に変えてからというもの、落とすことが増えた。1週間に1回とまではいかないものの、月に2〜3回は床に落下させている。透明なバンパーを装着しているため、傷らしい傷もなくここまで来たが、"裸族"のままではとうの昔にディスプレイが割れていたに違いない。

●個人的にインパクトが大きかったこと
○「10軸センサー」は歓迎
iPhone6 シャネル。。
デザインや手にしたときの感触がiPhone 6の"外向きの変化"だとすれば、IC/センサー類の追加?機能向上は"内向きの変化"と言えるかもしれない。64bitデュアルコアのSoC「Apple A8」、イメージセンサにオートフォーカス用素子を組み込んだ「Focus Pixels」、最新/最速のWi-Fi仕様「802.11ac」対応……いずれも目視確認はできないが、操作性や使い勝手に大きく関わるニューフィーチャーだ。

個人的にインパクトが大きかったのは、A8のコプロセッサ「M8」。加速度センサーとコンパス、ジャイロスコープから継続的かつ消費電力を押さえてデータを収集することは従来のM7と大きく変わらないが、新たに搭載された気圧計もサポート。これで、階段の昇降やフロア間の移動も検出可能になり、新たに標準装備されたアプリ「ヘルスケア」で確認できるようになった。

筆者はジョギングを日課としているが、iPhone 6を肌身離さず持ち歩いているわけではなく、別に運動量を測定したいわけでもない。そもそも大柄なiPhone 6を持って走りたくないし、前述したとおり落としやすいので必ず自宅待機させている。ではなぜ「M8」に注目するかというと、それは「屋内測位への期待」だ。
プラダ iPhone6ケース 。。
現在、国土交通省を中心に進められている「高精度測位社会プロジェク スペックコンピュータは6日、iPhone用三脚マウント「anycase tripod adapter for iPhone 6?iPhone 6 Plus」を発売した。安定性が高く、縦位置、横位置どちらにも対応していることが特徴。iPhone 6向けとiPhone 6 Plus向けの2モデルが用意されており、価格はiPhone 6向けが税込み7,322円、iPhone 6 Plus向けが税込み7,538円。

【もっとほかの写真をみる】
エルメスiphone6ケース。。
「anycase tripod adapter for iPhone 6?iPhone 6 Plus」は、高い安定性を備え、ブレずに固定できることが特徴のiPhone用三脚マウント。三脚穴を3箇所に備えており、端末を縦位置、横位置どちらの向きでも固定できる。素材には、特に強度が高いとされる「6061アルミニウム」を採用。固定部分は3Mゴムパッドが使われており、端末を傷つけずに固定できる。三脚のほか、ネジ穴がついているセルカ棒(自撮り棒)にも使用できる。
6Plusケースシャネル。。
「anycase tripod adapter for iPhone 6?iPhone 6 Plus」のサイズ/重量は、iPhone 6向けが幅約135mm×高さ約28mm×奥行き約45mm/約36g、iPhone 6 Plus向けが幅約158mm×高さ約28mm×奥行き約45mm/約40g。なお、iPhone 6/6 Plus以外にも幅約14mm以下×厚さ約14mm以下の端末であれば固定できる。
【関連記事】iPhone6ケースヴィトン風。。

【レポート】最近ホットなセルカ棒に関する記事まとめ
iPhone6ケース。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jhkyt
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jhkyt/index1_0.rdf