売れた実質の――利益需要と

October 04 [Fri], 2013, 11:17
業務係はヴィトン コピー品の製品の目的を売り込むことは何ですか? ――は利益を得て求めることを実現します。
消費者はヴィトン コピー品の製品の目的を購入することは何ですか? ――はヴィトン コピー品の製品あるいはサービスを受けるもたらす利益は、各種の層の需要を満足します。
業務係の需要のとても単純な――は有利で、経営し続けることができます。
消費者の需要のとても複雑な――1、違った消費者は同一のヴィトン コピー品の製品に違った需要;2、同一の消費者が同一のヴィトン コピー品の製品に者多次元のある需要があります。 個を打ってたとえば: ある人はシャンプーを買って屑のものを買って行きたいと思います;あるはすぐ脱いだものを防ぐことを買います;を返すある消費者はブランド品であることを要求する上に、屑を持っていて行って、防ぎは脱いで、烏発のたくさんの機能は、同時にまだ価格が安いことが要ります。
売れた実質はどんな――が求めることを満足します! すでに業務係を満足して“利潤”に対する需要必要で、同時に同じく満足違った消費者がヴィトン コピー品の製品差別化と多元化の需要に対するために必要です。
売れた過程はどんな――業務係と消費者が勝ち取って最大限に自身需要と利益を満足して、これによって絶えず橋渡しと交渉の過程。
なぜこのように話しますか? ヴィトン コピー品の製品に既定である状況のもとで、業務係が追求するものは利益最大化してそれで、消費者は使った最少のお金最適自分を買った製品あるいはサービスを考えます。 業務係は製品の独特なセールスポイントを利用してお客様を引きつけに来ること必要で、製品の物がところを超えて値することを証明して、消費者はすると積み荷ができて3個の選択より選んで買います。
個人は1人の成功した業務係が消費者の角度に立って全面的に相手を分析して求めることが上手いと考えて、お客様を最もそれを満足することができることに推薦することが求める製品あるいは個性化したサービスは、同時にまだ競争相手を知って彼をもう知るか知ることをやり遂げること必要に、お客様の積み荷に3個より、ためらって決めない際は尺を指摘してある程度短くて、寸はある程度長くて、競はしかしとても優秀であることを品定めして、ただそれの主はセールスポイントを打ってお客様に対してともに実用的でなくて、製品はたとえXXの方面の面は競に及ばなく品定めしても、さらにお客様を満足して求めて、まさにが最も合っていてやっと最高です。
今日、ネットに見る1人の友人の文章《売れた実質の――は信任を得る》は、個人はこの命題自身のように思って違っています。
何であることを信じますか? 売れた1個の重要な条件を達成することを信じて、方法で、手段です!
信任を得た重要性は疑いを使ってはいけなくて、触媒を果たすことができる役割を売ることに、お客様を獲得して人気があって、前提はお客様需要の情況下を満足することができます。 個を打ってたとえば: 2個の服屋がいて、1個はあなたの肉親の兄弟が開いていて、別の1個は1人の熟知しない異郷の人が開くものは、あなたを伺って誰を信じますか? 間違いないことは自然的に自分を信じる兄弟です。 もしあなたは服を買えば、異郷の人が売る製品はあなたの兄弟の品質よりよくて、スタイルは良くて、価格はまた安くあなたは選んで誰にできますか? 再び例を引き上げて、カルフールと道端の簡易旅館はあなたは誰をさらに信じますか? もしあなたは口はのどが渇いていていて水を買いたいと思えば、道端の簡易旅館が最寄りで車を購入しているか座ってカルフールへ行って並んで購入しますか?
親愛な業務係友人たちは、本当の販売達人の個はだから智計は百出して、ともにお客様と良好な協力を維持して関係することができることはゆえに、である大理にある販売実践する“人間性”に対した深い把握。
売れた実質“赤裸”――利益と需要。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jhktjer
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jhktjer/index1_0.rdf