という出荷台数は予想を超えていた」と述べて

March 06 [Fri], 2015, 17:42

グッチiPhone6ケース

2015年1月30日、網易科技は、「韓国でiPhoneがシェアを拡大、サムスンは苦戦」と題した記事を掲載した。
6Plusケースシャネル

米市場調査会社ストラテジー?アナリティクスは、「韓国スマートフォン市場でアップルが急速にシェアを拡大しており、サムスンは苦戦を強いられている。iPhone6発売以来、サムスンのモバイル部門は低迷している」と伝えた。

香港の調査会社カウンターポイント?リサーチのデータによると、2014年11月時点の韓国スマートフォン市場におけるサムスンのシェアが46%に下落したのに対し、アップルは33%に上昇した。カウンターポイント?リサーチの関係者は、「大画面iPhoneに対する需要が大きかったため、アップルは急速にシェアの拡大を図ることができた」と分析している。2015年1月30日、サムスンは長年にわたり、中国市場でのスマートフォン売り上げトップを独占してきたが、長年のライバルであったアップルについにその地位を明け渡した。北京商報が伝えた。

シリコンiPhoneケース
英国の市場調査会社Canalysによると、昨年第4四半期(10−12月)の中国スマホ市場で、アップルがメーカー別出荷?販売台数で初めて首位となり、サムスンは3位に退いた。同時期のアップルの四半期決算によると、アップルの中華圏での売上高は前年同期比70%増となった。

Canalysはアップルが中国スマホ市場でトップに立てた理由として、初めて打ち出した大画面スマホ(iPhone 6、iPhone 6 Plus)が消費者から受け入れられたことや、中国国内の4Gの発展を挙げた。一方、革新的な新製品に欠けたサムスンは、1位から3位に転落、中国メーカーの小米(シャオミ)が2位、華為(ファーウェイ)が4位につけた。このランキングの移り変わりは、アップルが発表した2014年10-12月期の決算からも見て取ることができる。アップルの同期の売上高は745億9900万ドル(約8兆7800億円)、純利益は180億2400万ドル(約2兆1200億円)で、それぞれ前年同期比30%増、38%増となった。うち、中華圏の増加率は最高で、売上高は161億4400万ドル(約1兆9000億円)と、前年同期の94億9600万ドル(約1兆1200億円)と比べ約70%増となった。
最新シャネルiphone6 ケース
製品別に見ると、売上の主力製品となったiPhoneは前年同期比57%増の511億8200万ドル(約6兆200億円)の収益を上げた。アップルはiPhone 6、iPhone 6 Plusの具体的な売上高を発表していないが、ティム?クックCEOは、両機種がもたらした新規ユーザーは過去の全てのiPhoneを上回ったとしている。

アップルと対照的なのがサムスンだ。サムスンがこのほど発表した昨年第4四半期の決算によると、同社は5四半期連続の減益となった。
携帯ケース コピー
近頃、サムスンの業績は低迷を続けており、主力スマートフォン「Galaxy」シリーズも革新性に欠けることから消費者をひきつけられていない。サムスンの中国でのシェアは、高いコストパフォーマンスを誇る小米、華為、レノボなどの中国メーカーに奪われている。さらに、長年のライバル?アップルが大画面スマホを打ち出したことで、サムスンのこれまでの強みが消え、シェアの一部がアップルに流れてしまそんな同社が12年8月に開発したのが「トリックカバー」と呼ぶ商品だ。米アップル?iPhone 4用のカバーとして自社の公式サイトで発売した。同商品は、本体を覆うケースと自由に回転?移動するカバーにより、iPhoneをヌンチャクのように振り回すことができる。角度を変えて自立スタンドとしても機能する。発想のヒントは、ペン回しやジッポライターの操作だったという。

 その後も後継機種対応型を開発し、現在はiPhone 6やiPhone 6 Plus向けカバーも販売している。累計の販売数は1万個を超えた。
アイフォン6エルメス
 もともと本業の合間に好奇心で製作しただけで、販売するつもりはなかったという。それが同社の二代目社長?藤沢秀行氏が操作する姿をフェイスブックに掲載したところ、「面白い」「社長はドヤ顔だ」と評判を呼び、販売しないのかとの問い合わせが寄せられ、発売に至った経緯がある。「無駄にかっこいい」をキャッチコピーに掲げ、人気に火がついた。

「話題となってメディアに相次いで取り上げていただき、売れ行きが加速しました」と語る藤沢氏がスマホを使い始めたのは11年10月。以来、iPhone好きの消費者に向けたモノづくりを考え、設計を始めたという。
アイフォン6シャネル
 その後、フェイスブックで知り合った人と情報交換を重ねながら、商品機能や使い勝手の改良を進めた。インターネット上だけでなく、リアルの場での意見も重視して開発に生かした。

 例えば、展示会のブースに試作品を出品し、予定価格を9500円に設定したところ、来場者から「高い」「5000円以下なら買う」という声が上がった。その反応を得て価格を見直し、最初の商品は4800円で発売した。こうした一連の活動により、発売時には販路や顧客候補ができていたのも大きかったという。 米国の市場調査会社IDCは2015年1月29日(米国時間)、2014年第4四半期(10〜12月期)におけるスマートフォンの出荷台数をまとめたリポートを発表した。それによると、同四半期におけるスマートフォンの出荷台数は3億7520万台。2013年第4四半期の2億9270万台に比べて28.2%の増加となった。2014年通年の世界スマートフォン出荷台数は13億110万台に上り、2013年の10億1940万台から27.6%増加した。
iphone6ケース
 出荷台数のランキングは1位がSamsung Electronics、2位がApple、3位がLenovo。Appleが、出荷台数およびシェアにおいてSamsung Electronicsに迫る勢いを見せた。Samsungの出荷台数は7510万台、Appleは7450万台と、その差はわずか60万台である。2014年第3四半期は、Samsungが8440万台、Appleが5100万台だった。シェアはSamsungが20.01%、Appleが19.85%とほぼ並んだ。

 Appleは「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」によって出荷台数を一気に伸ばし、Samsungは出荷台数を大きく落とした。Samsungは、ハイエンド機種ではApple、ローエンド機種ではXiaomi(シャオミ)、Huawei、ZTEといった中国メーカーとの板挟みにあっている。IDCは、「Samsungがトップの座を維持するためには、薄利多売を受け入れるか、ハイエンドスマートフォンの販売戦略を変えるしかない」と分析している。

 IDCでモバイル機器市場を担当するRyan Reith氏は、「iPhone 6/iPhone 6 Plusの売れ行きが好調だということは予想の範囲内だったが、7450万台という出荷台数は予想を超えていた」と述べている。Appleは、2015年第1四半期(2014年10〜12月期)、四半期の売上高が過去最高を記録した。
iPhone6ケース香水風
 Xiaomiは、前四半期の3位から5位へと順位は落としたものの、前年同期比の成長率は178.6%と、トップ5社の中では最大となっている。中国でのニーズが安定していることが好調の要因だ。Xiaomiの後にはLG ElectronicsとZTEが続いている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jhjyuty
読者になる
2015年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jhjyuty/index1_0.rdf