経営者としての此下益司氏と此下竜矢氏について 

2014年10月17日(金) 21時18分
アジアパートナーシップファンドを経営する此下益司氏と此下竜矢氏は、ビジネスの才覚が優れている人でしょうね。
成長著しいアジア市場に目を付け投資を行ない、多くの利益を上げています。
また、アジア市場に進出や投資をおこなう企業のサポートも、アジアでビジネスを行ないながらサポートをしています。
アジアパートナーシップファンドの利益を上げながら他社のビジネスが成功するようにサポートをする、この2つを同時進行できる人は、ビジネスの世界でも少ないのではないでしょうか。
またアジアパートナーシップファンドの此下益司氏は、スポーツにも造詣が深い経営者です。
そのため、グループ会社にはスポーツ関連のビジネスを行なっている会社もあります。
この会社では用具の開発や販売の他に、スポーツ施設の設計や建設も行なっており、誰でもスポーツを楽しめる間児湯を整えています。
アスリート精神を持ち自らもスポーツを楽しむ人物だからこそ、大好きなスポーツをビジネスとして考えながら、同時に社会貢献もしているのです。
他にもアジアパートナーシップファンドのグループ会社には、和菓子や中華総菜を製造・販売する会社、アニメやゲームなどコンテンツビジネスを行なう会社など、様々な分野に進出をしています。
これだけ多くの分野に進出をして成功を収めるのは、並大抵のことではありません。
だからこそ、アジアパートナーシップファンドを経営する2人は、優れた才覚を持っているのです。