御存知 

2007年04月09日(月) 20時35分
より

もうすでに、御存知のことだと思うのだけれども、うちは、ものすごく、わがままなのですけれども。
はい、たいがい、どこでも、わがままなんですけれども。
すきな人とかには、更に、わをかけて、わがままになってしまうわけで、
しかも、誰かさんあまいから、余計にあまえてしまって、
悪いなぁ、とは、思いながらも、やっぱり、あまえてしまう、、

あってるときも、あってないときも、いっぱい、いっぱい、たくさんもらってるのに、
うちは、いつも、何かしてあげられてるのかなぁ、って思ってて。

たまに、かまってもらえなくて、淋しいなぁ、って思うこともあるけれども、
そゆときは、ゆうし、まぁ、淋しいとは、ゆえないけれども。
うちも、仕事とかで、返事とかかえせなかったりするし、
何かしてるときとかは、なるべくゆわないように、とは、思っているんだけれども、
友達とあそんでるときとか、何か作ってるときとか。

特に、何か作ってるときってゆうのは、邪魔したくないなぁ、って。
作られたものもすきだし、作ってる誰かさんもすきだし、

だから、あー、もう、なんてゆうか、
だいじょぶだよっ、聞きたいことは、聞くし、
むしろ、もっと、わがままでいいのに。
別に、無理に変わらなくていいのに。
あー、もう、あやまることなんて、ないんだから、おばかだなぁ。
ま、そんなとこも、かわいくて、すきなんだけれども。

あやまるのは、うちのほうなのにね。

花言葉 

2007年03月19日(月) 20時10分
傷付けているのは、理性の片隅で
承知してはいるのだけれど
止められずに、更に傷を広げて
赤い染みをつくってしまう

揺らめく黒髪、白い靴
何時までこの手で触れられるのだろう
いっそ、鎖で繋いでしまえば、

青い苺が熟れるのを待ちながら
緑の音を聴く
そういえば、まだ怒った顔を見ていない

どこに 

2007年03月13日(火) 23時48分
いけばいいんですか

いったい何時になれば変われるのだろう
目指す先が皆と違うことは知っていたけれど
いつの間にか周りには誰もいなく
ただ独りぽつねんと

草の上に伏せて地球の鼓動に耳をすませる
黄色い天使が頭上を飛んで
空は残酷なまでに青い

不良の判子を押され
燃えないゴミの日に捨て置かれる
ただそれだけのこと

サイバー 

2007年03月11日(日) 1時11分
また雨が降ってる
不安を煽る
希望やなんやが、雲に遮られ
つき返された紙の束に埋もれ
死にたくなる
死なないけれど
少し、哀しい

ノーモア 

2007年02月06日(火) 0時22分
今は、もう、何も感じたくない
今は、もう、何も考えたくない
何にもいらない、
何にもない、

はやく、ねむりたい、
安らかな眠りにつきたい

ブレーキはノー
アクセルはモア

もう 

2006年12月17日(日) 1時19分
しんじゃいそう

忙しいときには、わがままゆったらだめ
疲れているんだから、だだこねたらだめ
しんどいときに、重しになるようなことは、ゆってはだめ
がまんをしないと、ずっと一緒にいたいなら
ちゃんとうまいことできてるかな

全部、ちゃんと、分かっているのに
こんなにかなしいのは、なんでだろう

ねずみ 

2006年12月15日(金) 15時13分
の海で、にやにやしっぱなしでしたー。
マシュマロです。よいっす。

ほんとに、もう、楽しかったんですよ。
シーが、ってゆうのは、勿論ですが、
久々に会えた、誰かさんと一緒ってゆうのがね、うん。
ほんとに、なんてゆうか、もう、魅せられっぱなしなわけです。

いや、何しててもかわいいからねぇ、実際。
たれめが、非道いことになってました。きっと。笑

あとさ、うれしかったのが、絵っっ。
しかも、手描きだしっ。
すきな人の、すきなとこを、自分に向けてもらえるなんて、
ほんと、贅沢すぎるとゆうか、うれしいです、、

あと、いろいろあったわけですが。ね。

いつもの生活をちょっと、のぞけちゃったりしたのも、うれしかったなぁ。
写真みしてもらったり、、

ふたりきりになったときの、声がすき。
甘くなるの。
普段の声もすきだけど、唄ってるときの、声もすきだけど[顔もっ]、
あと、うん、、ね、笑
今回は、いっぱい聴けて、しやわせでしたー、、

ずっと、思ってたんだけど、まだ、ゆえるような、うちじゃないよなぁ。
って思って、ゆわずにいたことを、ゆってしまった、
でも、あれは、本気なので。
もっと、ちゃんとした大人になってから、もう一回、きちんとゆいたい。
でも、はずかしくて、なかなかゆえないよねぇ、、
しどろもどろになってしまうんだろうなぁ。きっと、、
でも、よし、がんばるぞっ。

あこがれはどこだ

電話線 

2006年11月27日(月) 16時38分
をせつだん
マシュマロです。ほいっす。

残り香とゆうものは、あまくて、せつない。
例えば、ソファや、じゅうたんに、その人がいた痕跡をみつけては、
鼻をよせてしまう。うちは、やっぱり、変態です。

ずっと、消えなかったら、いいのになぁ。
においも、痕も。

変態なので、セーラ服とか、浴衣とか、弱い。
浴衣は、ほんと、弱い。
日本人っていいなぁ。って思う。よこしまだけれども。
はやく、手帳買って、はろっとー。

にしても、ほんと、写真とか見るのすきで。
それこそ、赤ちゃんの頃のから、全部見たいくらいなんです。
ストーカ気質は、十二分にありますよ。将来有望。
嘘です、しないように気をつけます。
嫌われるのは、厭だからねぇ。

でも、やっぱり、Sっ子なので、つい、いじめてしまう。
恥ずかしがってるのとか見たら、いじめずには、いられない、、
ごめんね、 だって、かわいいんだもんっ。
本気で厭なときは、泣きそうな顔で、それ以上ゆうと、嫌いになる。
ってゆうと、やめます。[取り扱い説明書]

はやく、12月になるといいなぁ。

キミのひだりてをもとめてるみたいに

a 

2006年11月23日(木) 0時51分
広い闇の一番すみっこ、三角座り
ここでは何にも聴こえない
そう、今はそれがいい

小さな窓から飛び出したくなるよ
柿の木にささるか、花壇に落ちるか
どうせこの高さじゃ、死ねやしない

ぼくの街の真夜中の橋の上
吐く息は白く消えていく
呼吸を止めたら、ぼくも消えていく

手にしていた鉛筆、こわくて放り投げた
ナイフを手にする前に、はやく
これくらいの深さで満足ですか?
赤くなった指をなめたら、懐かしい味

広い闇の一番すみっこ、きをつけ、回れ右
音を求めて、すすめ、前

それでもいい 

2006年11月21日(火) 0時09分
それはそれでいい
マシュマロです。デンマーク。

どうしよう、やっぱり、ちょっと、恐い。
2年?3年?ってゆうのは、やっぱり、長い年月で。
忘れることなんて、できないし、
そんなことが、できるほどの器用さなんて、持ち合わせていないし、
例えば、何かのキーワードやなんかで、思い出したりしてしまう。
やっぱり、まだ、ちょっと、辛い。

この部屋は、ちょっと、たまに、辛い、
今は、だいぶ、薄れてきたけれど、
でも、恐いのは、そっちではなくて、
新しい想い出が増えること。
もう、次は、耐えられないかもしれない、

って、また、今、恐がらなくていいことで、恐くなってる。
恐くない、恐くない。
だいじょうぶ、だいじょうぶ。
うん、だいじょうぶ。忘れない。


名前を呼ぶのがすき。
なんか、知らないけれども、すきな人の名前を呼ぶのがすき。
名前を呼ばれるのもすき。
なんか、くすぐったいけれども、すきな人に名前を呼ばれるのがすき。
情事の最中に、呼ばれたりなんかしたら、ほんとに、もう、やばい。
ただでさえ、すきすぎて仕方ないのに、それ以上になってしまう。

名前って、なんか、重要だよねぇ。
ただの、記号のはずなんだけれども、それ以上の意味を持ってるよねぇ。
キミのこと知ってるよ、キミのこと認識してるよ、キミのこと認めてるよ、
キミのこと、必要としてるよ、キミのこと、求めてるよ。
なんか、そんな感じ。

でも、やっぱり、あまり知らない人の名前は覚えられない、、
うちの、記憶フィルタおかしいから。欠陥品だから。ごめんね。

しんしゃが3びょうではいしゃになった