3Dの映画をみるとき・・・

April 23 [Tue], 2013, 13:05
大型のテーマパークにある3Dアトラクションを体験した人はたくさんいるのではないでしょうか?専用メガネをかけると目の前まで映像をきて楽しいですよね。
なぜ目の前まで映像がくるのでしょか?
生物の大半の視覚は2次元ですが左右の目からズレた2種類の映像を脳で一つに統合させて取り込ます為、2.5次元で映像を見ています。
このズレを「視差」と言います。
つまり、数センチ離れた左右の目からずれた映像を見せると、それを脳が勝手に立体と認識してしまうのです。この視差を利用したものが3Dです。
3D立体視表現にはいくつかの方法が存在しますが、
日本の映画館では、ほとんどがフレームシーケンシャル方式を使っています。
裸眼で3D映画を見たことがありますか?見ると映像が2重にブレて見えたと思います。
左目用の映像と右目用の映像を高速で交互に表示している為にブレて見えます。
3Dメガネは左右交互に高速で開閉を繰り返しています。
よって3Dメガネがスクリーンの映像とリンクすることにより、左目用には左目用の映像、右目には右目の映像が映ることになり映像が飛びだして見えるようになります。
3Dが増えてきたとはいえ、まだまだ普及しているとは言えないのでいつか自宅で手軽に3Dが楽しめる日が来るといいですね。
近い未来そうなるはずです!


視力回復方法
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:まいまい
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jgoiarjgorig/index1_0.rdf