自己破産とブラックリスト

December 22 [Tue], 2015, 10:56
融資を受けながら、自己破産をして返済義務を放棄すると、ブラックリスト扱いになってしまいます。ブラックリストとは、信用情報会社に照会すると、自己破産したことがわかってしまう状態です。

信用情報会社とは、信用情報をチェックすることが可能なところです。今まで借りたお金を問題なく返せているかや、延滞したことがあるかなども、信用情報会社からわかります。

金融会社は、信用情報機関に照会をして、信用力を見極め、審査を行っています。他社のローンを何社も利用している人や、自己破産や債権整理をしたことがある人はこの時点で判明します。

キャッシング会社によって審査のしかたは違いますが、信用情報機関に自己破産の情報が残っている限りは、審査はほぼ断られます。5〜7年は、自己破産の情報は記録として残されているでしょう。

クレジットカードをつくるための審査も、自己破産情報が残っている限りは通りません。どの金融会社にも断られて困っているという人の足元を見て、高金利での融資を提案してくるような、悪徳業者も存在しています。

ヤミ金融と呼ばれる業者に騙されないようにしましょう。どこからも融資は受けられないはずなのに、自己破産して数年で融資の話を持って来る会社があったら、何らかの思惑が絡んでいる可能性があります。
自己破産をした後は、一定期間の間自己破産ができないので、悪徳金融業者からすれば格好の獲物になってしまうのです

。自己破産したからといって、生活自体が元に戻るまでにはやはり時間がかかります。もしも自己破産が希望通りに進んだとしても、次にいつ何が起きるかわからないと心得て、慎重に行動することが大事です。

妻の不倫
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:aki
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jgoewo/index1_0.rdf