蘇芳とたかみー

March 09 [Wed], 2016, 18:36
アトピー性皮膚炎とは、アレルギーと関係性のあるものの中でも特に皮ふの持続的な炎症(かゆみなど)が現れるものであり要は皮ふ過敏症の一つだ。
レチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、目立つ濃色のシミをほんの数週間で薄い色に和らげるのに大変優れている治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・肝斑(かんぱん)・にきび跡などに効果があります。
アトピー要因:家族歴と以下の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)のうち一種類、若しくは2つ以上)、IgE 抗体を生成しやすいと思われる原因、等。
貴方は、果たして自分の内臓が何の問題もないと断言できる自信がおありでしょうか?“ダイエットしても痩せない”“肌荒れが気になる”などの美容悩みにも、実はなんと内臓の調子が関係しています!
歯のビューティーケアが必要と感じている女性は増加傾向にあるものの、実際にしている人は少ない。最多の理由が、「自分だけではどのようにケアすればよいかよく分からないから」という思いらしい。
美容整形をおこなう美容外科とは、正確には外科学の中のジャンルであり、医療に主眼を置く形成外科(plastic and reconstructive surgery、plastic…形を作る、reconstructive…復元する)とは別のものである。また、整形外科学(orthopedic surgery)と勘違いされやすいのだがまったくもって分野の異なるものだ。
メイクアップでは隠す行為に専念するのではなく、リハビリメイクを通して最終的に患者さん本人が自らの外観を認知し、復職など社会復帰すること、またQOL(クオリティーオブライフ)を今よりも向上させることを理想に掲げています。
ネイルケア(nail care)というのは、手足の爪や指先を手入れすること。美容だけでなく、ヘルスケア、巻き爪対策など医学的な処置、生活の質の保全といった色々なシーンで活躍しており、もはやネイルケアは一つの確立された分野と言うことができる。
仕事、終電帰りの食事会、深夜に及ぶスポーツ中継・翌日の夫のお弁当や食事の下準備…。お肌に悪いということは承知していても、実のところ必要なだけの睡眠時間を持てていない方が大半を占めているのは明らかです。
本来、健康な皮ふのターンオーバーは28日周期になっており、いつも新しい細胞が作られ、365日剥落し続けているのです。これらの「日々の生まれ変わり」によって人の肌は若々しさを保ち続けています。
気になる下まぶたのたるみを改善する方法で効果が高いのは、ずばり顔面のストレッチです。顔にある表情筋は特に意識していないのに固まってしまったり、その時の気持ちに左右されている場合が頻繁にあります。
美白という概念は90年代後半に美容家の鈴木その子が一押しして流行ったが、90年代前半にはメラニンの沈着が原因のシミ対策の語彙として用いられていたようだ。
皮膚の奥で生まれた肌細胞はじわじわと皮膚の表面へと移動し、しばらくするとお肌の表面の角質となって、約一カ月経つと自然に剥がれ落ちます。これこそが新陳代謝なのです。
気になる目の下のたるみの解消策で効果が分かりやすいのは、ずばり顔面のストレッチです。顔面の筋肉は意識していないのに固まってしまったり、精神の状態に絡んでいることがよくあるのです。
皮膚の美白ブームは、90年代初頭から次第に女子高校生などに浸透したガングロなど、不自然なほど極度に日焼けするギャル文化への対抗文化ともとれる考えが入っているのだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ホノカ
読者になる
2016年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる