膚のバリア

March 04 [Mon], 2013, 19:38
肌の乾燥による掻痒感の誘因の殆どは、加齢に伴う角質層の細胞間脂質と皮脂分泌の低減や、固形石鹸などの頻繁な使用に縁る皮膚のバリア機能の無力化によって発生します。
皮膚の新陳代謝が遅れてしまうと、様々なお肌のエイジング現象や肌トラブルを招きます。老けて見えるしわ・目立つシミ・顔色の冴えないくすみ・クマ・弛み・目障りな吹き出物・突っ張るような乾燥など、言い始めたらキリがないくらい大変なことになります。
MYコスメBLOG

アトピーの誘因:家族歴・次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)の内一種、もしくは2種類以上)、IgE 抗体を作りやすいと思われる原因、など。
例を挙げれば…今、このサイトを眺めながら頬杖をついていますか?この体勢は手のひらからの圧力を目一杯ほっぺたに与えて、皮膚に対して不必要な負荷をかけることに繋がっているのです。
軟部組織マニプレーションとは近くの筋肉や骨格が誘因で位置以上を起こした臓器を基本収まるべき位置に返して臓器の機能を向上させるという治療法なのです。
メイクの良いところ:自分の顔立ちがいつもより好きになれること。顔に存在しているニキビ・クスミ・毛穴の開き・そばかす・ひっかき傷等が隠れる。回数を重ねるごとに魅力が増してくる楽しさや高揚感。
化粧の短所:涙が出る時にまさに阿修羅のような怖い顔になってしまう。ほんのちょっと間違えると派手になったり自爆する羽目になる。顔の造形をごまかすのにも限界を感じること。
身体中に存在するリンパ管に沿うように進んでいる血の循環が鈍化してしまうと、必要な栄養や酸素がうまく配られず、
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jfdsfds
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jfdsfds/index1_0.rdf