歯科と美容の関係

September 28 [Sat], 2013, 9:43
審美歯科(しんびしか)とは、美しさを重視したトータルな歯科医療の分野。歯が担う役目には咀嚼などの機能的な一面と、審美面があり、2つとも健康については非常に大事な要素であろう。
残業、終電帰りの食事会、深夜に放送されるスポーツ中継・次の日のお弁当に食事の準備…。肌が荒れてしまうというのを分かっていても、現実的にはしっかり睡眠時間を確保できていない人が大半を占めるようです。
20代、30代になってから現れる難治性の“大人のニキビ”の社会人が増加している。10年間もこうした大人ニキビに苦痛を感じ続けている人が皮膚科の門をたたいている。
爪の伸びる工程は樹木の年輪のように刻まれるという存在であるが故、その時々の健康状態が爪に出ることが多く、毛髪と同じようにすぐに視界に入って分かりやすいため健康のバロメーターとも呼ばれるのだ。
指で押しても戻るお肌の弾力感。これを生んでいるのは、お馴染のコラーゲン、すなわちタンパク質なのです。バネの働きをするコラーゲンがちゃんと皮ふを支えていれば、嫌なたるみとは無縁というわけです。
頭皮は顔面の肌に繋がっており、おでこも頭皮に等しいものと考えることを知っていましたか。歳を重ねるにつれて頭皮が弛み始めると、フェイスラインの弛みの原因になります。
ドライスキンというものは、お肌に含まれる角質細胞間脂質と皮脂分泌の量が標準のレベルよりも減衰することで、お肌にある水分が揮発し、お肌の表面がカサカサに乾燥する症状を示します。
アトピーの要因:家族の病歴・次の既往歴(気管支喘息、アレルギー性鼻炎・結膜炎、アトピー性皮ふ炎(あとぴーせいひふえん、atopic dermatitis)の内何れか、若しくは複数)、IgE 抗体を作りやすい誘因、等。
中でも夜10時〜2時までの4時間は皮ふのゴールデンタイムで、お肌の生まれ変わりがより一層活発化します。この夜10時から深夜2時の間にぐっすり眠ることが何にも勝る美容術だということは間違いありません。
スカルプのお手入れの主な目指すところとは健康的は髪の毛を保つことにあります。髪の毛に水分がなく乾燥し始めたり抜け毛が多くなりはじめるなど、多くの人が頭髪の悩みを持っています。
美白化粧品だということを正式な商品説明で謳うには、まず薬事法を制定している厚生労働省の許可が下りている美白に効果を発揮する成分(よく使用されるのはアルブチン、こうじ酸)を取り入れている必要があるそうだ。
現代社会に生きる身の上では、身体の内側には人体に悪い影響を及ぼす化学物質が増加し、更には自身の体内でも老化を促進するフリーラジカルなどが発生していると喧伝されているらしい。
ネイルケアそのものは爪を更に良い状態にして保つことを目標に掲げている為、爪の違和感を観察しておく事はネイルケアスキルの向上により役立つし何より無駄がないのだ。
デトックスというワード自体はさほど目新しいものではないが、あくまでもこれは代替医療や健康法の一種に過ぎないものであり、医師による「治療行為」とは別物だと分かっている人は意外なまでに少ないようである。
どこにも問題のない健康な人にもみられるむくみだが、これは自然なこと。特に女の人は、夕方のふくらはぎのむくみを気にするが、人ならば、下半身が浮腫んでしまうのは正常な状態なのだ。

http://fy4ocuw9n.seesaa.net/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jfaljsdslsfho
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jfaljsdslsfho/index1_0.rdf