save money 

June 05 [Mon], 2006, 21:42
28歳未婚。
お給料はそこそこです。
でも預金口座の額がまったくもって増えません。
何度も何度も貯金しなくてはと思えど、
結局一定の額になると、「あ、買い物行かなくては!」
と、一種の強迫観念に駆られ浪費してしまう私。
大好きな人には「姉の浪費ぶりしか見てないから実家が裕福なのだと
思っていた」とまで言われ、私決心しました!!

the 貯金!!

私は何かを始めることに対してとても後ろ向きだ。
けれども一度決めたことはどんなことも必ず成し遂げてきたつもり。
これは女のプライドをかけて貯金することにしました!

さっそく、給与口座にぶっこんでたお金を預金口座に移す。
通勤は徒歩。そして何より禁煙!

私的禁煙のメリットとしては、
今までのペース、2日1箱を一年続けると計54,000円預金でき、
空気清浄機の使用頻度が減り電気代が削減され、
歯もホワイトニングし、きらりと輝く笑顔を手に入れ、
喫煙は?と聞かれて「いいえ」と答えることに対し、これまで
それが嘘であることに後ろめたさを感じていましたが、それもなくなるわけです。
全ては私が「非喫煙者」だから。

と自分に言い聞かせて禁煙の途を歩みます。

これで失敗した際には大声で笑ってもいいよ。

心細い時 

April 16 [Sun], 2006, 21:38
土曜日 親友と街へ。
親友は最近キャンキャン系に目覚めたらしく、今まで覗いたこともないような
お店に行ってみた。
いやはやどこもかしこもえびちゃんだらけだね。

帰宅後、どうやら私は風邪を引いたらしく
本日1日通産して10時間は寝てました・・・
一人暮らしをはじめてこんな本格的な風邪は初めてで
とっても心細い。
いろんな人に会いたくて、でもこんな時に限って誰からも
着信はなく、ひたすら一人で寂しかった。

一人には完全に慣れたつもりでいたのに、
寂しい・・・

父と言う生き物 そのB 

April 10 [Mon], 2006, 21:01
失態F
今回のメインイベント哲学の道を散策。
しかし、機関車を撮りすぎ、桜を一枚収めたところで、デジカメの充電が切れる。
(母・私 笑うしかない。)

失態E
そんなこんなで大幅に時間をロスしてしまったので、
その後行く予定だった(母が一番楽しみにしていた)錦市場は到着した時
すでに大半のお店が閉店・・・(母呆然)

3日目。
失態F
朝金閣寺へ。
その後昨日見られなかった錦市場へ行くことにして、
結局予定していた嵐山はあきらめることに。私と母はもはや我慢の限界に達し、
文句いいまくり。
それを察知してか、父はスネが痛いだの腰が痛いだの言い出し、金閣寺を見た後は一人で駅に戻り
休んでいると言うので、快諾したが、結局付いて来る・・・・・・・

その後祇園に行きもはや最後の望みと祇園都路里に行くが、ここでも並ぶことを拒否される。
(私は完全に無言)
あまりの傍若無人さにあきれ果て最後には父はほっぽって伊勢丹の都路里でパフェをいただく。
良かった良かった♪

総論
とにかく父の傍若無人さにはあいた口がふさがらなかった。
いつも妹にないがしろにいされている父をかわいそうに思った私がかわいそう。
第一最初から母と2人旅行に行く予定でたてた計画に「飛行機なんて乗れるか」と
言って断った父がいきなり踏み込んできてそれも「おまえらは方向音痴だから俺がいないと
どうせどこにもいけないだろう」くらいのことを言ってついてきたくせに、
何の役にも立たず、計画はずたぼろ。行きたい所にも行けず、食べたいものも食べれず、
せっかくの旅行が台無しで、みんなに喜んで欲しかったのに本当にショックだった。
私だって本当はこんなこと言いたくないけど、あまりにもひどすぎる。
無理して頑張って働いてせっかく連れて行けることになってうれしかったのに、
自分の父親がこんなにも自分勝手だったなんて知らなかったよ・・・

とにかく私も母も二度と父とは旅行しません。

京都は桜が満開で最高だった。京都はね。

父と言う生き物 そのA 

April 10 [Mon], 2006, 21:00
失態C
ホテルにチェックイン後、清水寺へ。
しかし、神戸でロスした結果行きたいお店の営業時間に間に合わないと
判断しタクシーで清水寺へ。
二年坂・三寧坂を散策しつつ清水寺のライトアップを見る。
途中、京都に来たら絶対赤の毛氈でお茶を飲むのが夢だったのに、
それも拒否される。(母切れる)
その後夕食を取るため祇園に向ったのだが、父が八坂神社を通ることを拒み
見られず。
夕食後、祇園あたりを散策しながら巽橋で写真を撮るつもりがホテルに帰ろうと父。
結局、夜桜を写真に収めることができず、先斗町や木屋町も素通り。
父はホテルで貯めたお風呂にも入らず爆睡。

2日目。
失態D
父は梅小路の機関車を見るため朝出かける。
調査不足のため営業時間がまだで、ホテルに戻ってくる。
が、あきらめきれず9時頃一人で再度出かける。
私と母はしかたないので、1時間半という約束の下、駅付近をぶらぶら。
(当初は9時に銀閣寺に行く予定)
しかし、2時間たっても3時間たっても戻って来ず、
結局合流してバスに地下鉄に乗ったのは12時頃。

失態D
時間短縮のため、地下鉄からバスに乗り換える予定だったのだが、
また父がバスは混んでいるので歩こうと言い、
仕方なく歩く。
が、またまた大誤算により30分以上歩く羽目に・・・
おかげで予定していたよーじやカフェにも行けず、ならばと
六盛茶庭にと思い行ったわいいが40分以上待ちと言われ
もちろん父が並ぶはずもなく、楽しみにしていたカフェめぐりは不発に終わる。
(私、切れる。)

続く

父と言う生き物。 

April 10 [Mon], 2006, 19:48
ただいま♪
京都旅行から帰ってきました。
今回の旅行は妹の件などで、本当に辛い想いをした両親を招待しての始めての家族旅。
しかし、やはり一筋縄では行きませんでした。
母は何十年ぶりかの遠出の旅行をとても楽しみにしていて
何週間も前から、綿密にスケジュールを組んで時間と行きたい場所、したいことなど
事細かに調べ上げて、完璧なスケジュールでした。

途中でなぜか参加することになった父はその打ち合わせには一度も参加せず、
私が実家に帰ったときも飲みに行く有様。

そんな父と同行することに一抹の不安を抱えての出発でしたが、
やはり予感は的中!!
今回はそんな家族の(っていうか父の)醜態を全て晒します。

では始まり始まり〜♪

初日。
失態@
まずはJRに乗る前に父が朝ごはんにと立ち食いそばを食べると言うので、
一人で行っておいでと送り出したがすぐに戻ってくる。
どうしたの?と聞くとそば屋がまだ開いていなかったとの事。
JRの職員なのに・・・・・

失態A
飛行機が嫌いで過去1度しか乗ったことのない父。
出発から明らかに動揺している様子。
母はずっと「パパは気が狂うんじゃないか」と心配して、
せっかくの景色も台無し。

失態B
なんとか神戸空港に到着。
当初は三ノ宮から元町までJRで行く予定だったが、
父が近いので歩こうというので仕方なく同意する。
重い荷物を持ちながら父曰く10分くらいだというので、ひらすら
歩くが、20分経っても駅は見えてこない。
さすがに不安になり、近くの人に聞くとなんと20分も逆行。
完全にロスタイム。(私ちょっと切れるが、まだまだ余裕)

南京町にて昼食後京都へ!

続く

有限実行か否か 

March 30 [Thu], 2006, 22:50
しばらく、いやだいぶ久しくごぶさたでした。
いろいろなことがありました。
まず、妹が妊娠して、大好きな先輩が転職して、バレンタインには31枚目の手紙を渡して、
ホワイトデーには不器用君とフレンチを食べて、54歳の叔母に彼氏ができて、筆習字を始めて、
最近知り合った年下の男子は私史上最低の男と同じ誕生日で、
来週は京都に行きます。

私の人生ってちょっと前までは平々凡々でなんの刺激もないものだと思っていましたが、
どうやらそうではないらしい。

生まれて初めてcancamを購入してみた。
えびちゃんだの押切もえだのすごい人気のようだけど、
はっきりいって全然かわいいと思いません。
・・・て言ってもいいですか?
きっと世の中の人々は彼女達に夢中なんでしょうけど、
何度見てもやっぱり全然かわいいと思えません。
さらに先日買い物に行った時にブスな店員に「これは〜キャンキャンで言うと〜マキちゃん系↑」
と言われて刺し殺したくなりました。
マキちゃんって誰?
世の中からだいぶ取り残されてる私。
こんな毒舌でもいいですか。
AB型の人、私をもらって下さい。
根拠はないけど相性いいと思い込んでるから。

私だけが忘れない。 

December 10 [Sat], 2005, 13:07
先月、初めて彼とデートをしてからちょうど1年目の記念日に
彼に会ってご飯を食べた。
いろいろ話をしていて、何気なく「もし私に好きな人が出来たと言ったらどうする?」
って聞いた。彼はしばらく考えてから、嘘はつきたくないから、自分はまだ私のことを好き
だと言っているし、それは本当だから、私が他の人を好きになったら、「よかったねおめでとう」という
気持ちにはなれないけれど、かといってそれに意見できる位置に自分はいないって。
そんなことを話していて、思わず寂しいって泣いてしまって、その姿を見た彼に
先のことは分からないって言ったこと、私は「わからないならうまくいくかもしれないじゃない」
ってプラスに捉えているけど、彼の中ではわからないけど、きっとだめになるって
ベクトルはマイナスを向いていること、そして今は会いたいときに会ってこうして話をして
楽しいけれど、それは彼にとって都合がいいだけで、帰った後私はやっぱり寂しくて
満足できなくてまた結局そうやって泣くんだって。
だから、この関係も間違っているんだって。
そうはっきり言われた。

もうだめなんだ。

あきらめよう。

私、こんな気持ちになったのは生まれて初めてで
自分の中でぜんぜん整理がつかなくて、
でも伝えたくて、そのままぶつけてしまって、
上手くできなかったこともいっぱいあるけれど、
本当に彼との時間は今まで生きてきた中で一番幸せだったよ。

ばいばい。

ありがとう。

初雪 

November 13 [Sun], 2005, 22:34
とうとう初雪が降った。
実家のある街は土日で猛烈に降って5cmは積もった。
もう冬だ。
クリスマスだ。
正月だ。

何をするにも寂しい。

私は冬が大嫌いだ。
寒いのも雪もウィンタースポーツも大嫌い。
全部溶けてこれから夏が来ればいいのに。

むしろ今年の夏に戻ればいいのに。
そしたら絶対彼と離れないのに。

休日の過ごし方 

November 06 [Sun], 2005, 17:33
先週の木曜とこの土日、私は家から一歩も出ていません。
読書も進まず出かける気にもならず、ひたすら家にいました。
一人でいるといろいろなことを考えて
まぁ8割方は彼のことでしたが、考えすぎて眠れなかったり、
それでも考えることを辞められなかったり。
行動範囲はニート並みだわ。

とりあえず、昼過ぎから料理をしてみたりして、
そうすると今度は掃除がしたくなってみたりして、
完全主婦ざます。

本日の夕食は切干大根とかぼちゃのサラダとハンバーグと最近めっきりはまっている
雑穀米ざます。

しかし、一人暮らしをしてからというもの私の作る料理と言えば
おばあちゃんみたいなメニューばかりで、
普通若い女の人っていうのは、
なんかこじゃれたサラダやらパスタやらっていうイメージだったんだけど
って・・・若くないのが原因か・・・・

昔、当時の彼の家で料理をしてキンピラ作ろうとして鍋から出火させたことが
あります。
かといって決して私料理が不得意なわけではないのよ。・・・たぶん。
ただ、いかんせん本番に弱いタイプなので、普段はなんなくこなせている
ことでも、誰かのためともなると失敗する確率が非常に高いです。

今大好きな人は料理人なので、作ってもらったことはあれど
料理を作って食べさせたことはありません。

なんか一人で料理を作っていると上手になる秘訣って言うのは誰かのために作ってこそ
なんだろうなと切々と感じます。
ということで、ただいま私はその日にむけて修行中なわけなのです。

似て非なるもの 

November 05 [Sat], 2005, 19:03
ナンバーガールが好きだ。
アジカンが好きだ。
くるりが好きだ。
リンキンパークが好きだ。

ナンバーガールを初めて聴いたのは彼らが解散するほんの少し前のことだった。
もっと早く知っていればライブも行けたのに悔やまれてならない。
しかも札幌で解散ライブって!!!
ほんと残念。

しかし、あの脳を直接刺激する音源。嗚呼、たまらない。
以前ナンバーガールを朝の目覚ましにしてたら親がびっくりしていた。
え????相撲?????

ところで私はめがね君が好きだ。
もっというなら、普段は裸眼だが時々めがね君が好きだ。
めがねマジックってあるよね。

よくスーツマジックって言うけど私は断然めがね派だ。
しかし、私へのマジックは時々めがね君しか通用しない。
時々裸眼君がどきどきするってそれは漫画の中だけだよ。
大抵想像と違いあららってなるから。


2006年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像逆デリ
» save money (2006年06月05日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jewelist426
読者になる
Yapme!一覧
読者になる