お知らせ 

October 24 [Wed], 2007, 19:13
突然ですが…
BLOGのお引越しをしました
実は前に違うBLOGでやってたんですが、
ヤプログの動く絵文字が可愛くてヤプログに移ってきたんです
でも、やっぱりいろいろ総合で考えると、ヤプログは使いにくい…

まず、記事の作成画面で文章が入力できないのです
この画面で書く時だけ、キーボードで文字を打っても
全然反映されなくて、 1文字打つのに何回も押したりしてました
そのうち面倒になって、mixiとか他の場所に内容を書いて
コピペしてヤプログでUPしてたんです
何でなんだろう?
他の人もこんななのかなぁ?

そんな理由で、お引越しすることにしました

すみません

新しいBLOGはこちらです
またぜひ遊びに来てください

http://jesuislapourtoi622.blog113.fc2.com/



しんどい… 

October 12 [Fri], 2007, 14:21
まだ風邪が治りません
どうやら熱も出てきたっぽくて
左の首の付け根(リンパ線!?)が腫れてて痛いんですよね
でも、考えてみれば保険を切り替えてなかったので病院も行けないし
とりあえず、風邪薬を買ってきて飲んだので
今日は家でおとなしくしておくことにします

結局、この間のレディースDAYも、映画は見にいけませんでした
鼻水がすごくて、なんか映画に集中できそうになかったんだもん
調べたら来週もまだやってるみたいなので、来週こそ見に行きます

ところで、昨日、父親の新しい車が届きました
今までは中古車が多かったので、やっぱり新車っていいなぁって思いました
キーレスだし(えっ?
あの独特の新車の匂いがたまりません

今日は、頭痛がしてしんどかったけど、
父親とオートバックスまで行って座布団とかいい匂いのするやつとか買ってあげました

で、帰りに少しだけ運転もさせてもらっちゃっいました
楽しいけど、めちゃくちゃ怖かったー
新車だから余計にです


Corneille 

October 11 [Thu], 2007, 21:55
このBLOGの左上に、Now Playingとして、
私のお気に入りの曲を毎週1曲紹介してます

もう変えちゃったんだけど、記念すべき1曲目は最近、好きでよく聴いてる
Corneilleの曲でした



Corneilleはアフリカ・ルワンダ出身の歌手
少年時代にルワンダ大虐殺で両親と兄2人、
そして妹を目の前で殺されると言う本当に辛い経験をしています。

その後、ドイツを経てカナダ・モントリオールに渡ったCorneilleは
2002年にカナダで歌手としてデビュー

そしてカナダだけでなくフランスを初めとするヨーロッパでも
CorneilleのCDは大ヒットとなり、
今回、Corneilleにとって初めての英語アルバムとなる
"The Birth of Cornelius"を日本先行発売でリリースして、
満を持しての世界デビューを果たしました

Sonyの公式HPにCorneilleの紹介として
"底のない悲しみは男を優しくする" と書かれているけど、
Corneilleの魅力はなんといっても甘く優しい歌声
私が初めてCorneilleを知ったのは、去年、たまたまYoutubeで見つけた
フランスのチャリティライブ!?のビデオを見たのがきっかけだったんだけど、
その優しい歌声に私はすっかり虜になってしまいました

そんなCorneilleの歌声、ぜひチェックしてみてください

ちなみにBLOGでは、そのアルバムの中でも私が一番好きな
Too much of everythingという曲を紹介しました
歌詞も本当に素敵で、大好きな曲です
何度聞いてもなんだか温かい気持ちになれる曲です
ちなみにPVに一緒に出てる女性はCorneilleの奥さんでソフィアさん
PVの最後のソフィアさんを見つめるCorneilleの優しい瞳が
すごく印象的です

Too much of everythingを聞いてみるこちら

風邪ひき 

October 09 [Tue], 2007, 20:27
今日はなんか寒いー
昨日がすごく蒸し暑くて、エアコンつけてたほどだったんだけど、
今日は半袖じゃ寒くて、上にパーカー羽織るくらいです

この温度差が原因なのか、風邪引いちゃいました
別にしんどいとかはないし、熱もないけど、鼻水がすごいです(^^;
今日は早く寝よう

ところで、明日はレディースDAYなので
久々に映画を見に行ってこようと思います
大好きなマリオン・コティヤール主演の「エディット・ピアフ〜愛の讃歌」って映画です

また見たら感想書きます

The O.C 

October 09 [Tue], 2007, 17:02
The O.C


ここ最近で一番ハマった海外ドラマがこのThe O.Cです

TSUTAYAで何気なく借りて見たんだけど、DVDのVol. 1を見て完全にハマりました本当にすごくおもしろい次を借りるのが待ちきれなかったなぁ
でも我慢して次の木曜まで待って(うちの近くのTSUTAYAは木曜が半額DAYなのです)Vol. 2〜4をまとめて借りてきて、でもやっぱり一気に見ちゃって
Vol. 5〜はまだ新作で高かったから、わざわざ遠出して安いビデオ屋さんまで行って、一気に最後まで(6〜13)全部借りて見ました

そしてその頃ちょうど2ndシーズンの放送が日本でもSuper!dramaチャンネルで始まったので、急いでスカパーのSuper!dramaチャンネルを契約をして、
なんとか放送日までに間に合ったものの、やっぱり1週間に1話のペースがじれったくて、結局、アメリカのAmazonで2nd & 3rdシーズンのDVDを買ってしまいました

アメリカ版なのでもちろん日本語音声や日本語字幕はついてないけど、
英語の勉強にもなるし、2ndシーズンには英語字幕がついてたので、結構内容も分かりました
3rdシーズンは英語字幕すらなかったのでちょっときつかったけど^^;

それくらいハマった海外ドラマ
海外ドラマにここまでハマったのは久しぶりです

ビバリーヒルズ高校/青春白書」以来かも
このドラマも今度、ようやくDVDになって発売されるので楽しみです

海外ドラマって1シーズンが長いし、更にそれが何シーズンも続くので
1度見はじめると本当に辞められなくなっちゃうので、あまり手を出さないようにしてたんですよね
なのにすっかりハマちゃった

The O.Cの何がいいって、やっぱりキャラクターかなぁ?

貧しい地区からやってきた喧嘩っ早いライアンにオタクで皮肉屋のセス、そしてめちゃ美人のお嬢様だけどトラブルをいっぱい抱えてるマリッサに、今どきの女の子に見えて実はすごくいい子なサマー

セスの両親のサンディ&キルスティン・コーエン夫妻をはじめとする大人も本当に魅力的で、どのキャラクターにも感情移入して見る事ができます

アメリカのセレブの生活を垣間見れるようで、それもすごく楽しいです
社交界にデビューとか、ある場所には今でもちゃんと存在するんだなぁ

私としてはやっぱり1stシーズンが一番好きです
(残念ながら2nd 3rdと続くにつれて失速してる感じは否めないので)

ライアンとマリッサが惹かれていく様子とか、セスとサマー、そしてアンナの三角関係とか見てて本当におもしろい

実際にアメリカの若者が使ってるような表現がたくさん出てくるし、
そんなに難しい単語も出てこないので、結構聞き取れちゃったりするし、
英語の勉強にもオススメ

私も一通り日本語字幕で見た後は、英語字幕&英語音声にしてみています

なんか上手く感想にならなくて申し訳ないけど、
本当にめちゃくちゃ面白いので1度ぜひ見てみて欲しい作品です

(なんとかしてフランスまでDVD持ってこうとしてるもん、私 ビビデバビデ(*゚ω゚):;*.':;ブッ!!)

ハイスクールミュージカル 

October 08 [Mon], 2007, 21:39
ハイスクール・ミュージカル
(原題:High school Musical )




* STORY *

イースト高校バスケ部のキャプテンで学校の人気者のトロイと、
数学界の天才で優等生のガブリエラ。
二人は偶然にも大晦日に訪れた家族旅行先で出会う。
子供だけのカウントダウン・パーティに親に無理やり出席させられた二人は、
抽選によりカラオケでデュエットすることに。
嫌がっていた二人だが、歌ってみると今までに感じたことのない楽しさを知り、
そしてお互い好意をもち始める。
新学期が始まると、なんとガブリエラがトロイの通う高校に転校生としてやってきた!
すっかり歌うことの楽しさに目覚めた2人は、親友の反対を受けながらも
学校で開催されるミュージカルのオーディションを受けることに!
しかし、本当に二人の邪魔をしようとしているのは・・・
学校で常に主役を演じてきた姉弟のシャーペイとライアンだった!
それぞれが殻を破り、新しいことに挑戦する中で巻き起こる奮闘や友情の大切さを、ミュージカルタッチに気持ちの良い音楽にのせて展開する本作は、軽快ながら心に残る物語です。



一番最初、トロイとガブリエラが歌い始めた瞬間に、
すごく好きな作品になりそうって思ったけど、
まさにその通りでした
現実の世界はなかなか思い通りに行かないことも多くて、
だからこそ映画やドラマの中だけはハッピーエンドが見たいって
常に思ってるんだけど、見ているととても楽しい気分にさせてくれる作品

トロイはバスケ少年で歌なんて歌うはずがない。
そしてガブリエラも真面目な優等生で人前で歌ったりしないでしょう。
って、そんなイメージを周りからもたれてる。
でも実際は心の奥で何か新しい自分に挑戦してみたい!
自分を変えたいって思ってて…
トロイとガブリエラの場合はそれがミュージカルに出ることなんだけど、
私もやっぱり周りからもたれてる自分のイメージってあるし、
それが時々すごく重たく感じることもあるからなんだかすごく共感できました

新しいことを始めるってすごく勇気がいることだし、
周りがどんな反応を示すのか、すごく不安だと思うけど、
自分の気持ちを一生懸命伝えれば、きっと回りも理解してくれるし、
実は一番の理解者になってくれるかもしれない。

今の私にとっては、すごく勇気付けられる作品でした

そして!
作品の中で出てくる曲も本当に素晴らしい曲ばかりです
サントラが欲しくなっちゃうこと間違いなし!


How many stars?


お知らせ 

October 08 [Mon], 2007, 20:45
マイミクさんへ

実は前々からフランスに行ったら、BLOGを再開しようと思ってたんだけど、
この度ひと足先に渡仏前のことから綴っていこうと思いつき、
少し前に無事新しいBLOGが完成!?したので、mixiの日記もこのBLOGにリンクするようにしました
mixi日記もいいけど、こっちだと好きな場所に画像も載せられるので、
もっと盛りだくさんな内容でお届けできると思います
今までどおり、BLOGでもよろしくお願いします

航空券 

October 08 [Mon], 2007, 15:00
航空券
集めなきゃいけない書類の中で、この航空券と旅行保険が一番大変でした
どちらも私にとってはすごく高いので、そんなに簡単に決めちゃうことは出来なくて

8月になってからずっとインターネットでいい航空券がないか探してたんだけど、
なかなか見つかりませんでした
私は12月に出発する予定なんだけど、8月の時点ではまだ12月の料金設定があまり出てないみたい
そりゃそうだよね
私だって12月の何日出発にするのかまだ決めてなかったし、できれば航空券はもっとゆっくり決めたかったのが本音です
もっと選択肢が増えた段階で、いろいろ比べてみて決めたかった。
でも9月28日までに日程も決めて、航空券のコピーを大使館まで送らなきゃいけないんだから仕方ないです

もしその日にどうしても出発できなくなっちゃったり、後でもっといい航空券を見つけたら、キャンセル料が発生する前にキャンセルしちゃってもいいかな?なんて(^^;とりあえずビザを取るためにと割り切って探すことにしました

フランスのワーホリは1年オープンの航空券でも片道でもどちらでも申請はできるけど、やっぱり後々のことを考えると、もし帰国するときにお金が足りなくなって帰りの航空券が買えなくなったらとか考えると心配なので1年オープンの往復航空券を買うことにしました。

(フランスじゃなかったかもしれないけど、片道航空券で入国できなかったなんて話もチラッと聞いたことがあったので)

いろいろインターネットで探してて見つけたのが
スカンジナビア航空の航空券
12月出発で大体8万〜9万くらいでした
往復でこの値段は安ーい
しかもコペンハーゲンで乗り継ぎらしくて、それも素敵だなんて思ったんだけど、この航空券…一応、関西発着にはなってるものの実際に国際線に乗るのは成田なんです
つまり私の場合、松山 伊丹 羽田 成田 コペンハーゲン パリという感じでめちゃハードスケジュール
さすがにコレはちょっと…キツイかも

他にはあまりいい航空券もなくて、インターネットで自分だけで見て決めるのもなんか少し不安だったので、一応、旅行会社にも行ってみることにしました

海外旅行といえば…HIS
航空券と言えば…HIS
ということで、まずはHISへ

12月出発のパリ行き・1年OPEN航空券で、できれば関空発が希望だったんだけど、関空発の航空券はどれもめちゃくちゃ高いらしく(30万超え)
唯一手が届きそうだったのが成田発のBritish Airwaysで154000円の航空券
それでも空港税とか燃料費とか松山東京の旅費を入れてたら普通に20万くらいかかりそう
それだったら同じく東京まで行く手間を考えたら
スカンジナビアの方が断然安い
(British Airwaysはすごく魅力的だけど)
とりあえず検討しますと言ってHISを出て、お次は日本旅行

えっと…なんかすごく感じ悪かったです、ここの人
しかもなんか土曜日なので情報が見れないと言われたので、すぐに日本旅行は出て、お次は近ツーと思ったら、休みだった orz

気を取り直してJTBへ
ここでの収穫はシンガポール航空の1年オープンで19万くらいだったかな?
高いー
いや、普通なのかもしれないけど、高い
やっぱり出発が12月とまだ先なので、これからどんどんいろんな航空券が出てくるみたいです。
それまで待ちたいけど時間がないもんなぁ

本当はもっといろいろ聞いたりしたかったんだけど、なんか上手く旅行会社の人に相談できなかったから余計に落ち込みました

この件をmixiの日記に書いたら、マイミクさんが「トラベルコちゃん」ってHPがいいよーって教えてくれたので、早速見てみました

確かにすごく種類が豊富!!
パリ行きのオープン航空券もたくさんありました
でも…ワーホリでも使える航空券がやっぱりあまりないんです
学生ビザ所持者のみとか、現地の学校の入学許可書が必要とか
そういう条件さえ合えばたくさんあるんだけど、なかなかワーホリで使えそうなのがないんです
また落ち込みかけたその時!

見つけました
ワーホリでもOKな航空券
キャセイパシフィック航空の航空券でワーホリビザOK
しかも関空発着だから松山 関空 香港 パリと乗り継ぎも随分と楽だし、
値段も往復で114000円といい感じ
しかも関空発が18:25と遅めなので、当日も余裕を持って手続きできるし
(その代わり、パリ着が明朝の5:50とありえない時間なんです 知人がお迎えに来てくれるんだけど申し訳ないです)

早速、旅行会社に電話してみたら、担当の人がまたすごくいい人で、
すっかり気分がよくなって、この航空券に決めました

あまり聞いたことない旅行会社だけど、さすが東京の旅行会社
今までもワーホリの航空券を扱ったことがあるみたいで、
フランスだったら、航空券じゃなくても予約確認書で申請はOKだったので、英文の予約確認書を出しますねー」って
感激しちゃったよ

ということで、なんとか航空券も無事にGETすることができました

オーロラ 

October 07 [Sun], 2007, 23:38
オーロラ
(原題:Aurore)




パリ・オペラ座全面協力という文字に惹かれてずっと見たかった作品
TSUTAYAでようやく旧作になったので借りてきました

もう結構前なんだけど、会社で昼休みにインターネットをしてて、
確かGYAOのHPか何かで予告編を見て、それがバレエを描いたフランス映画だったんです
でもタイトルとか忘れちゃって、TSUTAYAでこの作品のジャケットを見た時に、オペラ座全面協力のバレエの映画だと知って、てっきりあの予告編の映画はこの作品だと思ってたんだけど、やっぱり違ったのかなぁ?
思ってた感じの映画ではありませんでした


* STORY *
王によって踊りを禁じられた国の王女にもかかわらず、オーロラ姫はダンスの才能に恵まれ、今日も弟だけにこっそりと優美な舞を披露していた。そんな娘に頭を痛める王に、もっと深刻な問題がふりかかる。
国の財政が傾き、破産が目前だと言うのだ。密かに国を乗っ取ろうと企む側近は、王にオーロラ姫と異国の裕福な王子の政略結婚を進言する。
舞踏会に招かれた王子たちは、オーロラ姫の光り輝く美しさに目を見張りすぐさま求婚するが、姫は拒絶するばかり。実はオーロラ姫は、彼女の肖像画を描いた画家に心を奪われていたのだ。王妃は娘の幸せを願うが、王は画家を投獄してしまう。
 身分違いの2人の許されない恋の行方は?そして、王国の未来は──?


えっと…まず…
雰囲気はすごく好きでした
ずっと薄暗い画面が続く感じでちょっと見にくかったけど、
オーロラ姫役のマルゴ・シャトリエがすごく可愛らしくて、お姫様役にぴったり
弟のソラル王子役の男の子もすごく可愛かったです

でも…舞踏会ってあんなの…なのかな?
暗すぎる
求婚者の王子たちが披露する各国の踊りもなんだかめちゃくちゃ不気味だし
でもジパンゴ国(だったかな?)って日本をイメージしてるよね(笑)
着物みたいな服を着てたし、演じてたのも日本人だったし
ちょっと笑っちゃったビビデバビデ(*゚ω゚):;*.':;ブッ!!

っていうか、結局なんで踊ることをそこまで禁ずるのかがよく分からなかった
コルセットもあんなに簡単に脱げちゃうものなの?

それでもなかなか楽しめて見れてたんです
なのに、最後の最後に…
なんだあれ?
なんか唖然としちゃった…

もともとファンタジーがあまり好きじゃない私には、さすがにあの最後のシーンはきつかったです

それでも実際にパリ・オペラ座バレエ団のエトワールである画家役のニコラ・ル・リッシュのダンスや、オペラ座バレエ学校に在籍するオーロラ姫役のマルゴのダンスはすごく素敵でした

それだけでも見る価値がある・・・かも!?

でも、同じ監督でオペラ座バレエ団の内部に初めてカメラが入り、ダンサーたちの過酷なレッスンと素顔に迫ったドキュメンタリー映画で「エトワール」という作品があるそうで、そっちのほうが見てみたいなぁと思いました


How many stars?




From Judith A 

October 06 [Sat], 2007, 20:35
続き


Judithがドイツに旅行に行った時に送ってくれたベルリンのポストカードです


Reichstagと呼ばれるドイツの国会議事堂です
Judithがここを訪れたのはちょうど選挙の前日だったみたい
この建物の屋上からはベルリンの街が一望できるそうです


今回の旅行中にオーストリアにも足を伸ばしたみたいで、
ザルツブルグのポストカードです
ザルツブルグといえば、私の大好きな映画「サウンド・オブ・ミュージック」の舞台となった場所
とてもキレイなポストカードでかなりお気に入りの1枚です



Now Playing


Melissa Mars
Et Alors!


2007年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Recent Comment
アイコン画像saori
» しんどい… (2007年10月12日)
アイコン画像Noe
» しんどい… (2007年10月12日)
アイコン画像saori
» The O.C (2007年10月12日)
アイコン画像Noe
» The O.C (2007年10月11日)
アイコン画像saori
» The O.C (2007年10月10日)
アイコン画像tonton
» The O.C (2007年10月09日)
アイコン画像saori
» 航空券 (2007年10月09日)
アイコン画像saori
» パスポート (2007年10月09日)
アイコン画像saori
» 二次申請 (2007年10月09日)
アイコン画像Noe
» 航空券 (2007年10月09日)
* Recommend *

フラ語入門、わかりやすいにもホドがある!

フラ語練習、楽しいだけじゃだめかしら?

フラ語動詞、こんなにわかっていいかしら?

ザ・バース・オブ・コーネリアス

ブレイクアウェイ(期間限定)

フィアレス スペシャル・エディション

Some Hearts

ア・サウザンド・ディファレント・ウェイズ