スペシャルブログ

December 31 [Thu], 2009, 22:59

25日からの占いサイトと、スぺブロ

ご好評頂いています。

何より、この世の誰よりも読んでもらいたかった、というか
その方に読んでもらわなければ意味が無い方に

読んでもらえたのが嬉しいです。

お金もらうからお仕事なんだけど仕事とかじゃないもはや。

いや、やっぱりお金をもらうし今後の為にも金額以上の仕事をしたいと
今も新しい原稿頑張ってるけど

順位をつけてしまうと、やはり一番は
その方に読んでもらいたくて、認めてもらいたくてです。

名前も、あえて本名そのままにしたのも
これが私です。と、言いたかった。


だけど最終的に目指すもの(仕事)は他にあり、そっちで認めてもらわねければ。

私にとっての仕事とは、そんな価値のあるものに
いつのまにかなってました。

そろそろ外国にも行きたいので、今の原稿が上がって
最終チェックなども終わったら行ってこようと思います。

でもバレンタインには日本にいなければ(*^。^*)


なんだよこの人生スケジュール・・
中2かよ・・

期末終わったら富士急行く的な・・


悪女

December 20 [Sun], 2009, 18:40

中島みゆきの悪女。
少しだけ知ってたけど、最近改めてちゃんと聴いて

悲しい、寂しい曲なのに癒され中。

別に男と別れる間際、なわけでもないんだけど。

二十歳の頃に知っておけばよかったな。
二十歳でこの悪女の様な女だったら

超かっこよすぎなんですけど・・

メソメソして甘ったるくすがるかっこ悪い女と
強がって偽りながら影で泣いてる女と

どっちがいいのかしら。
ていうかどっちも嫌だけど(ToT)


「悪女になるなら月夜はおよしよ、素直になりすぎる
 隠しておいた言葉がほろりこぼれてしまう 行かないで」

私は多分、散々キレた後で行かないでと言って
行かないでとぶち切れの繰り返しで愛想尽かされる

何そのかっこ悪い女(笑)

二度とそんな所にたどりつきませんように・・

カウントダウン

December 09 [Wed], 2009, 21:22
あと一週間!!
終わり、これで終わりだ第一章。

一週間。この地獄の一週間過ごせば誕生日。

誕生日当日は、何事もなくただ普通に過ぎてくれればいい。
何も望んでない、ただ普通に普通に無難に・・。

何も望まないのは最強。ちょっとした事でもありがたく感じる。
強欲な私だけに、何もって珍しい。

それだけ因縁の誕生日。

「誕生日物語」

私が生まれる前、父と父の弟は30代になっても結婚せず
弟はお見合いしてもしてもしても決まらず
父はお見合いもせず仕事と趣味に生きていた。

これではまずいと思った祖父は、世話になってるある寺に相談に行った。
どういった経緯で世話になってたかは知らんが・・。

すると、祖父の兄弟で幼いころに亡くなった弟という人がいて
その方が本来祖父が入るはずだった墓に先に入ってしまった為に

子孫への流れが止まってしまっているという。
そこで寺の方が、うちの敷地内のある場所に移しますか?と提案。

墓地の押し売りではないぞぃ。
そこは観音様が100体置かれているところの
キレイな公園みたいになっているところ(ジャングルジムは無い)

そこに特別に移してもらったそうな。
すると、弟は見合いがまとまり、父は付き合っていた母と
結婚することになり、我が家の子孫への血は流れだした。

そして、関係あるかは知らんけど
そのお寺の創立記念日と私の誕生日は同じ。

全く。変な日に設定しやがって。
カバラで見ても違う生年月日の占いでも
ついでに姓名判断でも、超個性的な変人と出るんすけど。


観音様のところに、行ってみようかな。

観音様にありがとうとバカヤローを言いに(笑)

HAPPY大賞

December 05 [Sat], 2009, 21:54
色んな事あったけど、やっぱこれかなぁ。

先月末、タワレコでの吉井さんのイベントを
最前列で見られたこと。

クジ運無いから、当たっただけでも驚いたのに
整理券番号にも更に驚いた。

こんな数字が世の中にラッキーで存在したのね・・。
番号10番まではコネだと本気で思ってたよ。


去年から貯めまくった運が回ってきたのだろう。



間近で見た吉井さんは、誰でもなく吉井さんだった(?)

言うまでもなく、世界で一番(か、二番)にかっこよかった。
う〜ん、かっこいいだけじゃ済ませれない。

この時の事を思い出しながら聴く吉井さんの曲は
今までにも増してマジ最高。

全部どーでもよくなる。嫌な事とか不安な事とかマイナスが
どこかへいって消える。

何とも比べものにならないほど素晴らしい





女囚さそり701号

November 30 [Mon], 2009, 22:17

多分、18歳頃にはじめて見て以来ハマった
梶芽衣子さんのさそりシリーズ。

梶芽衣子とは・・タランティーノが好きな女優さん。

キル・ビルで使われた挿入歌怨み節はさそりシリーズの主題歌で
1の敵役、ルーシー・リューの白い着物と雪の中でのチャンバラは

修羅雪姫という梶さん主演の映画がモデル。




しかし!キル・ビル公開前から、梶芽衣子ファンだったので
ちょっとタランティーノが憎い・・。

さそりは、劇中ほとんど言葉を発さないけど
目力と長い黒髪と細い腕で男共を殺していく姿だけで

物語は成立します。

まぁ脇役のほとんどが今、梶芽衣子よりテレビで観る方々で
その支えもあるのかもしれないけど(一般論)

私はさそり(松島なみ)だけに目が奪われました。


(モノクロ映画では無いです。カラーだよ)


はじめ、夏八木さん(超若い!)演じる汚職刑事の恋人に利用され
復讐しようとするけど失敗、刑務所に入るけど脱走し

今度こそ復讐を果たす。

それからさそりの脱獄と逃亡の日々がシリーズになってく。


3が一番好きかな。

でも一番印象に残っているのは最終シリーズの4で
これまた・・若い田村正和に裏切られラスト復讐した後に囁く一言

「アンタをやったんじゃない、アンタに惚れた
 松島なみをやったのさ・・・」

そしてトレードマークの黒いロングコートと、今で言う黒い女優帽で
一人歩いていく・・  完


このさそりスタイル(長い黒髪真ん中分け)に憧れ
二十歳くらいの時こんな髪型をしてた時もあった(エクステだけど)


思いこみの激しい私は、影響されまくり
”復讐心”が覚醒し、ひどく傷つくと復讐心の浸食は進むという

「勝手にシネマ」を真剣にやってた(笑)


復讐って殺しはしないけど、
女の心には天城越えが眠っているもの。

誰かにとられるくらいならぶっ殺す。

やっぱコロすんじゃねーか!


心の中でね。


だけど、心の中で男をコロした経験からいうと
自分も一緒にコロす事になるんだよね。

じゃあそれって結局心中??

心中出来るほど好きだからこそ心の中でコロすんだけど

恋する度に死んでもいられないので(毎回騙されるわけではない、
というか騙された経験は無い)


自己防衛の本能で、さそりはいつの間にか眠りに入ったのです。


ただ、その時に武器も一緒に眠ってしまい

恋愛以外のちょっとした日常でも石橋を叩き割れなくなった。


いや、叩く時はチョイチョイあるんだけど
無意識に割れない程度に手加減している。

ホントは、割れる一言を囁きかける。
ホントは言いたい。

でも言ったら心中。
どーでもいい奴と心中なんかできるかボケ!!



今でも、調子の悪い時にさそりは絶対禁止。
眠っているダークサイドが覚醒しちゃうから。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jennyjenny33
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:B型
  • アイコン画像 趣味:
    ・映画-フランス映画、クラシック映画
    ・ファッション-今のブームはお人形系
    ・旅行-一人で行く海外旅行が大好き!好きな街はフランス・パリとイタリア・フィレンツェとハワイ島のヒロ!
読者になる
シンガー宦{占い師です。
将来はもの書きにもなりたい。

自分大好きで自信家なのにコンプレックスの固まりでもある。


キレイな女性とキレイな男性(ゲイっぽい様な)が大好きです。
Yapme!一覧
読者になる
http://yaplog.jp/jennyjenny33/index1_0.rdf
P R
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像●下半身○出し写真を自ら流失しネットは騒然!コートニー・ラヴが八レンチ過ぎる!
» コートニー・ラヴ (2010年11月25日)
アイコン画像六兵衛
» スペシャルブログ (2010年06月06日)
アイコン画像jenny
» ボーイハント (2009年10月30日)
アイコン画像RUI
» ボーイハント (2009年10月30日)
アイコン画像jenny
» 春の嵐の夜の手品師 part2 (2009年10月26日)
アイコン画像RUI
» 春の嵐の夜の手品師 part2 (2009年10月26日)
アイコン画像jenny
» 飛行機 (2009年10月23日)
アイコン画像RUI
» 飛行機 (2009年10月22日)
アイコン画像jenny
» 風水ってどーなの (2009年10月17日)
アイコン画像RUI
» 風水ってどーなの (2009年10月16日)