雪組「睡れる月」 

April 10 [Sun], 2005, 23:40
雪組さん、見てきました。
とっても前評判がよく、期待が膨らんでました。
既にドラマシティで見てきた友人が、いたく感動していて、思い切りネタばれ!とか思ったけれど、
・コムちゃんがかしちゃんに抱かれて死ぬところ(かつてのヤンミキを彷彿)
・ラギがコムちゃんに抱かれて死ぬところ
・まあちゃんの少年役
ここが見所だと。

ふむふむと思いながら、いざ。大野先生の歴史ものはなかなか難解で頭の回転をトップギアにしないと???になってしまうので、見てるこっちも気合十分だぁ。

見終わった後の感想は、いやーー、かしちゃんが素敵ぃ。存在感が増してました。まず、第一声の、「それでは私が舞いましょう」で陥落いたしました。ははは。和もののかしちゃんはほんと素晴らしいです。飛鳥夕映えの鎌足を思い出しちゃったわ。ひろさんに弄ばれただろうところは、かなり想像力を書き立てられ、萌え萌えポイントです。

そして、コムちゃんも立派なトップさんになりましたね。昔は好きだったんだけど、トップになるころあたりから、ちょっと苦手で、お披露目のときは、かしちゃんはいいが、トップがだめとちょっと思ってたけど、もう見直しました。なにがいいって、美しいし、包容力が出てきたね。ラギを思うところなんか、泣けましたわ。話がそれたけど、コムかしガチンコ芝居はもっと見たいです。

そして、なんといっても一番のかしちゃんの迫真の場面は、野心に燃えて冷静な判断力を失って、でも、コムちゃんが刺されてしまい、「どこで間違ってしまったのか」と苦悩するあたりから、コムちゃんが死ぬところまでがすごくよかったです。この二人は、ほんと美しいし、芸風からいっても、深刻な悲劇がお似合いです。なんか劇団ももっと早くからこのコンビで売り出せばよかったのに。専科とかいろいろ特出が多くて、意外と絡んでないのよねこの二人。でも、アンナ・カレーニナもよかったわけだし、やっぱりお似合いの二人。しかし、ここに水も加わるのよね。なんか、雪組から目が離せないかも。

あー、もう一回見たい。でも、もう見れないのよね。もちろん娘役とのきゅんとするラブストーリーもいいですが、でもでも、男役同士の萌え萌えお耽美ももっとお願いします。>劇団様

花組バウ「くらわんか」蘭寿編 

April 02 [Sat], 2005, 0:12
ちょっと遅いですが、花組バウ「くらわんか」の感想書いてみます。

今年は若手のワークショップということで、かなりの少人数でしかもかなりの下級生のみで構成される、ある種チャレンジ色の強いシリーズとなる。

一応、現役引退の身としては、あさこちゃんの出ていない花組のバウにわざわざ来るなんて!という感じではあるものの、でも実は最近気になってやまない、彼のお方を見るために、バウのためだけに行ってしまったのだ。

彼のお方といえば、そう、なにを隠そう、祐澄しゅんちゃんである。
しゅんちゃんを好きになったきっかけは、またの機会として、とにかくしゅんちゃんの活躍を見るためにね。そして、急に配役変更があって、当初予定していなかった「貧乏神」という二番手の役が回ってきたのだから、その下見の意味でも、どうしてもはずせない観劇であった。

いやあ、ほんとにおもしろいのなんの。とむくんは、男やもめっていうのがほんとぴったり。あと、貧乏神は、ほんとおいしい役。これはね、しゅんちゃんのも見なくちゃ、一生公開すると思い、あーた、即、11時公演終わったあと、2月のチケット買っちゃったわよ。あとは、あやねちゃんもずいぶんとはじけちゃって、殻を破ってる感じがしたし、一花ちゃんは、ほんと芸達者。幽霊の小糸はほんとはまってた。

おっと、しゅんちゃんも忘れちゃいけないね。そうだなあ、やっぱりちょっと関西弁に無理があったり、説明台詞が多いんだけど早口すぎて、ちょっとわかりづらい場所もあって、もっと精進が必要かなと、母心で思ったね。でも、こんなにセリフしゃべったのは初めてなわけだし、ほんといい勉強の場をもらったんだなとつくづく、バウメンバーになったことに感謝。

というわけで、いよいよ、しゅんちゃん貧乏神編は、また後ほど。

観劇ブログはじめます 

March 31 [Thu], 2005, 19:02
宝塚ファンになって早7年・・・(うっそーもうそんなに)観劇日記を書きたいと思いつつ、不精な私。でも、やっぱり感動は残しておきたい!というわけで、ぼちぼちと始めていこうと思います。

ほんとは、昔にさかのぼって全部書きたいけど、さすがに無理だから、今年見たものをのんびりと書いていこうっと。

というわけで、今日は初日だからこれくらいで。
でも、なんにもネタなしはなんなので、今日は、星組さんの集合日。
檀ちゃんがいよいよ次の公演でさよならか・・・
まあ、評価はいろいろとあるでしょうが、私はあの美貌は好きでした。
やっぱ忘れられないのは、BMBの赤い花よね。
あれは、檀ちゃんだからこそできた魅惑的な役でした。

というわけで、これからがんばりまーす。
2005年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Jennie
読者になる
好きなスターさん<現役> 瀬奈じゅんさん、水夏希さん、真野すがたさん、紫峰七海さん、早霧せいなさん、祐澄しゅんさん 好きなスターさん<OG> 真矢みきさん、稔幸さん、紫吹淳さん、蘭華レアさん