呪われた週末 Vol. 8 

January 17 [Sat], 2009, 23:45
嵐のような週末はこうして過ぎていった。
外部との取引をした斉藤工場は老舗の品格はなくなった。
3交代制、24時間稼働し、労働条件は悪化した。
煙突の先は常に湿るようになった。
楠本は辞めていった。

会社の経営は明らかに傾き、借金は増えていった。
ある筋の情報によると、大学時代のバスケ部の同期にお金を恵んでもらったようだ。
いや、同期だけでなく、荒木という女子部員や平井という後輩からも。

私は現在も斉藤工場長の下で働いている。
いつか斉藤工場長が我にかえることを祈りながら。

fin...

呪われた週末 Vol. 7 

January 13 [Tue], 2009, 19:30
時が来た。
出荷の時だ。
工場の外では斉藤工場長の声が大きくなっている。
「イッてよかろうもん。イクばい。よかろうもん。」
私は斉藤工場長が初めての外との取引だったので、もっと早い出荷になるとにらんでいた。
しかし蓋をあけてみると60分コースぎりぎりの出荷だった。

警報器が工場内に鳴り響き、煙突の先から次々に製品が出荷されていく。
明らかにこれまでの出荷とは勢いが違った。
創業以来の24年間のヴィンテージ物も出荷されていく。
オタマジャクシで偽装したものも出荷されていく。
楠本の液体で偽装したものも出荷されていく。
私は製品が足りるように祈った。

出荷が終わった。
工場の中は空っぽだった。
左睾丸部を見ると楠本が一人たたずんでいた。
警報は鳴り止み工場内に残っているのは静寂だけであった。

静寂はしばらく続いた。
静寂を引き裂くように斉藤工場長の声が響き渡った。
「気持ちよか〜。」

To be continued...

呪われた週末 Vol. 6 

January 09 [Fri], 2009, 0:39
雨がやんだ。
斉藤工場長とサキの話し声も今となっては聞こえない。
聞こえるのはピチャピチャという足音だけだった。
いや、足音ではなかったのかもしれない。

工場の中では私を含め作業員全員疲れきっていた。
左睾丸部の楠本は以前働いていた日本シグマックス株式会社のことを思い出していた。
こんな汚い斉藤工場なんかよりも…と。

サキの手によってきれいに洗われ、訳の分からなくなった煙突はすでに煙突ではなかった。
それはまさに行為をするときの男性器のようであった。
そして、出荷の近づいた工場は初めての外での出荷を息をひそめ待っていた。
時は確実に近づいていた。

To be continued...

呪われた週末 Vol. 5 

January 06 [Tue], 2009, 22:38
工場の中はまさに地獄絵図だった。
非常灯が点滅し、黙々と作業する作業員たち。
左睾丸部の楠本は自分の液体も尽きてしまったようだ。
私は初めての外との取引に斉藤工場長が失敗することを神に祈った。

工場の外では斉藤工場長と女性の声が聞こえる。
おそらくサキだろう。

右睾丸部と左睾丸部の間にある煙突が太くそびえ立ち、煙突の先はもはや見えない。
雲を突き破り、天まで届いているのではないか…。
おそらく煙突の先は湿っているに違いなかった。

しばらく話し声が続いた後、工場周囲は豪雨となった。
まさか、
そう、そのまさかである。
斉藤工場長がサキとシャワー浴びている。
普段、斉藤工場長は風呂に入ることはない。
斉藤工場は汚い、臭い工場であった。
その斉藤工場がサキの手によってどんどん洗われていく。
特に、煙突は念入りに…。

煙突はもう訳が分からなくなっていた。
これまでこんな風になったことはなかった。
私は悟った。
出荷時期が近いことを。。。

To be continued...

呪われた週末 Vol. 4 

January 02 [Fri], 2009, 23:53
私は耳を疑った。
斎藤工場長に憎しみさえ抱いた。
外との取引で気持ちよくなるのは明らかに斎藤工場長だけであった。

工場の中は騒然としている。
非常事態の警報が鳴り響き、右睾丸部ではすでに製品にオタマジャクシを混ぜ、偽装を行っている。
反対の棟にある左睾丸部では、部長である楠本が顔を青くしながら自分の液体を混ぜている。
これもれっきとした偽装だろう。

右睾丸部と左睾丸部の間にある太く凛々しい煙突は、よりたくましく神々しく黒光りしていた。

工場の外では斎藤工場長が現場へと到着した様子であり、話声がかすかに聞こえる。

「サキっていう子でお願いします。」
私は思わず息を飲んだ。

To be continued...

呪われた週末 Vol. 3 

December 30 [Tue], 2008, 1:26
午前3時、斉藤工場長から緊急の連絡が入った。
すぐに工場へ出勤するように、と。

私は工場へと急いだ。
なぜなら、創業以来24年間、緊急事態などなかったからだ。
出荷は定期的な細々とした自己投資だけで緊急事態などあり得なかった。

工場へ到着すると外が騒がしい。
耳を澄ますと話し声が聞こえる。

「40分コースで15000円、60分で19000円ならありますね。年末で料金上がってるんですよ。」

私は耳を疑った。まさか、、、
これまで自社向けの製品しか作ってこなかった。
まさか、斉藤工場長は外と取引しているのではないか?
なぜだ、なぜこんなことに。。。

私はすぐに手を動かした。
斉藤工場は工場と言っても手作業である。
とりあえず40分コース出荷分を準備しなければ。
これまで24年間、外部への出荷はなかった。
そのため、それがどれほどのものなのか私には想像もつかなかった。
なんとか40分もちこたえるだけの分は…

その時、斉藤工場長の残酷な一声が工場に響きわたった。

「60分コースでお願いします。」

To be continued...

呪われた週末 Vol. 2 

December 29 [Mon], 2008, 11:46
年も暮れた12月27日の週末のことだった。
斉藤工場長が大阪への出張のため、
この週末は製品の出荷予定はなく、
万が一のときは24年間のストックで足りるだろうとふんでいた。

私は工場内を整理し、
24年間ため続けた製品のストックを見た。
ヴィンテージものがほとんどある。
思わず「ボジョレーヌーボーかっ」と突っ込んでしまったほどである。
こんな穏やかな週末を送っていた。

そして、深い眠りについていた27日深夜、
いや、正確には28日午前3時、
ついにあの事件が起きてしまった。

To be continued...

呪われた週末 Vol. 1 

December 28 [Sun], 2008, 14:13
私の名は圭太。
24年前に創業した老舗「斉藤工場」の右睾丸部・部長である。

社長である斉藤工場長は大口の取引先を持つことを好まない。
1日1回の自社向け製品の出荷にとどまる。いわば、自己投資である。
一見、時代の流れに逆らい資本主義の理念に反する斉藤工場長。
しかし、これが24年間創業してきた斉藤工場長の老舗としてのプライドだろう。
24年間変わらない斉藤工場のスローガンは、
「顧客の満足の得られる製品作りを」。

リーマンショック、サブプライムローン問題といった世界的な経済危機の中でも、
自己投資主義の我が斉藤工場は全く影響を受けることはなかった。

確かに小さな古い老舗である、3Kはもれなく揃っている。
だが、そんな斉藤工場が私は好きだった。斉藤工場長の自社愛に包まれていた。

あの終末を迎えるまでは。。。

To be continued...

やっほー! 

May 17 [Thu], 2007, 21:52
みなさん、お久しぶりです
ジェンキンス・・・なんと・・・

生きてましたー

それにしても久しぶりに過去の日記読んでみると、
面白いねよくあんなこと書いてたなぁと関心しました

また時間あるときには書こっかな・・・
官能小説はネタがなくなったら再開します

狙われた下腹部 Vol.11 

May 01 [Mon], 2006, 14:57
 Tバックの由来を初めて知った正士は自分の未熟さを痛感した。
 正士はそれまで、Tの字だからだと大いなる勘違いをしてしまっていたのだ。
 まさか高広さんが開発したものだったとは、、、

 これほどの罪を犯してしまったのだから、下腹部を狙われても仕方ない、、、と正士は思った。いや、下腹部を狙うぐらいで許してくれた高広さんを崇拝した。

 正士は高広さんに謝辞を伝えると愛車の水色のコルトでその場を去った。
 その後正士は二度とTバックをはくことはなかった。
 しかし、旭町に住み、水色のコルトに乗っている楠本正士は、Tバックをはけない刺激のない生活に物足りなさを感じるようになり、週2回夜の街でお金を払い、下腹部を狙ってもらっているようだ。
 正士のその後の消息はわからない。

fin...

この物語はフィクションですよ

 
P R
2009年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像日本ΣックスのK本精子
» 呪われた週末 Vol. 8 (2009年01月22日)
アイコン画像日本アズマックス株式会社社員
» 呪われた週末 Vol. 6 (2009年01月09日)
アイコン画像道頓堀大好きっ子
» 呪われた週末 Vol. 3 (2008年12月30日)
アイコン画像yf
» 呪われた週末 Vol. 1 (2008年12月29日)
アイコン画像T−Backers
» 狙われた下腹部 Vol.11 (2006年05月04日)
アイコン画像ツン
» 狙われた下腹部 Vol.11 (2006年05月02日)
アイコン画像ジェンキンスさんのブログ大好きっ子
» 狙われた下腹部 Vol.4 (2006年04月15日)
アイコン画像・・・
» 狙われた下腹部 (2006年04月12日)
アイコン画像dm
» 狙われた下腹部 (2006年04月11日)
アイコン画像dm
» お題バトン (2006年02月08日)
MyblogList
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jenkins0218
読者になる
Yapme!一覧
読者になる