メイクは塗り絵感覚で

June 23 [Sun], 2013, 11:02
私はメイクを学んでいる生徒さんに、ぬり絵をやるようにすすめることがあります。

「ぬり絵だなんて、子どもじゃあるまいし」と思うかもしれませんが、これがなかなかバカにできないんですよ。

色彩バランスの勉強にもなるし、メイクに欠かせないグラデーションの練習もできます。

なによりも、右脳の活性化に役立つんです。

ところが最近、愕然とすることがありました。

今のぬり絵って「お手本」がついているんです。

>>人気 コスメ ランキングはこちら

常識にとらわれすぎることはやめよう!

May 20 [Mon], 2013, 11:00
常識にとらわれすぎることはもうやめましょう。

私はことあるごとに、「メイクには、心をイキイキさせて老化を予防する効果があり、メイクを学ぶことは生涯学習である」と主張してきましたが、それは、メイクがただ単に身を飾る行為ではなく、こんなふうに右脳を使う行為だからなのです。

しかも、顔というのは一人ひとり違いますから、ただマニュアルどおりにやっていればいいというわけにはいきません。

また、年齢を重ねるにつれて、自分の顔は変わっていきます。

つまり、常に工夫をして「美」を作り出していく、とてもクリエイティブな作業なのです。

それに、ほかのことならすぐに挫折する人でも、自分がきれいになるためなら、持てる能力をすべて発揮しますから。

>>人気 コスメ ランキングはこちら

好奇心も旺盛になる

April 05 [Fri], 2013, 10:59
右脳の働きが活発になって感受性が豊かになると、好奇心も旺盛になります。

生徒さんの中には、うちにメイクを習いに来るまで、眉なんかいじったことがなかったという人がけっこういます。

そんな人たちが、自分の眉をある程度上手に描けるようになると、今度は他人の眉が気になるといいます。

私のところでメイクを勉強しはじめた40代の主婦は、最近、電車に乗るたびに、向かいに座った人の眉に目が行くのだそうです。

「あのお嬢さん、眉山をもう少し高くしたらもっとすてきなのに」「あの人の眉は、ちょつと短かすぎるんじゃないかしら」「あの奥さん、下がり眉だから老けて見えるんだわ……」という具合です。

実はこれって、すごいことなんですよ。

だって、今まで漠然と眺めていた他人の顔を「美」とか「バランス」を基準に見るようになっているんですから。

しかも、パッと見るだけで顔の特徴を把握して、「もっとこうしたら」というクリエイティブな判断までできるようになっているんです。

まさに右脳が活性化して、感受性が豊かになっているといえます。

こういう人はきっと、なかなかボケないんじゃないかと思います。

>>人気 コスメ ランキングはこちら

メイクで右脳を刺激

March 17 [Sun], 2013, 10:59
右脳を刺激してやればボケにくくなることは、よく知られていますよね。

右脳を刺激するには、絵を描くのがとても効果的。

でも、毎日の生活の中で、日常的に絵を描くチャンスのある人が、どれだけいるでしょうか。

その点、「眉を描く」という行為は、絵を描くこととほとんど同じです。

上手に眉を描くのには集中力がいりますよね。

365日、毎朝、集中して眉を描くことは、絵を描くのと同じくらい右脳を鍛える行為なんです。

>>人気 コスメ ランキングはこちら

メイクは右脳を鍛えるんです

February 05 [Tue], 2013, 10:58
メイクテクニックの中でも最も難しく、そのぶん、上手になればひじょうに効果的なのが、「眉を描く」ことです。

私はいつもスタッフや生徒さんに「とにかく何度も描いて練習しなさい!」と話しています。

最初からうまく描ける人はいませんし、毎日描いていないと、どんなにうまい人でも上手に描けなくなってしまいます。

この「眉を描く」という行為、単にメイクにとどまらず、なんと右脳を活性化して老化を防ぐ効果があるんです。

左脳が論理的思考をつかさどっているのに対し、右脳は人間の感受性をつかさどっています。

>>人気 コスメ ランキングはこちら

心地よいメイクをするためにもエネルギーの流れを作る

January 15 [Tue], 2013, 10:33
「私は大きな病気をしたんだし、ふつうの人にくらべたら、何分のーかの体力しかないんだから……」と思って、無理をしないように気をつけながら生きていたかもしれません。

「40歳を過ぎたら、その日をポーッとして生きてしまうと、次の日はやってこない」。

これが私の持論です。

今日のエネルギーは、今日、使い尽くす。

そうやってエネルギーの流れを作っておかないと、明日の朝、新しい力が湧いてこないんです。

>>コスメのことなら★人気 コスメ ランキング

私は体育会系

December 25 [Tue], 2012, 10:32
「メイクは真剣勝負。ちゃらちゃらやってる場合じゃないのよ!」というのが本音だったりします。

実際、メイクの仕事には、ものすごく大きなエネルギーがいります。

われながらよく体力が続くな、と思うこともあります。

私、ときどき考えるんです。

「もし私が仕事をしていなかったら、このエネルギーはどこへいってたんだろう」って。

エネルギーって、使えば使うほど新たに湧いてくる気がしませんか?もしも私が仕事をしていなかったら、こんなにエネルギーにあふれた暮らしはしていなかった気がします。

>>コスメのことなら★人気 コスメ ランキング

「今」を輝かせて生きる

November 13 [Tue], 2012, 10:31
若い人と違って、私たちは3週間先にはどうなっているかわかりません。

白髪もふえるかもしれないし、肌だって老化する。

もしかして、病気になってしまうかもしれないんです。

過ぎてしまった時間をもう一度生き直すことができない以上、人生の中でいちばん若いのは「今」です。

この「今」を輝かせて生きなくてどうするの1と私は思います。

私は今、とても忙しく働いています。

人前に出て話をしたり雑誌やテレビの撮影でメイクをしたりするときは、一応きれいなかっこうをしますが、本当はジャージを着てメイクをしたいくらいです。

>>コスメのことなら★人気 コスメ ランキング

かけがえのないこの瞬間

October 21 [Sun], 2012, 10:30
かけがえのないこの瞬間を大切にする。

この年齢になると、やりたいことを明日に延ばさないほうがいい。

一瞬一瞬、「今」を生き切らないとダメだと思います。

たとえば、若い男性と食事の約束をしたとします(私にだってたまにはそういうことがあります)。

相手の都合が悪くなって「すいません、3週間先に延期してください」って言ってきたとしますよね。

私、表面上は平気な顔で「そうなの、いいわよ」なんて言うけれど、心の中では「あなたにとってはたった3週間かもしれないけど、私は3週間たつと、あなたの3カ月ぶんは老けるのよ〜!」って思います。

>>コスメのことなら★人気 コスメ ランキング

ニキビのお話し

September 15 [Sat], 2012, 16:21
男ニキビ10代は額。

20代は頬。

そして30代以降は口元やアゴなどのフェイスライン。

ニキビができている位置で年齢がわかってしまうといわれるほど、その位置は次第に変わってくる。

そもそもニキビは、多すぎる皮脂が毛穴に詰まり、ばい菌がついて化膿してしまった状態。

生理日前になるとアゴにニキビができやすい私は「どうして、皮脂の分泌が少ないアゴなんかにできちゃうんだろう?」と、不思議に思っていた。

そんな折、ある機関でニキビ患者の血液検査をしてみたところ、男性ホルモンの血中濃度が高かったという話を皮膚科の先生からうかがった。

もともと皮脂の分泌には男性ホルモンが関係しているというが、オイリーになりやすい人じゃなくても、生理日前には男性ホルモンが優位に立つためニキビができやすくなるという。

>>注目★人気 コスメ ランキング
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jelly15
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる