理想の看護の実現には十分な数の人材が必要

April 13 [Sat], 2013, 23:18
私達看護師が働く医療の現場は少しずつ改変され、昔よりも良くなったと言われています。看護師にとって働きやすい職場は増えていますし、患者さんにとっても安心して通院や入院が出来る環境が整って来たと思います。

ただ現在改変されて良いとされている事も、病院の体制や看護師の状況によっては逆効果になるケースがあります。例えば今多くの病院で推奨されているプライマリーに関しては、確かに理想的ではあるものの、看護師の人数が十分に足りないと大きな負担となってしまいます。

私自身は一人の患者さんをしっかり看る為に、プライマリーには賛成している一人です。しかし今働いている病棟では看護師の人数がギリギリで足りず、プライマリーを実践すると残業時間が大幅に増える事が分かりました。その為、今はプライマリーを廃止して機能別看護に戻しています。

理想の看護を実現するには実際の所、やはり十分な人材が確保されないと難しいのだなと実感しています。

オススメリンク〜
看護師が書くブログです⇒看護師ブログ
プライマリーケアに関してはこちらへ⇒日本プライマリーケア推進委員会
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:転職獅子奮迅blog
読者になる
2013年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jed5fz5l/index1_0.rdf