全体の中国の音を楽産業は崩壊に直面して

June 10 [Wed], 2015, 16:49
新網北京12月18日にニュース(記者尹力)中国レコード協会のレコードの仕事委員会秘書長卢健18日に北京では、有料のモードは中国本土を未来の音楽の発展の唯一の道で、再などを設定しない合理的に有効な商業のモード、全体の中国の音を楽産業は崩壊に直面して。同日開かれた2012音楽著作権の保護と産業発展フォーラム」で、多くのレコード会社社長や音楽人は今が共同注目の音楽産業苦境、インターネット音楽正規化、ネットの音楽の有料などの内容は交流を展開し。卢健は、現在、95 %の伝統音楽運営モデルは崩壊し、インターネットや携帯電話を消費プラットフォームのデジタル音楽、無線音楽やカラオケなどによって、音楽の新しい生存空間。しかし、インターネット音楽市場の版権を得にくい有効メンテナンス、音楽の版権即レコード会社や創作を受け取っていない人のデジタル音楽産業の台頭がもたらす利益。
バラ柄ワンピース卢建と、日韓版権側のデジタル音楽産業の分を帳簿の割合が多いは90%;ヨーロッパとアメリカ、著作権者の70%を平均生産額は、台灣地区の長年の努力を60%版権所有者。同委員会の調査によると、中国大陸では現在4億ネットユーザー版音楽音楽、市場の総額400億元の人民元を受け取ることができ、実際に8億元で、版権収入の2%しか占め未収。彼の希望は、未来を達成できる内容とそれぞれ50%を獲得してルート側の収益の分配システムのバランスをサポートし、健康なビジネスモデル。有名な音楽人チャン・ヤートンは、現在の音楽著作権の保護の状況が悪く、自分に一面の茫然として、音楽に対しては産業チェーンの各段階に不信感が、「自分の音楽をやる自信がなかった」。彼は「中国でいい声」という枠のヒットのオーディション番組を例にして、「昔歌っていい歌手、今振り返るとして选手は、合理的な」。チャン・ヤートンに言及して、海外で、オーディションは音楽産業の中の一部ですが、中国では拡大されて甚だしきに至っては唯一の収益のコーナー。すべてのプラットフォームにしか関心し続ける事「有名人」はないが、人に関心を持って、新人教育。彼は希望、音楽産業チェーンの上の人は要らないでは「儲け」を唯一の目的は、力を合わせ、本当の持続可能な発展のプラットフォームを確立する。北京市の著作権局副局長王野漂う音楽は、インターネットで十数年内にして、全面的に海賊版ダウンロード、ライセンスを無料でダウンロードし、業界を授権有料配信段階。
ドット柄ワンピース今、音楽サイト、レコード会社は積極的に準備を音楽で有料配信ネットワーク時代の到来。一方、インターネット音楽産業も起きる深層の変化、音楽著作権者は、レコード会社やインターネット企業(音楽サイト)はすでにインターネット音楽産業チェーンの不可分の構成の重要な部分。彼によると、来年中国内地のデジタル音楽製品が爆発して式の増加、初歩的に予想される1000人以上のデジタル音楽アルバムには音楽APP方式インターネット。今日のフォーラムでは、多くの音楽著作権者は、レコード会社と一緒に音楽サイトを「推進ネットワーク音楽正規化提案書」が中国本土でのネットワークの音楽の分野では初めて。中国のレコード協会のレコードの仕事委員会は中国のレコード協会所属の専門の仕事委員会。設立当初、メンバーの単位を含む具は規模のレコード会社や中国での国際有名レコード会社で20個、世界的中国語版音楽の90%を占めて。(完)
猫柄ワンピース