頑固な冷え性に

June 21 [Wed], 2017, 10:12
私は個人的に、
四物湯や十全大補湯が好きなんです。
風味がとにかく好きです。

そして、きちんとした効果、を求める場合には、
やはり、面倒でも、刻みの煎じタイプがダントツにいいんです。
漢方で、処方名に湯、という字がつくものは、
煎じて飲むタイプ、ということなんです。


煎じ、というと、
皆さん、どうしても面倒、と嫌うんですが、
その効果の切れ味の良さを体験すると、

手軽さより、手間がかかることを優先したいと思うほどです。

よく保険医療では
冷え性に、当帰四逆加呉茱萸生姜湯っていうのが出されたりするんですけど、
頑固な冷え性には、なかなかエキス顆粒っていうのは効きが悪いんですよね。
それで、さらに附子(ブシ)とかを別に加えるっていうやり方もあるんですけど、

四物湯の煎じの薬効のような
切れ味はありません。



ウチのスタッフで重度の冷え性だった人がいるんですが、
彼女も、冷え性で四物湯を煎じて、ずいぶん長く服用していたそうです。

そのうち、気づいたら冷え性の体質ではなくなっていたとのこと。


四物湯、って漢方薬っぽいにおいがするので、
好みが非常に分かれるんですけどね。。。


この梅雨時やこれからの夏に、
冷房もつけられないほどの
冷え性の方には、

四物湯、鍋でコトコト煮て飲んでみてほしい。。。

前にも薬膳のメニューで紹介しましたが、
鶏手羽などと一緒に煮込んで、最後に青菜やクコを最後に加えてひと煮たちさせておかず系にしても美味しいです。

試しに、2〜3日続けて飲んでもらっても、結構いい感じになるので、
一度ためしてみたら、案外皆さんハマるかもしれません。


おうちに常備しておくのも、オススメです。
ちなみに、いつまでも若く美しく、っていうのでしたら、十全大補湯もイチオシ。


四物湯は、茅沼順子薬局で、1日分が¥500+税です。




フーテンのカヤさん

June 17 [Sat], 2017, 9:33
今日は、
熊本の東急ハンズで、

水垢が取れるだけでなく、
取ったあとのキレイが長持ちする、
(実際、鏡を浴室に放置し、水垢を数ヶ月かけて育てて実演に使用して水垢をトゥルピカで、取っちゃった後は、その鏡を水垢育てるためにふたたび使用することは不可能になるほど、天然のコーティングがしっかり出来てしまいます。)

天然磨き粉、トゥルピカの実演販売^_^

この製品を開発したきっかけは、
ほぼ毎朝チェックしている
NHKのあさイチで
たしか1年以上前だったと思うのですが、

水垢、水ウロコ取りに多くの人が苦戦していて、
おまけに、それだけでなく、
取ったあとに、すぐに水垢、水ウロコが出来てしまうので、
そのために、かなり面倒な細工をしなくてはいけないなどと
奇妙な裏ワザを放映してたんです。

それをみながら、
あれ?
みんなそんなに苦労してるの、と知り

え?簡単なのに、、、???と
ワタシとしては、かなり不思議な感じでした。




元々ワタシは、
原料の物性には、常日ごろから興味津々で、
食べ物やお酒と同じくらい、
そのことばかり四六時中考えているわけですが、

皆さん、そんなにお困りなら、解決する製品を作って提供してあげよ、と
考えた次第。


しかし、
ウチの会社のスタッフたちは、
製品を開発したあとも、製造に手間とコストがかかりすぎる、と
あまり賛成ムードではなく、、、


ワタシとしては、
水生生物に有害な、合成アミドのスルファミン酸を一切不使用での
水垢取りというのは、
世界的に初めての製品なんだよ!との
海や川を守ることになるんだよ!
というような正義感もあり、

まあ、結果、発売しちゃったんで、
責任もありますから、

みずから、
大声を張り上げながらの、バナナの叩き売りにも似た、
フーテンの寅さんのように、口上を述べながら?
実演販売させていただくことになり、
はや、半年。


前からやってみたかった、大声だす実演販売。
口上が興味を引かなければ、お客さんは足を止めない、という
かなり、わかりやすい、というか、工夫が求められるお仕事。^ ^


しかし、
ワタシの声は、かなりデカイらしい。。。(^^;







薬剤師は名刺がない?

June 15 [Thu], 2017, 20:46
不思議だったんです。

企業の研究所勤務後、夫の在外公館勤務に付随して渡仏、
そして、薬局薬剤師の修行をし、
処方箋調剤のキャリアを積み、ある程度のレベルの調剤薬局で仕事を始めたとき、
ハタと気づいたんです。

調剤薬局の薬剤師って、
名刺を持ってない、というか、
雇用している会社から名刺をもらえてない、
ということ。


社会人なのに、
名刺ないって、どういうこと?とかなり不思議でした。

そして、20年以上も経つ現在も、
薬剤師で名刺を雇用者から渡されている人はまだ相変わらず少ないようです。


こういうことは、
薬剤師の社会人としての社会に対する関わりの度合いをあらわしているような気がするんです。


だから、
ウチの会社の薬剤師達は、
名刺は当然持っていますし、
各自、会社のメールアドレスも持ち、名刺に記載されています。

なんか、おかしくないですか?
いつまでも大人になれない、カヤヌマの素朴な疑問。。。




食品中の添加されてる油

June 15 [Thu], 2017, 10:15
茅沼順子薬局のお客様は、
かなりの見識の方々ばかりのようです。

広島shopは特に年初からいろいろと問題が発生してしまい
お客様にもいろいろとご迷惑をおかけしましたが、

唯一無二の、カヤヌマ商品の良さを、
キチンと理解してくださっている方達が、変わらずショップにいらしてくださいます。
有難いことです。m(__)m


その中のおひとりが
広島ですごく有名になったお菓子で、全国にもshopがあるというものの話をされて、
広島では、一般の人たちに
工場見学をさせてくれるらしいのですが、

1個がそれほど安いものではないらしく、見学者に試食はさせてくれないんだそうです。


見学中に、これにはマーガリン入ってますか?
と尋ねたら、
「入ってません」との答えだったそう。



見学を終えて、
そのお菓子は試食できないので、
食べたい人は、販売コーナーで買ってください、とのこと。

そして、その方は、
その商品の裏表示をみたところ、しっかりとマーガリン!って書いてあったと。
(なら、原価安くできるし??売り単価高すぎ???だから全国展開??)

そんなこと知ってしまったから、もう買わない、と思った、とおっしゃっていました。


しかし、
先日、東京でお土産物を、あら?キャラメル味が出てる!と思って、うっかり買ったものが、
後でみたら、マーガリン、って書いてあって、がっかりしたとのこと。

おまけに、
他の食品の表示なんかも、植物油、って書いてあるでしょ?
その植物油は、なに?って聞くそう。

でも、お店の人は、ただの植物油、としか答えないんだよね、
それって、だいたい、パーム油、ヤシ油だよね〜〜。

ってぼやいてました。

わ〜〜〜、すごいこだわり!!と感動。


ワタシ自身、食品にパーム油(ヤシ油)って入っていると、
食べたとき舌でわかっちゃうんですよね。
自分で、厳しすぎてイヤになるほどなんですが、

同じ価値観のお客様がやはり、弊社のお客様なんだと知って、とてもうれしく思いました。


だから、
その方が、
ウンナンキセイプラスをリピート購入にいらしたんですが、

最初ね、田七人参がいいのは知ってたから、田七ニンジンを摂りたいと思ってたんだけど、
中国産だから、信用できない、と思って、ここのもどうかな、って思った。
それで、確かめたら、ここのは、自社農園持ってるウチダのもので作ってるってことだったから、
買うことにして、今も買ってる。


とのことでした。


真の良さがわかる方たちに
ごひいきにしていただき、ホントに感謝しています。
m(__)m














生シラスには、イリニです!

June 14 [Wed], 2017, 12:27
この時期、
広島では生シラスが食べられます。

四国、高知では、
ドロメ、と呼ばれていて、やはりこの時期に生のものが食べられます。


私は、生シラス=ドロメが大好きでして、
それに、弊社取り扱いのオーガニックオリーブ油、イリニが最高に合い、
なおかつ、さらに美味しくなります。^_^

なので、
東京にある土佐料理の店、ネボケ、では一年中ドロメがメニューにあるので、
たまに行くことがありますが、

その時は、イリニを小瓶に入れて持参し、

ドロメの注文の時には、タレをかけずに、ドロメと塩だけを持ってきてくださいと
お願いします。

そして、
イリニをドロメにかけて、いただきます。^_^


生シラスを使った料理は、
イタリアでもあり、当然オリーブ油と共に食されています。
ちなみに、日本のと比べて、ピンクがかっていて、
ロセッティ、と呼ばれています。





今日の広島ランチは、
SEALASという店の
半額セールの生シラス丼490円、生シラスお代わり無料。



私は一回お代わりしました。^ ^


ちょっと残念だったのは、
トッピングを追加注文出来るようになってましたが、
日本ではお決まりの、
卵黄、イクラ、ウニしかなく、
オーガニックオリーブ油、イリニが無かったこと。


半額でなければ、980円、ということですが、
元々相場的に、生シラス丼て、高い値段になってるようで、
それでも、他の店のランチの生シラス丼に比べても安いかも。


貧血の薬膳に

June 10 [Sat], 2017, 17:39
台湾では、大ぶりなキクラゲ(黒木耳)が日本よりも手ごろな値段で売られています。


日本でもなじみのあるキクラゲは、
鉄分が豊富で薬膳の食材でもあります。


補血通便抗ガン、血栓予防など優れた作用が認められています。

中国の薬学本で有名な「本草綱目」にも、キクラゲのことは、
黒木耳「治腸癖下血、又涼血」と記載されているようです。


世の中には、
貧血でお悩みの方が多いですが、
キクラゲが、本草綱目なんて有名な文献で、体にいいよ!!と勧められていたなんて、
意外と知らなかった人多いのでは??


薬膳料理メニュー的にオススメなのは、
作るのも簡単な、もしかしたら、すでにみなさんもお作りになっているかもしれない、

キクラゲの卵炒め(黒木耳炒蛋)

材料は、
卵、
キクラゲ(水にもどして使用)
ごま油

で簡単ですよね。

先に卵を割ってかきまぜたものを、熱したフライパンにごま油を引いたものに、落としてサッと焼き、
別皿にとっておき、

その後、キクラゲを炒め、その後焼いておいた卵を加えて、塩で味を調えたら仕上がり。


無理に鉄分を取って、ストレスの溜まっているかた、
キクラゲを上手に取り入れてみてください!







これはどんなものが入っているの?

June 09 [Fri], 2017, 9:39
ブルゾンちえみバージョンで((笑)


ついでに、ユーチューブでダーティワークのBGM流してもらえたら最高!・・・



「えっ?
ニキビがなかなか治らない?」

それで??
有名皮膚科の化粧品を使ってるって?」


「ダメウーマン!(ダメンズ!)」

「くみちゃん!  お化粧品の成分のお勉強、 してますか?」


「自分の肌を守ることなんだから、
しっかり化粧品成分のこと、お勉強しないと!」

「ではぁ、くみちゃん、質問です」

「以下の成分は、ある有名クリニックの製品成分です。

この中に、いくつ,
自分の肌をいじめる細胞毒性のある成分が入っていますか?


水 、DPG 、イソステアリン酸PEG‐8グリセリル、トリイソステアリン酸PEG‐20グリセリル、ラベンダー花水、グリセリン、ペンチレングリコール、BG、ポリーγ−グルタミン酸Na、ポリクオタニウム-51、ヒアルロン酸Na、甘草フラボノイド、システイニルプロアントシアニジンオリゴマー、レモングラスエキス、キシリチルグルコシド、キトサン、無水キシリトール、キシリトール、、グリチルリチン酸2K、水酸化レチレン、アルギン酸Na、PVP、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、セテアリルグルコシド、ヒドロキシエチルセルロース、フェノキシエタノール
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・etc


「35億!」(笑)



てなことで、

効きそうな製品を勧められて、素直に信じて使用し、一時的な改善がみられても
その後が問題なんです。


長年使用しているうちに、
肌は侵されていくということ。

皮膚を育てなくする成分を長期使用しているうちに、
肌はセンシティブスキンや、乾燥肌、その他の悩み肌になっていくんです。




長年使用すればするほど
肌を健やかにしていく信頼できる化粧品、使ってますか?






どうして化粧品開発は男性?

June 08 [Thu], 2017, 21:50
毎日化粧品を塗布していない人達が、
どうやったら、長期使用を前提の化粧の開発が出来る?


そんな業界から
わざとらしく発信されたそれらのデータ
一体、どのくらいの信ぴょう性???


プルプルになるとか
ホウレイセンが消えたとか、
あなたたち!研究者としてのプライドないの?

弊社の近所にある名門校にかかげてる、大切な言葉「恥を知れ」、と

とか言いたくなる。。。


ワタシ、
今夜は飲みすぎ???





くちびるの荒れ悩み

June 08 [Thu], 2017, 16:50
その悩みの解決のためには、
まず、荒れの原因を自分の記憶をず〜〜っとさかのぼって検証することが、まずは必要。

たとえば、口に塗布するものには、口紅がありますが、
その製品の中身は、意外なほどに毒性のあるものも含まれていますから、
それによる接触性皮膚炎、ではないかということも考えられます。


その場合は、
塗布していた口紅を塗り続けることを、まずはストップすることが必要です。


もしくは、
口紅ではなく、リップケアクリームだったり、
塗布部分がくちびる部位を含むような、パック剤、くちびるパックケア製品などを
長期にわたり使用していなかったかをチェックすることも大切です。

要は、接触性の原因を検証する、ということ。

次に、
治癒させるために、

適切な抗炎症剤を塗布すれば、原因をストップさせていますから、
もうぶり返すようなことはなく、いずれ治癒していきます。


しかし、
原因をあぶりだせなくて、原因をストップさせられないままに
抗炎症剤でも、例えばステロイド剤を塗布してしまったりすると、
さらに悪化の一途をたどることになるという、
いわゆる
口唇ステロイド皮膚炎のリスクを抱えてしまいます。



茅沼順子薬局での
くちびるの荒れの場合のオススメ医薬品は、
漢方のものがあります。


また、
弊薬局で販売している弊社オリジナル開発のリップクリームを塗布したり、
あるいは、ウングエントオッフィキーナ、あるいはビズクリスタランといったもので
保湿ケアをするのもオススメです。

くちびるケアというのは、
ただ適切な医薬品や保湿ケアを単純にすればよい、というわけではなく、
その時、その状態によって、
手当方法が違ってきますから、
その都度、しっかりとおたずねいただき、アドバイスさせていただいております。



ここで、
塗布するという観点とは別に、
くちびるは、消化器官の内側の表面(消化管上皮)からつながっているという観点から見た場合、
消化管上皮にも、炎症が起きている場合もあり、
それが、口内炎、という表現にもなるわけですが、

上皮の炎症、というとらえ方をしてみると
漢方やハーブを服用したほうがよい場合もあるわけです。


なので、
適切なセルフメディケーションをしていただくために、
弊薬局にご相談いただけたら、モヤモヤしていたお悩みがスッキリ解決するということも
あります。
(^-^)










ガンは消える!?

June 07 [Wed], 2017, 11:13
抗ガン治療をしている人での思い込みで多いのは、

ガンは消えない、という意識。

ご夫婦でガンだという方とたまたま出会ったのですが、

奥様は10年以上前に乳がんになって以来、抗ガン治療を時々行い、今もガンとお付き合いしながら一応お元気にお過ごしだとのこと、

そして、
御主人様も、肺がんから脳にも転移しているとこのこと、

うまく付き合うしかないから、と、こちらもにこやかにしていらっしゃる。


でもね、
消失できる可能性もあるわけですから、
消したら気持ちよさそう、とか考えちゃうわけですよ。


実際、
ウチの薬局での
漢方や水素水併用のお客様たちは、完全治癒してるからねぇ、、、、。

そんなに、ダラダラ、がんと仲良くしなくちゃいけないこともないんじゃないのかなぁ、、、、と思うんです。。。。


最初の開腹で、がんがあまりにもまとわりついていて切除できなかったために、
1か月半ぐらいさらに抗ガン治療をしてから開腹、ということらしかったのですが、

その際、こちらのアドバイス通りにしていた方が
1か月半後、開腹した際には、
ガンが一切消えていたとのことで、
医師たちが一斉に驚きを隠さなかったとのことでした。

なぜなら、抗がん剤治療をしても、全て消えている、ということは
普通ではあり得ないからだと説明されたようです。


漢方服用とかね、
抗ガン治療の際、併用することで、良い結果をもたらすいいものってあるんです。

ある方なんかは、
たまたまステージ4時点で発見されたらしく、
周囲にかなり有能な医師たちが友人としていたらしく、
その友人たちが、ガン治療担当の医師ではなかったらしいのですが、
こっそりと水素をやるようにと言ってくれたらしく、即実行して、復活、今もお元気です。

そりゃあ、最初はね、
水素とか、刻みの漢方とか、その他いろいろやるとコストかかるかもしれないけど、

最終的には、ガンが消えてしまったら、
抗がん剤のコストもかからなくなるわけですから。。。


その辺がね、
一般医療に洗脳されすぎていると、
健康になれるチャンスを失いがちで残念なことです。








2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jdkaya
  • アイコン画像 誕生日:4月3日
  • アイコン画像 趣味:
    ・語学-古典ギリシャ語 現代ギリシャ語 料理 
読者になる
大きいまきがいはどこ・・・???
Yapme!一覧
読者になる
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jdkaya/index1_0.rdf