体脂肪量

September 30 [Mon], 2013, 20:15
ポリフェノール最大の長所は水溶性のL-アスコルビン酸や脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性の部分、細胞膜でも酸化を防ぐ作用を発揮するのです。
体脂肪量には変動が見られないのに、体重が食事・飲酒や排尿等によって一時的に増減するような時には、体重が増加した人は体脂肪率(percent of body fat)は低くなり、体重が減った人は体脂肪率が上がります。
杉花粉が飛散する季節に、まだ小さな子どもが発熱はみられないのに頻繁にクシャミしたりサラサラした水っぱなが止まってくれない症状だったなら、杉花粉症の可能性があります。
塩分や脂肪の大量摂取を避けた上で無理のない運動に努めるだけでなく、ストレスの多すぎない暮らしを続けることが狭心症の誘因となる動脈硬化を事前に防ぐ方法です。
ハーバード医科大学の研究によれば、通常のコーヒーと比較して1日あたり2杯以上カフェイン抜きのコーヒーを代用することで、直腸癌の発症する確率を約半分も減らせたということが明らかになっている。
通行中の衝突事故や高所からの転落事故など、大きな負荷が体にかかった場合は、複数箇所に骨折が発生してしまったり、骨が外部に露出する開放骨折となったり、重症の時は臓器が破裂することもままあります。
子どもの耳管は、大人のそれに比べると幅が広くて短めで、またほぼ水平になっているため、様々な細菌が潜り込みやすくなっています。大人よりも子どもの方がよく急性中耳炎を起こすのは、この事が関わっています。
悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、普通、人間の体を癌から保護する働きをする物質を作り出すための型のような遺伝子の異常が原因で罹患してしまう病気だと考えられています。
高齢の方や慢性的な病気のある方などは、極めて肺炎を発病しやすく治るのが遅いというデータがあるので、予防策の実施やスピーディな手当が大事なのです。
汗疱状湿疹(汗疱)は掌や足の裏、又は指と指の間などにプツプツとしたちっちゃな水疱がみられる病状で、大抵は汗疹(あせも)と呼ばれ、足裏に出現すると足水虫と思い込まれることが結構あります。
結核対策は、長年、1951年に生まれた「結核予防法」にならって推進されてきましたが、2007年から違う感染症と同じく「感染症法」という名前の法律に従って行われることが決定しました。
クモ膜下出血(SAH)とは9割近くが脳動脈瘤と言われる脳の血管にできた不必要なコブが裂けて脳内出血する事が要因となってなる死亡率の高い病気だと認識されています。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓(すいぞう)に存在する血糖値を下げるインスリンを分泌しているβ細胞が何らかの理由でダメージを受けてしまったことで、患者の膵臓から大半のインスリンが分泌されなくなることによって発症に至る自己免疫性のタイプの糖尿病なのです。
内臓脂肪症候群とは断言されていなくても、内臓の脂肪が付着しやすいような悪い肥満を持つ事に縁り、命にかかわるような生活習慣病を招く可能性が高まります。
HIV(human immunodeficiency virus)を持っている血液、精液をはじめ、母乳や腟分泌液などの様々な体液が、看病する人や交渉相手などの粘膜部分や傷口等に接触すれば、感染のリスクがあります。