海外メディアの報道によると、米アップルの「iPhone」は、今年秋に発売される次のモデルで、こ

August 15 [Mon], 2016, 10:10
海外メディアの報道によると、米アップルの「iPhone」は、今年秋に発売される次のモデルで、これまにないほど大きな変更が加えられるという。

「最新の感圧タッチを搭載」とアナリスト
これは、アップルの新製品やその発売時期を独自の調査で当ててきたことで知られる台湾KGI証券のアナリスト、ミン・チー・クオ氏が予測したもの。
アイフォン7シャネル同氏が顧客向けに出した調査ノートをアップル関連の情報サイト、米AppleInsiderが入手した。

これによると、アップルは次期iPhoneに「感圧タッチ(Force Touch)」と呼ばれる技術を採用するという。
アイフォン7シャネル

これは、先頃発売したノートパソコン「MacBook Pro」の13インチ版最新モデルや、4月10日に発売する「MacBook」の新型モデルに搭載されている技術。トラックパッドを強くクリックすることで、それを感知し様々な新機能が使えるようになる。
アイフォン7シャネル

またこの技術は、4月24日に発売されるアップル初の腕時計型ウエアラブル端末「Apple Watch」にも搭載される。

こちらは画面に指先で軽く触れるタップと、強く押すプレスの違いを感知する。
シャネルiphone7ケースこれにより文字盤を切り替えたり、アプリで操作オプションを利用したりできるようになる。

次期iPhoneでこの技術が具体的にどのように使われるのかは分からない。
アイフォン7シャネルだが次期iPhoneに搭載される感圧タッチは圧力を直接感知するのではなく、スクリーンに触れる指の面積を測り、強弱を判断するという。

次期モデルの名称は「iPhone 7」?
これについて米9to5Macは、「現行のiPhoneも指の面積を認識するが、それは推測技術に基づくもの。
アイフォン7シャネル次期モデルは専用のセンサーが組み込まれ、スクリーンに触れる指の面積をより正確に判断する」と伝えている。

そして、クオ氏はこの最新感圧タッチ技術により「iPhoneのユーザーインタフェースがこれまでになく著しく変化する」と予測。
ルイヴィトンiphone6s plusケースその変化の度合いが著しいため、アップルは次期モデルの名称を「iPhone 7」にする可能性があると報告している。

iPhoneは2年ごとにフルモデルチェンジし、それに合わせモデル名に付ける数字が1つ上がる。
シャネルiphone7ケースそしてその間のマイナーチェンジでは前モデルの数字に「S」の文字を付けるのが慣例だ。

これまでのパターンどおりならば次期iPhoneは「6s」となるはず。
シャネルiphone7ケースしかし次期iPhoneはフルモデルチェンジに匹敵するほどユーザーインタフェースが変わり、それが名前に反映されると、クオ氏は報告している。

4月からライバルの最新モデル続々
この報告の真偽のほどは定かではないが、いずれにせよライバルメーカーが人目を引く最新モデルを市場投入する中、アップルは常に最先端技術を取り入れなければならないと、米シーネットは伝えている。
レイバン サングラス

先頃、英国の市場調査会社、カンター・ワールドパネルが公表した最新のリポートによると、今年2月末までの3カ月間におけるiPhoneの販売台数シェアは、中国、欧州5カ国(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペインの合計)、オーストラリアでそれぞれ上昇した。

このうち世界最大のスマートフォン市場である中国では、機種別販売台数ランキングで「iPhone 6」が1位、「iPhone 6 Plus」が3位に入った。
シャネルiphone7ケース

同国ではこれまで中国シャオミ(小米科技)が首位を維持していたが、この3カ月間はiPhoneの現行モデルに加え、旧モデルも好調だった。これによりアップルは中国のメーカー別販売台数ランキングでシャオミを抜き、1位に浮上した。
Michael Kors iPhone6 plusカバー 激安

ただし、OS(基本ソフト)別販売台数を見ると、米グーグルの「Android」が引き続き首位となっている。例えば中国におけるAndroidの販売台数シェアは70.9%、欧州5カ国では67.6%と、依然高い水準だ。
アイフォン7シャネル

4月からは、韓国サムスン電子をはじめ、韓国LGエレクトロニクス、台湾HTC(宏達国際電子)、中国ファーウェイ(華為技術)などが旗艦モデルの新型機を市場投入する。

このため世界のスマートフォン市場で、また新たな競争が始ま かつて自動車メーカーから図面を支給されて、下請けとしていかに安く歩留まり良く部品を作るかだけを求められていた部品メーカー(サプライヤー)が、どのようにして技術提案型のビジネスを構築してきたかを前編に書いた。
エルメス iphone7ケース

【図表】(上)自動車メーカーは部品を組み立てているだけ?

 iPhoneやMacで有名なアップル社は、商品を企画し、販売もするがそれを生産する工場は持たない。数々のサプライヤーに外注し、それを外注で組み立てさせる。
シャネルiphone7ケースメーカーでありながら工場を持たない「ファブレス化」である。モノ作りの現場にはもはや利益が期待できない。
グッチiPhone7ケース企業に利益をもたらすのは商品企画と販売だという冷徹な事実がある。

 「そんなのデジタル産業だけの話だ」という反論はあるかも知れないが、現実にトヨタは新型車の発表会などで何度も「スマイルカーブ」の説明をしている。
シャネルiphone6ケーススマイルマークの口の形のように、時間軸で見た時の両サイド、つまり商品企画と販売では厚い利益が期待できるが、真ん中の生産行程は下にぐっと下がって利益を産まない。

 少なくともトヨタは、それを対外的にアナウンスする程度には生産工程の先行きを悲観しており、「商品企画と販売に力を入れて利益率を上げていきます」という戦略を伝えているわけだ。
シャネルiphone7ケーストヨタに「自動車ビジネスをわかっていない」と言える人はそうそういないだろう。

サプライヤーの戦略
 しかし、たとえ利益率が薄くとも巨大自動車メーカー数社分をまとめれば絶対額としての利益は残る。
アイフォン7シャネル1990年代の半ばから、そうした数の論理でサプライヤーは地位を築いた。そして2000年代に入ると、次なる戦略として独自の技術開発を行って技術的イニシャチブの一部を握ろうとしたわけだ。
ルイヴィトンiphone7ケース

 例えば、アンチロックブレーキについて考えてみよう。アンチロックブレーキの基本的な成り立ちは、ホイールの回転速度を測るセンサーがあり、収集したデータを演算するプロセッサーがある。
シャネルiphone7ケースプロセッサーは油圧コントロールバルブを制御して、ロックしそうなブレーキの油圧を緩め、グリップが回復したら再度油圧を高める。

 制動時のタイヤのスリップ率は約20%が最適であることはどのクルマでも一緒なので、センサーやプロセッサー、油圧コントロールバルブはどこのメーカーに納品するにしてもほぼ同じ仕様で問題ない。
シャネルiphone7ケースあとは車両の重量バランスなどを考慮して制御ソフトをローカライズすればOKだから、前述の数の論理で押していかれるわけだ。

 量産化が図れるので、自動車メーカー1社が開発するより、サプライヤーからシステムで買った方が安くなる。
アイフォン7シャネルしかしアンチロックブレーキの様なシステムはすでに特許で保護されている部分は多くない上、技術的にも難しくない。いわゆるコモディティ化してしまっているのだ。
シャネルiphone6ケースそうなればどこのサプライヤーでも作れるようになり、価格の叩きあいが始まる。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:sesee
読者になる
2016年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jdfsevv/index1_0.rdf