ピースの典型的な闘争の策

June 09 [Sun], 2013, 16:31
最近Mango、EspritとLevi ' sが相次いでのコミットメント2020年前に淘汰してそのサプライチェーンや製品の中のすべての有毒有害物質。これまでのAdidasに加え、Puma、Nike、H&M、C&A、李寧、Marks&SpencerとZARA、これまで世界で11家のファッションブランドにこの項の承諾、そしてそれらを要求通りには2013末までに公開が使用した有毒有害物質リストや汚染データ。

今回の「毒」が十分に体現した行動グリーンピースの典型的な闘争の策略。まずは先行話調査データ。「毒」とともに行動『ファッションの毒――地球アパレルブランドの中国の水質調査」の報告の発表に幕を開け、掲示関連企業紡織工業の排出の有毒有害物質による江川の水が汚染された現状及びは人体の健康や生態係にの脅威。次に、グリーンピース6か月内に連続リリース五調査報告をまた连続出撃の効果を達成。以上の一連の報告を強調所渉ブランド服装製造過程で使い勝手にNPEだけでなく、可塑剤と発ガン芳香族アミンなどの有毒有害物質、工場よりはそれらを排出水、水源と環境汚染。これらは有毒物質を通して生物の食物連鎖の循環に戻って、関連の民衆の体の中で、それによって健康に二次被害。さらに令に懸念は、もしこれらの日の国際有名ブランドも2020年まで才能無毒生産確保、そんなに街店での衣類はどうでしょうか。

名指しで批判された各大ブランド「スキャンダルに巻き込まれ化」の広報危機渦、その後また一連のグローバル展開グリーンピースを動員、現在40万以上のデザイナー、モデル、ファッション愛好家は、環境保護の人が参加する。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jdaieowa
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jdaieowa/index1_0.rdf