子供の頃から飲んでいた、ほうじ茶の効能について

July 06 [Sun], 2014, 11:14
子供の頃、私の水筒に毎日入っていたのは、ほうじ茶でした。
母が、麦茶はお腹を冷やすといって、いつもその代わりに、ほうじ茶を入れてくれていたのです。
その時はほうじ茶の効能など全く気にしていなかったのですが、大人になってから自分でお茶を選ぶようになって初めて、ほうじ茶が緑茶の中でも様々な面で優れている点があるということを知りました。

が、あまりに子供の頃に飲み過ぎていたので、途中飽きてしまい、長い間ほうじ茶から遠ざかっていました。

ですが、初めて妊娠をしたとき、ノンカフェインの飲み物を探している時に、ほうじ茶に再び出会いました。お茶の中でもカフェインが少ない飲み物なのだということをその時初めて知ったのです。

そのおかげで、子供が生まれてからも、授乳中の時でも、そして子供が自分でお茶を飲むようになってからは、私が私の母がそうしてくれていたように、当たり前のようにほうじ茶を与えており、今や子供にとっても馴染みの味となっています。

私の中で、母との想い出の飲み物、私の子供にもそうであってほしいと思っています。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:雨女48
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jd8svf1/index1_0.rdf