ソラニン

May 27 [Tue], 2014, 1:52
ソラニンは種田とめいこというカップルが将来に不安や疑問を持ちながら生活していく中で、種田が夢であるバンド活動一本で頑張っていこうとした矢先に事故で亡くなってしまい、めいこが傷つき苦しみ悩みながらも種田のギターを手にとり、彼の残した曲を練習してライブハウスで歌うという話です。


この話は現代の若者ならみんな感じたことがある将来への不安がリアルに描かれていて、このままこの仕事をしていていいのかとか夢を諦めきれないけどそう簡単にいかないということもわかってるというような葛藤がとても共感できました。


そして種田が事故で亡くなってからのめいこの気持ちがすごく伝わってきてかなり泣けます。

種田の書いた曲は最初はマイナスなイメージですが、角度を変えて考えてみるととても前向きな曲で種田の気持ちも伝わってきて切なくなってしまいます。


最後にめいこが種田の曲を歌うシーンがかなり印象的です。悲しい話なんだけどラストはきっとめいこは幸せになれたんだろうな、と思えるような終わり方で読んでいる方も前向きになれるところが好きです。

P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jd6irt6l/index1_0.rdf