年齢を重ねるとともに、生活習慣病のリスクが高まる

October 07 [Fri], 2016, 5:05
年齢を重ねると、若い時と同じ生活習慣を続けられなくなってきます。
今まで多少の無理がきいていたことが、徐々にできなくなってきます。

少しの無理で体調を崩しやすくなってしまいます。
気持ちが高ぶっている時は疲労を感じにくいものですが、疲労は確実に起きています。

そのため、一段落すると急に体調が悪くなったりします。
年齢を重ねるとともに、この差が大きくなってきます。

特に睡眠不足は大敵です。
若い時は一晩くらい寝なくても平気だったのが、だんだん体に堪えるようになってきます。

もし、中年以降になっても無理をして寝ない生活を送っていたら、すぐに生活習慣病になってしまうでしょう。

若い時はそれほど健康には関心がありませんでした。
それどころか、どこまで無理ができるのか、と考えたこともありました。

しかし、30歳を過ぎた頃から今までのような無理をした生活ができなくなりました。
そして、体調を崩して仕事を長期休業した頃から、健康について考えるようになりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:TAMthtyth
読者になる
2016年10月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jcwzx689/index1_0.rdf