グルコンEX錠とかどうでしょうか

April 24 [Wed], 2013, 22:20
グルコンEX錠とか関節痛にはどうなのか。関節とは、曲げたり伸ばしたりうごかす事ができる骨と骨が連結する部分のこと。この関節は、関節包とよばれる袋に包まれ、その内側に厚さ約25μmの滑膜(かつまく)があるはずです。この滑膜から滑液(かつえき)と言うリキットが分泌され、潤滑油のような働きをして、関節の動きを滑らかにしています。また、骨と骨が連結する面には、厚さが3〜5ミリ程度の関節軟骨(骨と骨の間などにあって切り餅のように弾力があり、軟骨組織と軟骨膜で構成されています)があって、これが関節を曲げ伸ばしするときに起こる骨と骨の摩擦を防いだり、骨がうける衝撃を吸入しているのです。つまり、関節は、骨と骨がこすりあって磨り減ってしまわないように、関節軟骨(スポーツなどで過度に負担をかけると、擦り減って衝撃を吸収しきれなくなり、痛みを感じるようになります)と関節液(関節包の内部にあり潤滑をよくする働きのある液体です)というもので守られていると言う訳ですね。ところが、これらの関節軟骨(ヒアルロン酸を注射することで痛みを和らげることができるそうです)や関節液(関節包の内部にあり潤滑をよくする働きのある液体です)は、加齢に伴い磨り減ったり、液体の量が減少ししまいます。その為に、骨と骨が直接こすれあって痛みを生じるようになり、関節痛(読んで字の如く、関節に痛みを感じることです。関節が痛いのは同じでも、その原因には様々なものがあるでしょう)を患うことになります。それに、関節は靭帯(脱臼すると次第に伸びていき、脱臼が癖になってしまうので、早めの治療が必要です)や筋肉で安定する事を守られ、神経や血管も通っていますよねが、これらに異常が生じることによりも関節痛(老化現象だと諦めないで、早めに対策することで、症状の進行を抑えることができるでしょう)が発症するのです。他にも、関節包が引っ張られたり、滑膜が炎症を起して腫れたりした場合にも、痛みが起こることもあるみたいです。その上、リウマチ(自覚しているよりも症状の悪化が早く起こるため、速やかに病院にいく必要があります)や化膿性関節炎、痛風、肩関節周囲炎と言う病気も関節痛(痛みが軽いうちに、その痛みの原因を検査し、適切な治療を始めることで、痛みを軽減できたり、完治できる可能性があります)の原因となるのです。関節痛(老化現象だと諦めないで、早めに対策することで、症状の進行を抑えることができるでしょう)の出方は人それぞれで、うごかすと痛む、寒くなると痛む、一定の動作をしたときだけ痛むなど。いずれにしても、痛みが強いときや長引くときは、自分で勝手に判断せず、お医者さんに診てもらうようにするのです。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:あやかl4b6
読者になる
2013年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる