ダイエットをした方がいい?

May 02 [Mon], 2016, 20:34
健康診断(しっかりと入念に行うのなら、有料の人間ドックなどがいいでしょう)で肥満(極端なダイエットはリバウンドや拒食症、過食症の原因になりかねません)と診断されたり、コレステロール値(毎日暴飲暴食をしていたら、みるみるうちに高くなってしまうでしょう)が高かった場合などは、ダイエット(人によっては、多額の費用と時間をかけて行うこともあります)をした方が良いはずです。

そのまま放置してしまったりすると、動脈硬化(健康診断を受けることで早期発見が可能となります)や糖尿病(血糖値、もしくは、ヘモグロビンA1c値が正常値をこえていると、糖尿病だと診断されます)といった病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)のリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)を高めてしまいますよね。

ダイエット(適切な方法で行わないと、リバウンドしてしまって、かえって太ってしまいます)をした時にしないとダメだのが、食生活(改善するのはなかなか難しいものがありますね)の見直しと運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)です。

肥満(単純性肥満、病的肥満、症候性肥満、皮下脂肪型肥満といった種類があります)を改善する為には、食生活(必要に迫られて、改善を余儀なくされることもあるでしょう)が非常に大切なんですね。

まず、あまった脂質(エネルギー源になる以外にも、細胞膜を構成するなど、重要な働きがあります)を減らすことが大切なんです。

肉中心の食事を行っているのならね、魚中心の食事に切り替えてください。

野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)不足だと感じているのであれね、野菜(これだけで食生活を構成する人をベジタリアンといったりします)を積極的に食べるようにしましょう。

野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)に含まれている食物繊維(根菜類や海草、コンニャクなどに豊富に含まれています)にはインスリン(インシュリンともいいますね。ペプチドホルモンの一種で、血糖値を一定の値に保つ働きがあります)の急激な分泌を抑制する働きがあり、太りにくい体質を作る上で大切なんですね。

また、夕食のカロリーを抑制すると言うのも効果が期待できますし、できれば寝る前の3時間は食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)を何も口にしないようにするのです。

それに、健康的に痩せるためには運動も欠かせませんから、ウォーキング(ウォーキング教室に参加すると正しい歩き方を学ぶことができます)や水泳という有酸素運動(適度にしないと、肥満になってしまったり、体力が?えてしまったりします)運動(自分にとって楽しい、負担にならないものをみつけられるといいですね)をするようにするのです。

有酸素運動(好き嫌いには個人差がありますが、好きな人の方が健康的でいいスタイルを維持できていることが多いものです)は効率よく脂肪(適度に摂ることは必要なのですが、過?に摂ってしまっている人があまりにも多いのが現状でしょう)を燃焼可能だから、ダイエット(飽食、運動不足の現代人にとっては、永遠のテーマかもしれません)に最適でしょう
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Souta
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jbnetoomeylkao/index1_0.rdf