携帯向けスタンプラリーゲーム用の機能をパッケージ マピオンの「スタンプラリーASP」 / 2010年04月03日(土)
 マピオンは、携帯電話向けスタンプラリーゲームを提供するのに必要な機能をパッケージ化した「スタンプラリーASP」の提供を開始した。

 マピオンは、自社で提供する携帯公式サイト「マピオンモバイル」や「ケータイ国盗り合戦」のノウハウを生かし、位置情報を活用した携帯電話ゲームの法人向けサービスの検討を進めており、スタンプラリーASPはその一環として提供。初期費用30万円から、最短1カ月程度で導入できるという。

 第一弾として、全日本空輸がANA SKY MOBILE内のスタンプラリーゲームの開発で同ソリューションを採用し、4月1日からスタンプラリーゲーム「ANAスタンプラリー」を公開。コースを達成すると、eクーポンが抽選で当たるプレゼントに応募できる。

 スタンプラリーASPの対応機種は、ドコモがFOMA70x、90x、STYLE series、PRIME series、SMART series、PRO series(iモード対応機種のみ)。auはWIN端末とA5000系端末、ソフトバンクモバイルは3G対応端末。

(プロモバ) 4月3日0時49分配信 +D Mobile
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000005-zdn_m-mobi
 
   
Posted at 18:21/ この記事のURL
専門家が指摘、PDFを開くと任意のコードが実行されるおそれ / 2010年04月03日(土)
 独立系セキュリティ研究者のディディエ・スティーブンス(Didier Stevens)氏が、不正なPDFファイルに任意のコードを埋め込み、これをWindowsコンピュータで実行させる方法を発見した。

【関連画像を含む詳細記事】

 この方法では、普及したPDFリーダーである米国Adobe Systemsの「Adobe Reader」とFoxitの「Foxit Reader」が、コードが埋め込まれた不正なPDFファイルを開くとコードが実行されるという。スティーブンス氏は、「この方法は、ソフトウェアの脆弱性を悪用したものではない」としている。

 スティーブンス氏は自身のブログで、Adobe ReaderとFoxit Readerは、PDFファイルに埋め込まれた実行可能コードが展開され、実行されることを許可しないと述べている。しかし同氏は、通常とは異なる方法でコマンドを起動し、埋め込まれた実行可能コードが実行されるようにする特別な方法を発見した。

 この方法を用いた場合、Adobe Readerは、コードが埋め込まれたファイルを開く際、「コードを実行すると、コンピュータに損傷を与えるおそれがある」との警告メッセージを表示する。しかしスティーブンス氏は、このメッセージの一部を変更できることも発見した。例えば、実行可能コードを実行するようユーザーに促す内容に変更できるという。

 一方、Foxit Readerは、実行可能コードが埋め込まれたPDFを開く際、警告メッセージを表示せず、単にそのコードを実行することが確認されている。

 スティーブンス氏は、AdobeとFoxitに同問題を報告している。

 「Foxitに報告したところ、今週中に修正プログラムを公開するとのことだった。どのような修正が行われるかはわからないが、ほかのPDFリーダーのように、警告メッセージを表示するようになるのではないか」と、スティーブンス氏は電子メールで述べた。

 Adobeは声明で、スティーブンス氏のデモでは、PDFの仕様に定義された機能が使われていると述べた。同氏が使用した起動コマンドも、仕様に定義されているという。「これは一部のユーザーが利用する強力な機能の一例だが、この機能は、正しく使用しないとリスクが発生しかねない」

(Jeremy Kirk/IDG News Serviceロンドン支局)

【4月2日18時55分配信 COMPUTERWORLD.jp
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000002-cwj-sci
 
   
Posted at 17:41/ この記事のURL
フリー記者参加ブロックする 記者クラブ幹事社という存在 / 2010年04月03日(土)
 各省庁でフリーライターらへの会見開放度を総務省が発表した。しかし、記者クラブによって対応に違いがあると、開放度の分類に不満が上がっている。クラブの幹事をしているマスコミが、なかなか会見での質問などを了解しないというのだ。

 各省庁の記者会見について、総務省は、フリーライターらへの開放度を調査し、A〜Dまでの4段階に分けた。それを、原口一博総務相が2010年3月30日、閣議後会見で発表した。

■総務省の開放度分け、実態を反映せず

 ところが、この段階分けが、ライターらから不評を買っている。4月2日の会見では、ライターの畠山理仁さんが、ライターやネットメディアが参加も質問もできるA段階でも、記者クラブ側の了解を得るのが難しい場合があると訴えたのだ。

 総務省の調査によると、A段階が14府省庁。同省を始め、鳩山由紀夫首相が会見を開放したばかりの内閣官房、亀井静香郵政・金融担当相がフリー向けの別の会見を設定している金融庁などが含まれている。B段階は、ライターらが参加できるが質問できないもので、厚労省など4府省庁ある。さらに、日本新聞協会、日本民間放送連盟に加盟している社は参加も質問もできるのがCで国家公安委員会など3府省庁、記者クラブのみなのがDで宮内庁など3府省庁だ。

 省庁の会見は、記者クラブ主催になっているケースが多く、畠山さんによると、A段階といってもクラブによって様々なケースがある。その中には、参加基準がある程度はっきりした総務省などのほか、基準がはっきりしていない省庁もある。クラブでは、月ごとなどに会見を仕切る幹事社が選ばれており、その場合、幹事社の恣意的な判断による場合が多いというのだ。

■ライター「厳密に分けて下さい」

 原口総務相も、記者会見の開放度を4段階にくくったものの、2010年4月2日の会見で、「Aについても、かなり違いがあります」と認めた。そのうえで、フリーライターらの参加や質問を了解したクラブについては、「(行政への)公正なアクセスに協力していただき、御礼申し上げます」と述べた。

 一方で、原口総務相は、3月30日の会見では、畠山理仁さんからの質問に、こう答えている。

  「AというからAが一番いいとか、ABCDに価値はないのですよ」「A級ライセンスと言うと、さもいいみたいですけれど、まだ単にABCDを付けただけです」

調査は、あくまでも客観的に区分けして現状報告しただけで、総務省が独立した他省庁に口出しするようなものではないと言いたいようだ。

 とはいえ、その「客観的な区分け」そのものに、疑問の声が出ているのだ。4月2日の会見に出席したフリーライターの小川裕夫さんは、こう言う。

  「幹事社の了解がなかなか得られないというのは、『参加できない』というのと同じではないですか。CやDの段階がそういうくくりなので、『そっちなんじゃないの』ということです。そういう意味で、確かにAが一番いいとかではありませんね。BよりAの方が開放度が高いところもありますが、玉石混淆ということです。大臣には、AからDまで厳密に分けて下さいと言いたいですよ」


■4月2日20時12分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000005-jct-soci
 
   
Posted at 17:02/ この記事のURL
北朝鮮の体制崩壊論が再浮上 / 2010年04月03日(土)
 【ソウル】北朝鮮の独裁体制は弱体化しているもようで、専門家の間では体制崩壊の可能性が再び議論されるようになっている。

 金正日労働党総書記は失脚するとの予想を裏切って、貧困と飢餓、さらに海外との衝突の中を16年間にわたり生き延びてきた。しかしここに来て、金正日体制が維持されるかどうか新たな疑問が生まれている。一つは金氏の健康問題だ。また飢餓は深刻化し、圧政も厳しさを増している。

 これを受け、北朝鮮問題の専門家を中心に体制崩壊の可能性が高まっているとの見方が出ている。

 在韓米軍のウォルター・シャープ司令官はこのほど米議会の公聴会で、「北は中央集権経済が破滅状態となっている。産業セクターは荒廃し、農業基盤は十分でなく、軍人も国民も栄養失調に見舞われている。そうしたなかで核開発計画を進めている」と指摘、「指導部の突然の交代があるかどうか予測できない状況だ」と述べた。ソウルの西江大学のキム・ヨンス教授(北朝鮮の政治問題専門)は、「北は崩壊の瀬戸際にある。それは、金正日が病気で、食料不足に陥っていて、通貨改革も失敗したからだけでなく、政府が機能不全となっているからだ」と語る。

 紛争地域に関する報告を発表しているブリュッセルに本部を置く国際危機グループ(ICG)のソウル事務所のアナリスト、ダニエル・ピンクストン氏は、各方面から金体制への圧力が掛かっていると指摘、「指導部が急に分裂する可能性はまったくあり得ないわけではない」と話す。

 金正日氏2008年8月に心臓発作に襲われたもようで、その後北の体制は弱体化が目立っている。政府は昨年12月に、民間市場への規制を強化するとともに、新通貨を発行して旧通貨との交換に制限を設けた。個人の貯蓄をなくしてしまうのが狙いだった。

 しかし、政府が民間市場で供給されていた食料など必需品の提供を肩代わりしなかったため、厳寒の中で食料不足を招いてしまった。人々は反旗を翻し、政府は市場規制を撤廃せざるをえなくなった。キム教授は「北の現体制は通貨改革で国民への支配の回復を図ろうとしたが、支配できないことを露呈しただけで終わった」と述べる。

記者: Evan Ramstad

【4月2日10時49分配信 ウォール・ストリート・ジャーナル
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000303-wsj-int
 
   
Posted at 15:23/ この記事のURL
来週の株式相場 日経平均はジリ高継続、第一生命は初値キープの有無が重要 / 2010年04月03日(土)
 来週の日経平均は良好な外部環境を背景に、上値をジリジリと追う展開を想定する。日経平均の想定レンジは10800円〜11500円程度だ。テクニカル的に短期的な過熱感があるため、利益確定売りもそれなりに出ることが予想される。このため急騰は考え難い。

 逆に、出来高・売買代金を伴った急騰場面が出現した場合、そこが目先天井になるとみている。現状のように商いを伴わずジリジリと上昇しているうちは、日経平均の上昇トレンドは継続すると考える。

 日経平均の今年1月15日の高値10982.10円から2月9日の9867.39円までの下げ幅は1114.71円。これを10982.10円にリプレイスすると12096.81円が算出される。これが今回のシリーズのとりあえずのゴールとみている。

 当面の日経平均の動きに関しては、基本的には、25日移動平均ベースのボリンジャーバンドのプラス1シグマ(2日現在11016.01円)〜プラス2シグマ(同、11341.33円)とで挟まれたゾーン内で上げ下げを繰り返しながら、ゴールを目指す展開を想定している。

 なお、終値でプラス1シグマを割り込んだ場合は、少なくとも25日移動平均線(同、10690.68円)までの調整は不可避とみておく必要がある。

 つまり、「押し目待ちに押し目なし」の状況は、少なくとも、プラス1シグマを割り込むまでは継続する公算が大きい。そして、プラス1シグマを割り込んで初めて、押し目らしい押し目が到来することになるとみている。

 ところで、2日発表の3月の米雇用統計では、非農業部門の雇用者数は前月比で16万2000人増加し、増加幅は2007年3月以来3年ぶりの大きさとなった。国勢調査のため連邦政府が4万8000人を一時的に雇用したが、これを差し引いても11万4000人増加した。市場予想の19万人増を下回ったものの、強い数値と市場に評価される公算が大きい。

 実際、2日のNY為替市場では、ドルが買われ、1ドル=94円台半ばの円安になった。円は対ユーロでも売られ、1ユーロ=127円台後半だ。1日発表の日銀短観では、企業の10年度の想定為替レートは1ドル=91.00円(上期90.97円、下期91.02円)だ。よって、今後、1ドル=91円を割り込む円高にならない限り、企業収益悪化懸念は強まらず、為替動向が日経平均の波乱要因になることはないだろう。

 来週以降の波乱要因は米国長期金利の上昇と米株式市場の急落リスクとみている。2日の米10年物国債利回りは3.93%だ。雇用統計の強い数値と、来週の10年物、30年物国債の入札懸念で上昇した。米長期金利の上昇はドル高・円安要因であり、日本株にとってはポジティブだ。しかし、米国の住宅市場や設備投資への影響を考えると、手放しでは喜べない。これを嫌気し、米国株式市場が調整に入る可能性も低くはないからだ。

 いすれにせよ、国内に相場を大きく上下させる大きな材料は見当たらない。よって、日本株を大きく下げさせる材料は、中国、欧州、米国発であり、海を渡ってやってくる見通しだ。逆に、そのような悪材料が飛び出すまでは、日本株はジリ高を続けることだろう。

 第一生命 <8750> に関しては、初値の16万円をキープできるが重要だ。キープできていれば、良好な需給を背景に、上値を追うことだろう。しかし、これを割り込むと、需給が悪化する公算が大きい。初値を割り込んだ場合は、公募価格の14万円を意識した調整に入るとみている。

 2日の同社株は16.38万円で寄った後、16.88万円を高値に失速。結局、16.25万円前日比2500円高(1.56%高)で取引を終えた。結果、「上ひげ付き陰線」を形成した。早期に2日の高値16.88万円を上抜けないと、上値の重さを嫌気した売り圧力により、初値を割り込んでしまい、結果、公募価格を意識した株価調整が始まることが懸念される。(編集担当:佐藤弘)

【4月3日12時32分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000009-scn-biz
 
   
Posted at 14:45/ この記事のURL
SUPER GT & フォーミュラニッポン スプリントカップ、JAFグランプリに / 2010年04月03日(土)
GTアソシエイション、日本レースプロモーション、富士スピードウェイの3社が11月13日、14日に共催する「SUPER GT & Formura NIPPON FUJI SPRINT CUP 2010」のタイトルが「JAFグランプリ」となることが2日、決定した。

[関連写真]

JAFグランプリレースとしては、1990年の「JAFグランプリ全日本富士500kmレース」以来、20年ぶりの開催となる。

また今回、「技術の向上と産業の振興」を目的に国土交通省による後援のほか、SUPER GT500クラス優勝チームに対すて「国土交通大臣賞」が授与される。

JAFグランプリは、FIAの認定する「日本グランプリ」に次ぐ格付けで、JAF(日本自動車連盟)が各種条件を満たしたレースに付与するもの。

《レスポンス 宮崎壮人》

【4月2日22時18分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000045-rps-ent
 
   
Posted at 14:07/ この記事のURL
『沖縄美少女図鑑』が発掘した美少女“ヒガリノ”注目度上昇中! / 2010年04月03日(土)
 話題のフリーペーパー・沖縄美少女図鑑を通じて発掘され、ウィルコム沖縄のイメージキャラクターに抜擢された17歳の美少女・ヒガリノが沖縄を中心に注目を集めている。

ヒガリノのブレザー制服姿

 昨年CMがオンエアされて以来、街で声をかけられる機会が増えたというヒガリノ。さらに今年3月からは、沖縄・国際通りにウィルコム沖縄の大看板が掲出され、注目度は急上昇中。
「先日はタクシーの運転手さんにも声をかけられました。“あのウィルコムのコでしょ?”って。嬉しかったですね!」

 小さいころに芸能界に憧れて、『デ☆ビュー』を読んでオーディションに応募していたという彼女。一時はあきらめていたが、フリーペーパー『沖縄美少女図鑑』を手にして、「この雑誌に出たい」という気持ちが高まった。
「この応募をきっかけに、ウィルコムのCMに出させていただいて。こうして東京に呼ばれるようになったんですからね。トントン進んで、ちょっと驚きです」

 身長152cmに体重35キロと小柄だが、その素顔は元気で明るく、よくしゃべる高校3年生。4月から所ジョージと城島茂がMCを務める受験生応援番組『テストの花道』(NHK教育)に「勉強クラブ(ベンブ)」のメンバーとしてレギュラー出演も決定した。
「放課後は友達といれば、“口”さえあれば何時間でも持ちます(笑)。実は勉強はあまり得意じゃないんですけど、『テストの花道』に出演することで、「ベンブ」のみんなと一緒に頑張りながら、勉強が好きになれたらいいなと思います」

 プロフィールには趣味として「てびちの骨取り」や「エイサー(女踊り)」といった、“沖縄美少女”らしいものが並ぶが、
「“てびち”って分かります? 豚足なんですけど、その骨を取り出すのが好きなんです、宝探しみたいで。自分では食べないんですけどね(笑)。あとは絡まった糸をほどくのが特技。意外と地味なんです(笑)」

ヒガリノ/本名:比嘉梨乃●1992年5月11日生まれ、沖縄県出身。ウィルコム沖縄イメージキャラクターとしてCMに出演中。NHK教育『テストの花道』(毎週月曜午後6時55分〜7時25分)にレギュラー出演中。3月29日から、mixiの公認タレントとして日記を公開中(http://mixi.jp/show_profile.pl?id=27628586)

【関連】
NHKがケータイ小説をドラマ化!『激・恋』にミスヤンマガ・荒井萌とジュノンボーイ・渡部秀が主演 (10年04月02日)
入来茉里、共演者へのドッキリで絆深まる!? (10年04月01日)
アイドルの登竜門『ミスマガジン2010』ベスト16を発表 (10年03月29日)
AKB48「渡り廊下走り隊」が初の水着写真集発売 抱きつき魔のメンバー・なっちゃんは「お風呂では自重します」 (10年03月28日)
ドラマ『中学生日記』にイケメン非常勤講師が赴任! 南翔太が「コンビニティーチャー」演じる (10年03月27日) 4月3日9時0分配信 デビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000001-devi-ent
 
   
Posted at 13:30/ この記事のURL
初日はサスペンデッド、古閑美保が3アンダー暫定首位! / 2010年04月03日(土)
<ヤマハレディースオープン葛城 初日>◇2日◇葛城ゴルフ倶楽部(6,547ヤード・パー72)

 静岡県にある葛城ゴルフ倶楽部を舞台に開幕した、国内女子ツアー第4戦「ヤマハレディースオープン葛城」。難コース葛城が初日から牙をむいた。朝から悪天候のため3時間遅れのスタートとなった初日は、距離が伸びさらに難度を増したコースに加え強風が吹き荒れ選手を苦しめる。日没によりサスペンデッドとなったため暫定ながら、アンダーパーで回ったのはわずかに6人という数字がその難しさを物語っている。

 そんな中、残り2ホールを残してはいるものの単独首位に立ったのが08年の賞金女王・古閑美保。幸先良くスタートの1番でバーディを奪うと、苦しむ他選手を尻目に5番、8番でもバーディを奪い上位に浮上。ハーフターン後も11番でバーディ、13番はボギーとしたものの、16番まで終えて3アンダーとしている。

 ランキング上位陣が不在で古閑にかかる期待はいつもより大きい今大会。大会前に「誰がいようがいまいが勝つときは勝つでしょ」と語るなど気にする様子はないが、昨年未勝利に終わっているだけにそろそろ勝利が欲しい。やや長丁場となる2日目をしっかりと乗り切り良い位置で最終日を迎えたいところだ。

 すでにホールアウトしているイム・ウナ(韓国)、不動裕理、16番ホールまで終えたディフェンディングチャンピオンの黄アルム(韓国)が1打差の2位タイ、1アンダー5位タイに天沼知恵子らがつけている。なお、第1ラウンドの残りは3日(土)8時から再開される。

【初日の順位(暫定)】
1位:古閑美保(-3)※
2位T:イム・ウナ(-2)
2位T:黄アルム(-2)※
2位T:不動裕理(-2)
5位T:竹末裕美(-1)※
5位T:天沼知恵子(-1)
7位T:井上葉香(E)※
7位T:宋ボベ(ソン・ボベ)(E)
7位T:茂木宏美(E)※
7位T:李恩恵(イ・ウネ)(E)

※は未ホールアウト

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連ニュース】
竹村真琴、思い出の地で心機一転!「ルーキーらしく思い切り」
北田瑠衣が賞金ランキング2位に浮上!さくらは7位
最新の女子世界ランキング、古閑美保の順位は?
上原彩子がFMラジオのDJに初挑戦!
スパルタ?コーチ有村がジュニアイベントで熱血レッスン 4月2日19時8分配信 ゴルフ情報ALBA.Net
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000004-alba-golf
 
   
Posted at 12:53/ この記事のURL
「SIMロックに対する議論は勘違いだらけ」――ソフトバンクモバイル取締役副社長 松本徹三氏 / 2010年04月03日(土)
 「SIMロックに対する議論は勘違いだらけだ。総務省は何をやりたいのか?SIMロックの禁止なのか?それともSIMロック解除端末も併売し選択させることなのか?」。ソフトバンクモバイルの取締役副社長 松本徹三氏は2日、「携帯電話端末のSIMロックの在り方に関する当社の考え」と題する会見を開き、総務省によるSIMロック解除に向けた議論を批判した。この会見は、同日開催の総務省による「携帯電話端末のSIMロックの在り方に関する公開ヒアリング」に合わせたもの。

会見内容詳細

 SIMロック解除の主な利点として挙げられる「端末メーカーの国際競争力向上」と「消費者の利便性向上」について同氏は、「世界市場での日本端末メーカーの不振はSIMロックとは無関係だ。消費者の利便性についてもデメリットの方がはるかに大きい」と語った。

 同氏は、世界市場に進出するならば、既存の国内端末を流用するのではなくその市場の要求に合った端末を作る必要があるため、国内でのSIMロックの有無は関係がないと述べた。また、フィンランドのノキアや韓国のサムスンなどを引き合いに出し、国内市場での成功がなくとも投資によるブランドづくり等で世界市場で成功できると語った。

 そのうえで日本メーカーの世界市場での不振の原因を、日本独自の携帯用OS作られなかったため、ソフト開発費が巨額化し、1台あたりの端末開発の負担が増えたためとした。

 また、SIMロック解除により消費者が1つの端末でキャリアの乗り換えが容易になるとされている点については、メリットよりもデメリットの方がはるかに大きいと語り、以下のような理由を挙げた。

1. 端末価格の値上がり
 SIMロックを解除して1つの端末を全てのキャリアで使えるようにするためには、端末メーカーが異なる通信事業者のネットワークで動くように端末を製造しなくてはならない。実際には事業者によって周波数やセンター設備でのサポートの仕方などが異なるため、メーカーはそれぞれのネットワークに対して動作環境をテストしなくてはならなくなり、多大な時間とコストがかかる。その結果端末価格を値上げせざるを得なくなる。

2. キャリアによるサービス、サポートの低下
 ユーザーによるキャリア間の行き来が自由になると、サービスに関して問題が起きた場合責任の所在が不明確になる。ユーザーは問題が起きたら複数のキャリアやメーカーに問い合わせざるを得なくなる。つまりたらい回し状態となる。また、他キャリアへ移行した場合のサービスの違いなどを細かく説明しなくてはならなくなり、販売員の負担が増す。氏は「店頭説明の責任というのは重い」と強調する。

3. ネットワークに対するコントロールの低下
 いままでの音声通信に加え、多量のデータが送受信されるようになるにつれて、ネットワークのパンクを防ぐため、キャリアが自社のネットワークをよりコントロールする必要が出てくる。具体的には、一定環境下では、3Gネットワークではなく、まずWiFiを利用するなど仕組みづくりをしなくてはならない。サービスが1つの事業者に統合されていなければこのようにネットワークをコントロールすることができない。たとえばハンドオーバーなどの仕組みをどう実装していくかなどの問題も残る。

4. 料金面の負担増
 キャリアは、ユーザーが自社の通信回線を使ってもらうことを前提に、端末価格を設定しているため、ユーザーが自由に他のキャリアに乗り換えられるようになると、採算が取れる端末価格の見極めが難しくなり、高めの値段に設定せざるを得なくなる。端末代の支払いが24カ月後に終了した際に、SIMロック解除を可能にすべきとの意見もあるが、それで上記の問題が解決しても、各ネットワークに対応した端末の製造コストや、キャリアによるサービスの低下などの問題は残る。

5. 犯罪の助長
 現在購入した端末のSIMロックを外し国内外で売り捌くというようなケースが多発しているため、ソフトバンクとしてはこのような犯罪を防止するためSIMロックを一層強化する方向で検討していたが、SIMロックが強制的に解除されることによって、このような犯罪を助長することになる。

6. 基本的な問題
 現在W-CDMA方式やCDMA方式などキャリアごとに異なる携帯電話規格が採用されており、これが次世代規格のLTEで統一されるとSIMフリーの実現も容易になると言われているが、仮に各キャリアのシステムがLTEに統一されても、周波数の違いがあれば、音声通話などの基本サービスすらできない。

 上記のような理由を挙げた上で、松本副社長は「総務省などでSIMロックの問題が議論される際、このような事情が言及されることはなく、当事者であるメーカーへの聞き取りも十分に行われていない。深い議論なしに思いつきレベルで本当にSIMロックが全面解除となったら日本経済は崩壊する」と述べた。

 また、2008年から導入された割賦販売制度によって、08年度のソフトバンクの携帯国内出荷台数が大幅に落ち込んだ件に言及し、「SIMロックを解除することによって販売台数や売上がさらに落ち込むのではないかと懸念している。経済にも悪影響を及ぼす可能性がある」と語った。

【4月2日20時16分配信 RBB TODAY
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100402-00000033-rbb-sci
 
   
Posted at 12:16/ この記事のURL
携帯向けスタンプラリーゲーム用の機能をパッケージ マピオンの「スタンプラリーASP」 / 2010年04月03日(土)
 マピオンは、携帯電話向けスタンプラリーゲームを提供するのに必要な機能をパッケージ化した「スタンプラリーASP」の提供を開始した。

 マピオンは、自社で提供する携帯公式サイト「マピオンモバイル」や「ケータイ国盗り合戦」のノウハウを生かし、位置情報を活用した携帯電話ゲームの法人向けサービスの検討を進めており、スタンプラリーASPはその一環として提供。初期費用30万円から、最短1カ月程度で導入できるという。

 第一弾として、全日本空輸がANA SKY MOBILE内のスタンプラリーゲームの開発で同ソリューションを採用し、4月1日からスタンプラリーゲーム「ANAスタンプラリー」を公開。コースを達成すると、eクーポンが抽選で当たるプレゼントに応募できる。

 スタンプラリーASPの対応機種は、ドコモがFOMA70x、90x、STYLE series、PRIME series、SMART series、PRO series(iモード対応機種のみ)。auはWIN端末とA5000系端末、ソフトバンクモバイルは3G対応端末。

(プロモバ) 4月3日0時49分配信 +D Mobile
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100403-00000005-zdn_m-mobi
 
   
Posted at 10:40/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!