現物債はレンジ下限

June 09 [Tue], 2009, 21:57

債券12時50分 先物、小動き 現物債は底堅く推移
投資顧問に聞いたけれど、8日午後の債券市場では、先物相場が安い水準で小動きとなっている。先物中心限月の6月物は前週末比40銭安の136円44銭と午前の終値と同水準で寄り付いた後、やや下げ幅を広げている。商品投資顧問(CTA)の売りや堅調な日経平均株価が相場の重しとなっている。一方で限月交代を見据えた6月物の買い戻しや、割安感からの買いも入り、方向感に欠ける展開となっている。

 現物債は底堅く推移。新発10年物国債である301回6月債の利回りは前週末比0.025%高い1.520%で取引されている。米国債安を受けて売り先行で始まったものの、押し目買い需要もあり下げ渋っている。新発5年物国債である81回債は0.045%高い0.840%、新発30年物国債である第30回債の利回りは前週末比変わらずの2.260%で取引されている
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jbdncjs
読者になる
2009年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jbdncjs/index1_0.rdf