ウォーキングJAZZ開始

September 21 [Fri], 2007, 20:09
イースト・ウエスト
バターフィールド・ブルース・バンド


ある事情により、毎日朝と夜、必ずウォーキングすることになった。食事療法と軽い運動を医者に勧められたのだ。これを聞いて病名は分かる人には分かると思う。(それは別なところで書いていくとする)

はじめは結構ショックでやる気もおこらず、ちんたら歩いていたのだが、3週間くらいして、ある瞬間に急に足に力が入るのを感じて、前向きになった。

それまでもMP3で音楽を聴きながらあるいていたのだが、どうせ歩くなら、ウォーキングのための音楽を探して、レコード評を書いていこうと思い立った。

夜歩いた後、MP3にCDを丸ごとコピーし、次の日の朝とその夜に聴く。ライナーノーツは通勤電車でさっと目を通し、それは一応基礎的な知識として、このブログの方針通り、自分の感性で書いていく。

これを思い立ったのだ。

ということで一枚目はなぜか、白人ブルースのはしりの「バターフィールド・ブルース・バンド」の2枚目のアルバム「イースト・ウエスト」。2枚目といっても最近の話じゃない、録音は1967年。私が13歳の時のLP。(もちろん今回はCD化されたものを聴いているが)

リーダーがポール・バターフィールドでブルースハープとヴォーカルを担当。メンバーにマイク・ブルームフィールドというギターの名手が加わっている。そしてこのマイク・ブルームフィールドがエッリク・クラプトンに多大な影響を与えた人物なのだ。このCDを聴いてクラプトンのアイ・ショット・ザ・シェリフ(この曲はボブ・マリーのカバー曲だが)を聴くと影響がよく分かる。

白人ブルースのまさに先駆的なグループなのだ。そういう意味で取り上げた。JAZZとの関連でいえばバターフィールドがブルースハープで吹いたナット・アダレイの「ワーク・ソング」が入っていて聴かせてくれる。

もちろんお勧めの一曲はアルバムタイトルで最後の曲の「イースト・ウエスト」。マイク・ブルームフィールドとエルヴィン・ビショップのギターバトルが聴きどころ。なぜかブルームフィールドがインドのシタールの音をまねたギター奏法を披露している。おそらくタイトルもそのことを意識して東西なのだろう。
  • URL:http://yaplog.jp/jazz/archive/37
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。









私のサイト

クリックで始まるコーヒーワンダーランド




Book Lovers' Cafe ブックカフェガイド



Twitterでも発信しています。フォローをお願いします。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jazz
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:会社員
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-独断でJAZZを語ります
読者になる
大学時代はジャズ喫茶通い。もっぱら聴くことに専念。途中楽器も持ってはみましたが、ものにならず。すでに50歳を越えましたが、いまだジャズへの憧れと好奇心は消えず、ひたすらニューオリンズで暮らす夢を追いかけています。 詳しいプロフィールはブラックコーヒーさんのプロフィール - livedoor プロフィールへどうぞ。最近、facebookでの活動が多くなり、ほぼ仕事も名前も公開しています。ちょっとセルフブランディング中といったところです。 どうぞよろしくお願いします。



【私の他のサイトにもどうぞ】










最新コメント
【拡散−自分用のメモ】
ブログを書いたときに確実に拡散する手順
----
FBに連携    自分のウォールに
twitterに連携 登録済みアカウントに
ping送信    ブログに登録したpingサーバーに向けて
---
以上はブログに設定しておけばOK
----
1)一記事表示にしてサイドバーに付けたping送信サービスをクリック
2)FBページ:ほんとはJAZZが好き!に投稿 これは手動
3)他のtwitterアカウントで記事下のソーシャルボタンを使ってツイート
4)ついでに同じところにあるmixi,g+もクリック
5)余裕があれば自分の他のブログに紹介記事を書く
6)イベントの場合はイベント登録サイトに登録してみる
7)よく書けた記事はtwittbotに仕込む
6)広報価値があると思うものはプレスリリースをだしてみる
-------
ここまでは無料でできること
6)どうしても拡散したいときはFB広告を出す
7)500円でできるココナラのサービスを使う

拡散(アクセスアップ)のための未完成のメモです。