HERO 

December 22 [Tue], 2009, 2:22
思えば


君は私のヒーローだったのかもしれない。





試験で悩んでいる時に

久々にひょっこり現れて

私の好きな話題で元気付けてくれた後に

頑張れよって声を掛けてくれた。





それ以来



新聞のしつこい勧誘が部屋に入ってきそうになったときも

強い地震のあった夜も

寂しかったときも

心配してメールしてくれたね。





すこしばっかり有名で

周りからすごいと囃し立てられる君は

いつでも

私のsupermanだった。




私の希望だった・・・










私のことなんてどうも思っていないのなら

逆によかったと思う。



でも

もし、すこしでも気に掛けてくれているのだとしたら

私は



彼に一番プレッシャーを与えていた人間なのかも知れない・・・





私は彼の活躍を知っている

だからそれに順ずる応援をしてしまう。

期待をかけてしまう。



私の「頑張ってね」が

もし、彼にとって重圧で

彼が思うように空を飛ぶことが出来ない原因ならば



私は


よくしてくれた君になんという仕打ちをしてしまったのだろう。










ヒーローにただ、お礼が言いたくて

私ができる最低限のことをした

それは私にとってかなりのストレスであったけれど

彼が喜ぶならば、それでいいとおもった。




でも、それは何の役にも立たなくて。




そのうえ今、

彼は本当に飛べなくなりそうなんだ。






私は彼を助けてあげたい。

マントや羽を与えてあげたいのに

私にはそれができなくて。


ヒーローは

私に決して弱点を見せないから・・・






私は何をしてあげられるのだろう。

何も出来ないのかな・・・





私こそ



あなたのヒーローになれたらいいのに・・・

本気で正夢だよ 

November 19 [Thu], 2009, 0:44
朝見た夢

覚えてなくなんかない
かなり鮮明に覚えている



そして
今日の夕方偶然観たHP
載っている写真

そうか




「よかったね」

まだ決定したわけじゃないけど。



このままうまくいけば
夢、叶うじゃん。



「よかったね」











本当は
そんな気持ちになんて到底なれないの知ってる。
でも
ある意味良かった
まだ査定段階の時期で。
ちょっと遅咲きだけど。


正式に決まってニュースでやっているのを突然知ったりしなくてよかった
そうしたら絶対に


「よかったね」

なんて本人に言えない。





私は心から素直に
「よかったね、おめでとう。」


ってメールで言ってあげたいから。


君の口から聞く前に
こっそり知ることが出来てよかったよ。

ましてや君は
こんな「遠いオトモダチ」なんかにいちいち大事な報告しないだろうけど。





向こうのホームは
そこまで遠くないから
まだいける範囲だけど
それとこれとは別

私自身のプライド
・・・捨てちゃえばいいんだけど
小さい頃から身に着けていた鎧は
簡単に捨てられるものではないから。

あなたもいつか着ていた
赤い鎧。






ねぇ、

いつか
絶対帰ってきてね。

そしたら
私が一番のファンになる。









こんな素直な言葉

いったいいくつになったら言える様になるんだろう。












本気で失ってしまうのだろうか。

よけいに遠い存在になっちゃうな・・・









やっぱりあの頃・・・
・・・って後悔したってしょうがないのは分かってる。



やっぱり馬鹿なのか、私は。

失ってからしか気づけない
失いそうでもつなぎ止めることが出来ない





怖いから。







あーぁ
君もほかの人々と同様、モデルと結婚するのかなー笑(エナイ・・・)

 

November 13 [Fri], 2009, 0:51
もぉ自分にはあきれるわ。



今までに気づいてればこんなこと思わなくて済んだのにねー
「いやいや、彼はただの昔っからの友達!!」

↑あっそ。




結局はさ
ずっと前から気になってたんじゃん。

「今日は●●(プロ)と試合するよ!!」
とか

「今の地震大丈夫だった??一人暮らしだから心配で・・・」
とか

「寂しかったらいつでも行くから、暇な時は言えよ!」
とか



・・・ばか。




そうやって言ってくれていたときに
君をちゃんと見ていれば
こんな喪失感
味わわなかったはずなのにね。



そして
今年の誕生日の君の
去年とはうって変わって短い、「早く彼氏でも作れよ!笑」メールも
噴出しつつも
ちょっと「彼女できちゃったのかな」とか気になったりしてたくせに


「・・・いやいや、あいつは昔っからの・・・」で
全否定だった私


あーぁ。





大事な人こそ
すぐそばにいるって
ある歌で言ってたじゃん。





なんで私はいっつもそれが
気がつかないんだろう。



あいつはそばにいてくれるって
根拠のない確信持って。



前回の日記に書いてるけど
自分の恋がうまく行っていないときに


「彼氏とかいないの?」って
そんなの、分かってるくせにメールしてきて。

「ずっといないよ・・・好きになった人からは好かれないタイプみたいで笑」
って、ちょっとドキドキしながらへんしんしたけど

帰ってきたのは
「俺も出会いがなくて・・・(私の)周りに良い子いない?」



・・・そして紹介した私も私。
したくないならしなきゃいいのに。


でも結局うまくいってないみたいで
2〜3日で止まったらしい。

勇気を出して
先週メールで最近どうなのって聞いてみたけど
(↑これはチキンな私にとってかなりの進歩だった)

結局のところ
向こうの話を肯定しながら遠まわしに核心さぐっていったら


顔見知りじゃないからメールしづらいらしい・・・




じゃあなんで紹介させたのでしょうかね。


男の子ってわかんない。






ちがう
きっと私が彼を気にしているからわからないんだ。


でも彼からしたら
もぉ


私になんて興味ないんだろうなぁ・・





しかもメールしたって月1ペースだし・・
(前からそうだったけどさ)
んー



はぁ。






前に気になってた子が本当にどうでもよくなっちゃったぐらい
悩んだ。


1ヶ月悩んで
ようやく幼馴染の大切さに気づくとか、
バカみたいだわ。




そしていつまでたっても
ふわふわしている自分が


嫌。





せっかくブーケ受け取ったのに
わたしの幸せはまだまだ先のようですね。

ただのわがまま女 

October 06 [Tue], 2009, 2:45
10日以上言葉も交わさず

目があってもそらされる


もう気のせいじゃない気がしてさ




辛くて



そんなときにバイト先のイケメンから
何が言いたいのかさっぱり分からないメール
別にこっちは乗り気じゃない・・・
だってあなたのこと良く知らないし。




そして幼馴染からの突然のメール

彼氏いないの?

そんなこと聞かれたら誰でもびっくりするでしょ?
それとも、そういうのになれていないだけ?

・・・かもね。


ちょっと期待しちゃうじゃん

ずっと応援してたから
なんかへんな錯覚するじゃん

ヤキモチ妬くじゃん
「誰か良い人紹介して」だなんて

じゃぁ彼氏いないの?って何のために聞いたのよ・・・社交辞令か!!!



もし必要なら良い人紹介するよって
そんなこというんならじゃぁ例の人のお兄さん紹介してくださいよー!!!
偉人の親戚になれるから!笑

それともあの人紹介してくれるかしら?
未来の選手の奥サンとか素敵ー♪


いや、そうじゃなくて
なんか変な気分。

なんだか
幼馴染とられちゃった気分になっちゃった・・・


その女の子はわるくないけどね。
私が紹介したぐらいだし
むしろその子達(2人紹介した)
めっちゃ良い子だし

片方は高校からのともだちだしね。
一緒に歌ってきた仲間。



あーもぉなんでだろ。


自分の恋がうまくいかないからって
他人の気持ちにヤキモチ妬いて・・・



自分だけ見てほしいって言う
ただのわがまま女じゃん・・・



私、最低だな。




うん
いつか幼馴染に
よかったねっていえる日がくるといいな。


よかったね
あの子が居たから君は頑張れたんだよってね。



きっと彼女達なら
彼を支えられると思うから・・・

何で? 

October 01 [Thu], 2009, 22:44
なんでかわかんないけど
最近、というかここ一週間避けられているような気がするのは気のせいかな?


私が、相手に友達がいると声かけられないから
それでなにか勘違いされているか


それとも、私・・・何かしたっけ?
いや、何もしてないと思う。
第一がんがんに押せるタイプじゃないし。
相手に嫌がるようなこと言ってないはずだし。

頑張って話しかければ普通に答えてくれるけど
なんかまた振り出しに戻っちゃったような感じがする。


ちょっとまえなんか何でも私に聞いてきたし
いつも笑顔で声かけてきたのに



意味わかんないよ・・・
嫌われちゃったのかな



このせいじゃないとはおもうけど
最近ずっとおなか痛いし寝られない。

3時間寝られたらいいほうで、授業中すら眠気が来ない。





しかもしばらく会えないしね
私が怪我したから。

授業中も違う席だし。
向こうは女の子と二人でいるし。

なんかずるい↑笑




そして残念なことに
彼の好きな子は学校で相当有名で人気がある。
個性的だし明るいし。


だからこそ私がこんなにどんよりしてたら
余計にダメなのはわかってるんだけど





なんかへこむ。

もぉー! 

September 22 [Tue], 2009, 22:30
そうやって結構どうでもいいことを突然メールで聞くー!!
確認だったら昨日会った時にできたでしょーがッ!!!


Yes/No Questionだけだと
はい、いいえ以外に答えようがないでしょー



ちょっと付け足して送ったけどさ
いつもならお礼メールとかくるはずだけど何も来ないしさ


なんかよくわかんないよー



んー



考えても無駄なのは分かるけどさ



きっと不思議ちゃんなんだろうな・・・

かぜ 

September 20 [Sun], 2009, 4:56
きっとその人限定なのか

それとも
心配してくれる人がその人ぐらいしかいないっていうだけなのかもしれないんだけど笑


風邪で休んだ後のメールとか
会った時に

「風邪、大丈夫ですか?」
「治りました??」

「よかったですね」

っていう一言をもらうと


なんだかきゅんとする。笑

なんでだろうね 

September 18 [Fri], 2009, 22:25
なんでそこまで私を慕ってくれているのか全然分からないんだ

ただ、ものすごく信頼してくれてるんだろうなっていうのだけはわかるんだ。
年齢のせい?男性だと相談しづらいとか?
でも女兄弟とかいないよね?
不思議でしょうがないよ。

一緒に授業とりましょうって言うのは凄く嬉しかったんだ。
ファミリーとかって言うのもね。笑
いや、でも弟とかにする気はないよ、弟はほしいけれど。笑


ひとつだけ言わせて貰うけど
落ち込んでるときのフォローはね
もっと笑えるネタにしようね

「元彼女が妊娠した」とか、そういうの笑って話すネタじゃないからね。
リアルに私、あなたの気持ちがひしひしと伝わってきてダブル凹みしたぞ。

むしろ逆に慰めなきゃいけない立場になったぞ。

とりあえず父親があなたじゃなくてよかったね。
俺じゃないっすって笑いながら全否定してたよね笑
疑ってわるかったね笑



一緒に履修相談に乗ってあげてた女の子に
「なんかもぉ二人の信頼関係が厚過ぎてあいだに入れないっす。申し訳ない」
「あいつまじ●●さんのこと超好きっすよね。まーなんか好きな人いるとか言ってるから、どの好きなのかはわからないけど。」
とか言われてまたそこから若干凹んだよね。

だって私の気持ちはその子に言ってないわけだし。

むこうには心に決めた女性が・・・ね笑



まぁいいや
もぉいいか

仲良しさんだから。

とりあえず今後ともよろしくってことですよね。


あ、でもまた私にいろいろゆだねるとか言わないでね笑
責任とれないんで・・・汗

嬉しいような・悲しいような 

September 08 [Tue], 2009, 1:24
今日の飲み会でいろんな人に突っ込まれてて

彼は暴露してたけど


やっぱりまだ例の「雰囲気のある子」が好きらしい
どうやらあの独特の雰囲気と勝手に向こうから話しかけてきた
っていうのにやられたらしい。
気がないならそういうことしないでほしいと言っていた。

彼の周りに、その子に5人ぐらいアドレスきいたり、アタックした人が居て
全部失敗してるから
人伝いにアドレス聞いてむりだったんで
もうあきらめたほうがいいんじゃないかって・・・という話をきいた。



その例の子が羨ましかった。






正直勝てないなってすっごく凹んだ。






それで
上の人の指示通り席を動いて
違うテーブルになって

彼のいるほうで何かの話で大盛り上がり。

彼にいきなり名前を呼ばれて
なにかとおもったら。

「見ないでパソコン(キーボード)うてるんすか?やばいっすね」


なんじゃそりゃ。



その後も履修の話で盛り上がってるかと思えば・・・


後々女の子の後輩に

「あいついいやつっすね。●●さん(私)のこと「神」っつってましたよ!!!」

「あいつ●●さんのことすっごい尊敬してますよ。」


・・・んー





嬉しいんだけどでも

彼は話の途中で私に向かって

「そーやってできないできないって言ってるような人がさー実際まじできるんすよねー。俺ら本気でできないのに。嘘つくなよーって感じ。」

「まじかなわないっす。」



これってさ

おもいっきり女の子として見られてないよね?

先輩としてはそれは名誉なことだろうから
ふつうは喜ぶべきところなんだろうけれど
素直によろこべないかな・・・


だって完璧主義な人を誰も守りたいって思わないじゃん。



私、
あなたが思っているほどできないよ?
言っても信じてもらえなかったけれど。


むしろ
あなたのコツコツ勉強するところを尊敬するぐらいなのに。


それを少し伝えたところで
「とかいってそういう人ってそこまでやらなくても、そこそこできるじゃないですか。」って。


そんなんじゃないのに。

私はもがいても出来ないことばかりだし、
今なんて努力すらしてない。
やろうと思っても、コツコツやれる精神力もないんだよ?




と思った。





尊敬されるのはすごく嬉しい
でも


私は神なんかじゃないよ・・・


いつか普通の女の子としてみてくれるかなぁ?

・・・なんか気持ち悪いな私。

↓その後 

September 05 [Sat], 2009, 1:51
兄さんから誤解をとく電話が来た



取る時にいらいらを隠しながら取った

だってどうせこうなることはわかってたから。




解決するってこと。
そして無駄話によってうまく丸め込まれるってこと。


1時間半


まー
ようしゃべるわ。



いいけどさ。









そして許す私。
というより私も誤解してたからね。
ちょっぴりお互い様だね。
ごめんね。




でも今後の、あの彼の私に対する態度は
どうなることやらって感じで。



ただね
心配になった。
彼の周りが。

思っていることが。










そして兄さんの話をきいて

あの子が今日私のところへ来たのは
きっとほかに心許せる人がいなかったからだってわかった。
一緒にふざけられる子はいても
心底、腹割って話せる人がいないんだって思った。
とくにうちの団体の中では。

なんかかえってそれがわかって嬉しかった。
ほかの子にはきけないことも
私には聞いてくれるんだなって。
私とは話してくれるんだなって。

気になっている子がいるとか
勉強の仕方とか(私もわかんないけど)
履修の仕方とか


今日たくさん兄さんと話しをしたみたいだから、
兄さんにもこれからはいろいろ話せるようになると思う。
むしろ、団体の活動についての悩みは、私じゃわかんないだろうから
兄さんに聞くのがベストだと思う。
よかったね。
・・・悪いほうへ引き寄せられなきゃいいけど笑

なーんてね。
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31