Bakerのミツオビアルマジロ

April 19 [Tue], 2016, 13:51
私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、親からの虐待を心配される程、悲惨な見た目でした。
ありったけの方法を試してみても、効果を全く感じなかったのに、家を住み替えたところ、急に肌がキレイになり、痒みもなくなりました。



いっそ環境を変えてしまうのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。

主に1〜5歳くらいの子供が、インフルエンザ感染し、熱が出た後、急激に意識障害やけいれん、異常行動等の症状を引き起こすのがインフルエンザ脳症といったものです。インフルエンザ脳症は、命にも関わってくる深刻な疾患であり、治った後に後遺症が残る場合もありえます。
私にとっては乳酸菌サプリメントといえば、やはりビオフェルミンです。まだ小さかった頃から存在していたサプリであり、下痢や便秘や腹痛で苦しんでいたときも、たえず私のお腹を守り続けてくれていました。
「人には人の乳酸菌」とCMのセリフでありますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、ビオフェルミンとなるのです。便秘になってしまったとしても、薬に頼れば簡単に、解決することができるとは思いますが、薬にばかり頼るのはよくないので、やはりまず最初に食事を見直してみてください。
実際、食物繊維が豊富に含まれた食べ物を摂るのが効果的で、不溶性、水溶性の2つの食物繊維をバランスよく摂ることが重要です。野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。ツボで便秘に効果があると有名な、おへそから両側に指に2本分程度離れたところに存在する天枢(てんすう)です。


後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。手の近くには支溝(しこう)と外関(がいかん)と、いうツボがあります。便秘の種類によっても、効果があるツボが違うので、自分に合ったツボを押すことで効果がでやすいでしょう。ここのところの研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌にとても効果があるということが知られてきました。

というのも、インフルエンザといったものはワクチンだけで全て防ぐことはできません。日頃から乳酸菌をしっかり取り入れることで免疫力が上がって、インフルエンザを防いでくれたり、症状を軽くしてくれる効果が高まると言われます。



妻は花粉症になってしまったから仕方なく、乳酸菌ドリンクを摂るようにしました。2年前より花粉症を発症してしまって、鼻水とくしゃみが止まらない状態になりました。でも薬を利用するのは気が乗らなかったので、この間、テレビで紹介していた乳酸菌ドリンクを試用しました。


現在の段階では、これで花粉症はだいぶましになってます。インフルエンザは風邪とは異なるものと聞きます。症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、急激な高熱となって、3日から7日程度それが続きます。型によって、筋肉や関節の痛み、腹部の痛みや下痢など症状に少しのが見られます。しかし、肺炎をおこしたり、その上脳炎や心不全を起こす場合もあり、恐れるに匹敵する感染症です。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:悠人
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jarpa4fcieaa1n/index1_0.rdf