山形 温泉旅館 ということなら

July 24 [Tue], 2012, 7:45

事業を停止し自己破産申請の準備に入ったことが明らかになりました。別名鶴脛の湯と呼ばれ、長禄2年1458、肥前の国佐賀県の月秀という旅の僧が、沼地に湧く湯に一羽の鶴が脛を浸し、傷が癒えて飛び去る姿を見かけたのがはじまりといわれています。 弟子キャラ1号はこの春、去年引っ越していった親友を訪ねて山形へ新幹線で一人旅をしている。 国は再生可能エネルギーの有力な候補の1つに地熱を挙げているが、旅館側は温泉が枯れるとの懸念が強い。 その温泉街のなかでも見事な温泉旅館 山形県あつみ温泉たちばなや を訪れました。 写真は山形県の湯田川温泉にある久兵衛旅館。 山形 温泉旅館

イッセーさんの一人芝居の新しさは、誰も取り上げなかった事象を舞台化した。ペットとも一緒に泊まれる宿。千と千尋の世界観。島原温泉ホテル南風楼は、創業104年を誇る島原市最大の老舗温泉旅館。マスコットのウサギがトイレのマークになってたり。家庭的な安らぎのある宿。

P R
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jar28tko/index1_0.rdf