補正予算の財源、3兆円規模を確保 国債増発は回避へ

September 25 [Sat], 2010, 10:43
菅政権が臨時国会に提出を検討している今年度補正予算で、国債を追加発行しなくても、3兆円規模の財源を確保できる見通しとなった。お金のメドはついても、参院の過半数を野党が占める「ねじれ国会」で、野党の協力を得られる保証はなく、壁は厚い。

     ◇ シャネルスーパーコピー 
ロレックススーパーコピー
スーパーコピー財布
brandcopy


 自民や公明などが求めている補正予算の規模は4兆〜5兆円。政府が追加経済対策として決定済みの約9200億円分をそこから除けば、「3兆〜4兆円」というのが補正の相場観だ。

 現在、政府内で検討対象となっている財源は、(1)2009年度決算で使い残した剰余金(2)10年度の税収の上ぶれ分(3)金利低下で、国債の利払いが想定以上に少なく済んだ分――の三つだ。

 09年度決算では、約1.6兆円の剰余金が発生した。法律上、このうち半分は借金の返済にあてなければならないが、0.8兆円は補正の原資にできる。それ以上使うには国会で新たに法案を通すことが必要で、野党の合意があれば、1.6兆円全額使うことも可能だ。 シャネルスーパーコピー 
ロレックススーパーコピー
スーパーコピー財布
brandcopy

 10年度の税収は、昨年末の予算編成段階では厳しく見積もっていたが、法人税が思ったほど落ち込まず、「税収全体で2兆円程度上ぶれする」(財務省幹部)見込み。このうち、地方交付税などへ回す分を除き、1兆円程度は補正原資にあてられるという。

 国債の利払いも、2%で見込んでいた長期金利が1%前後に下がっていることから最大1兆円程度、節約できる可能性がある。この結果、三つを合わせて3兆円規模の財源を工面できる見込みで、計算上は、野党の要求額をほぼ満たすことができそうだ。
シャネルスーパーコピー 
ロレックススーパーコピー
スーパーコピー財布
brandcopy
     ◇
 財源が確保できても、臨時国会で補正予算を成立させるためには、二つの高いハードルがある。

 一つは、ねじれ国会で、野党の協力なしには予算を成立させるのが難しいことだ。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/japanlv/index1_0.rdf