アスペルガーは

November 05 [Thu], 2009, 13:00
【アスペル街】は先天的な脳機能障害という限り,【アスペル街】ウイの人が【アスペル街】的でないだと言える言動は,「嫌いでどうにもならなかったが,仕方なく訓練して,習った言動」以外にはありえなくなってしまう。

すなわち,自身が【アスペル街】という事実を知って,楽しく戯れながら遊ぶことランナカヨ【アスペル街】広報関係されるのがなろうとする時,それは本当に【アスペル街】が先天的な脳の機能のために発生する言動の可能性が高いためだ。

【アスペル街】脳のために,抗得ない言動がある。 すると,無意識的なのでしてしまう行動なのか,自身が好む行動は,全部【アスペル街】であるためだろう,として取りまとめることができる。

したがって,【アスペル街】ウイ啓蒙においては,「自身の脳に無理なく一致する人生の態度」が以上として掲げる。

しかし,そのような以上には健いつも(普段)者(煮込んであえて使う。 なぜなら,【アスペル街】は当事者が積極的に障害を自称するというために)ローマ低度やっと到着することはできない。 したがって,「環境が変われば」 「周囲が理解していなければ」という着地点に降り立つ。

「私は【アスペル街】です! 先天的です! 」

その宣言は,からだが良い「私は先天的バカです! 」の言い替えるということがトェギシプサン,あるいは捉えることができる傾向があられてしまいやすいことではないだろうか? 私はそこを気にかかる。

当事者が「【アスペル街】です」と積極的に宣言することで,彼らは一層さらに「詰まってまぬけなことですね」と考えられる位置に持って行くことができるのではないだろうか?

「ウン! そのとおり! したがって支援して! よろしくお願いします(銀ぁだと」と話すような勢いならば,それはそうと意に介さないことだが…….

先天的な脳機能障害だから,【アスペル街】ウイ卒業はありえなくなっている。 卒業したことのように見えるそれは,偶然に本人の【アスペル街】脳に一致した生活を送ることができるのか,【アスペル街】脳の欲求に抵抗して我慢して耐えているのか,どちら認可であろう。

したがって,私は「私は【アスペル街】繋いでくださいよ! ? したがってこのようにして受けなければ困ってくださいよ! ? 」という彼(女)の言動まさにそれもまた,「ア,そのようにして話すのも【アスペル街】であるためですね? 」と答えなければならなくなる。

この前にメールの回答をくれたNPO法人登校拒否情報センター理事長・マツダ(松田)タケ(武)自身種で楷書も,【アスペル街】を自ら認めて来られる方であるから,彼のメールに対しは「ア,そのように考えるのはあなたが【アスペル街】であるためで向こう脛」 「【アスペル街】ための想像の方法ですね」等だと話すことができてしまうことだ。

「違います! これは後天的に学習した言説です! 」つけてその(女)が答えることならば,「先天的機能障害を凌駕して,後天的に学習して納得できることがあるとすることならば,すでに【アスペル街】が先天的な脳の機能障害と話せないことでええ? 」と考えてしまう。

積極的に【アスペル街】を引き受ける当事者は,どんな言動に対しも「【アスペル街】であるためですね? 」 「君は【アスペ】であるためになぁ」 「あのように,ペミルが,普段の【アスペ】症状ですね」と考えられても,納得しなければならない。

しかし,積極的に受け入れたことの【アスペル街】なのに,もしそこで不合理だということを記憶して,「【アスペアスペ】話すな! 」と話し始めるとすれば……難しい。



私は【アスペル街】症候群の当事者を促したいのではない。 だいぶ,【アスペル街】を資料に,アダルト チルドレンと比較して,哲学らしいことができる材料になっていることだと考える。

アダルト チルドレンに関しては,蟻である言動が皆両親との関係性に起因する,というように捉えることができる。 そして,ACを啓蒙しまくろうとするその態度が「 ACための依存的な言動ではないの? 」と話される時,「オ,そんなことかも」と考えられることだ。 なぜなら,ACはあくまでも後天的な環境要因と,医学に従わない”自覚”のため。

もし【アスペル街】を積極的に自覚できる人がいることならば(多い……)私はそれはACであることではないだろうかと考える。



脳に先天的な差があるのを認めるということ。

この行為は,もう少し倫理的な事故(思考)が必要なことではないか(倫理,しばしば(よく)知っていないけれど……).

脳にまで逆らってこようとするがならば,過度に最強であること. 今の時代においては。

それならまだ新側がより良い……なのか?その



私の場合,誰かにはすでにカミングアウト(coming-out)完了全部場合があるといって,その誰かから私の言動に対し「あなたは同性愛者であるためですね? 」と呼ばれれば,虫唾(針)が走りそうになるかも知れない現象がある。

そして,同性愛は生まれてな性質だと呼ばれることにも,抵抗が感じられる。

【アスペル街】への会議も,この近所と関連している。

いや,最も関係しているのは,多分,お母さんからゆがんで与えられたキリスト教による,「皆は神の計画のとおり=君の意志(医師)は関係ない」というメッセージ。



【アスペル街】症候群に対して,私の今の段階での考えは,「社会的にそのように言われないわけにはいかない人々」.

すなわち,【アスペル街】と話すようになる人の大部分は,誤診に過ぎなくては,ということ。

あるいは,構造的に「自身がこういうものは,環境的要因,社会的原因にある」という発想に達するようにして頂けなくなった人々,という。

「ア〜なので自身はこのようになったことであろう!? 分からない! 全く分からない! 推し量れない! 何がならないものか,まったく分からない! 」という大使が人々から出身なければならない社会は,何かおかしな気がする。 その終わりに,個人の先天的期質にまで原因を追って送られるとは……という感じる。

より一層話せば,個人的には,「話をより一層奪われてしまったアダルト チルドレン的な存在」であろうで考える。 (アダルト チルドレンだと厳しく責めたいものではなくて,アダルト チルドレン的な構造理解(利害)は,引用することができると考える,という程の意味.

相互リンク-01

January 07 [Wed], 2009, 18:33

アダルトチルドレンとは

December 28 [Sun], 2008, 13:41

アダルトチルドレンとは、機能不全家庭で育ったことが原因で、大人になっても精神的な障害を持っている人のこと。 Adult Childrenの頭文字を取り、単にACともいうが、学術的名称ではない。 子供時代に子供らしく過ごすことが出来ず、そのまま大人になった人たちです。 両親の過剰な期待、過保護、干渉、無視、精神的虐待、過暴力(言葉による暴力)など。 本来子供は一人の人間として尊重され愛され成長するものですが、一人の人間として十分に尊重されずに子供時代を過ごして大人になった人達です。 子供時代、のびのびと自由で楽しい体験することもなく、そこから獲得される大切な自己信頼感、心の豊かさ、情緒的安定などの能力を十分に得られずに大人になった人がアダルトチルドレンなのです。 アダルトチルドレンは慢性的な不安を感じています。 これは、親から安定をした愛情を得られなかった結果なのです。 親の愛情を失うことを恐れ、育ったからです。 なぜならアダルトチルドレンの親や家庭は、子供を自分の都合のいいようにしか愛しさなかった。愛せなかったからです。 親が過保護なら子供は自分の自由を捨て親の過保護という支配に耐えます。 また、虐待をする親だった場合、虐待を親の愛情と思い込むようにして自分を欺きます。 そうして子供達は親や家庭に過剰に自分を合わせ過ぎるのです。それは、親から見捨てられないためです。 子供はどんな親、どんな家庭であっても、自分が生存するためにはその親や家庭に合せるしかないのです。 それは子供身とって自己喪失にもつながります。自分の人生が自分の人生でない不安感。 健全な自立性が育ちません。健全な自己アイアンディティがもてません。 健全な自己信頼感をもてません。 これらのものは、子供時代に、親に一人の人として十分に愛され、尊重してもらい、成長するにつれて獲得していく力ですから、親や家庭に成長期を歪められたアダルトチルドレンの人々はこの自己信頼感、自立性を獲得しそこなったままあのです。 人間は肉体的だけでなく精神的な生き物であり、精神に問題を抱えるアダルトチルドレンは、必ず、その精神の未熟性がなんらかの形で人生に影を落とします。