小さな冒険の話 

2005年11月16日(水) 1時21分
男なら誰もが一度は夢見る職業。
探検家、冒険家。

小さい頃は毎日が冒険で、
近所の林を棒を片手に探索し
「うわっ!スライムや!スライムがでたぞっ!」
と虫や蛙を殺しまわる日々。
楽しかった…。

そんなオレも23歳になり、
仕事を持ち、彼女もいる。
いくら楽しかったとはいえこの年でそんなことをしていたら
やたら皆が優しい病院に収容されてしまうだろう。

しかし、オレは冒険がしたい。

そんな話。

オレは今の所に住んで約3年になる。
いつも行くコンビニは一緒だ。
当然バイトしている人もいつも一緒だ。

ある日オレは仕事の後会社の人たちと呑みにいき、ほろ酔い気分で
帰宅途中無性にラーメンが食いたくなった。よくあることだ。
そこでいつも行っているコンビニに行き、ラーメンを買う。
レジで小銭を出そうと財布をあさっていると
タバコも残り少ないことを思い出し、
マルボロ…と口にしかけて息を吸ったそのとき。

そのとき突然に、あることを思いつく。
オレの冒険心がくすぐられた。
バイトはいつもの長谷川クン。
話したことはないが向こうもオレを知っているはずである。
言うか。言ってみるか。この言葉を。

「…………タバコ…………
 ………………タバコ…下さい…………。」

 ……………。

くそっ!以外とドキドキするなコレ。

相手はいつもの長谷川クンだ。
オレがいつも吸っているタバコくらい知っていてくれている
はずである。だが何だこの感じは。
初めて女の子に電話をかけたときのコール音の時のような感じだ。

すると長谷川クンは困った素振りも見せず
一つのタバコを出してくれた。
マルボロのソフトケース。

おぉおぉおぉおぉおぉ!グッジョブ!
グッジョブ長谷川!惚れそうだぜ!

出てくるだろうとは思っていたが実際出てくると
かなり嬉しい。

オレの、23歳の小さな冒険大成功!である。
冒険とは何も未開の地を探索したり、
未知の生物と戦うことを言うのではない。
物事に挑もうとする勇気、新しい挑戦、
長谷川クンに自分という存在を示すこと。
これを冒険というのだ。

君たちの小さな冒険に幸あれ。

就職決まった 

2005年09月27日(火) 0時54分
前の会社が潰れてから1ヶ月
やっとこさ就職決まったよ

しかもウェディングプランナーだよ
男のくせにな

いまや女性のなりたい職業で
アナウンサー、スチュワーデスにつづいて人気No.3の
ウェディングプランナー
会社説明会に1500人から集まる超人気職種
ウェディングプランナー

それを1社目でパスしたオレ
なんかかっこいいなオレ

でも何で受かったのか全然わからんのやけどな…

そっち系の学校いってたわけでもないし
昔からなりたかったわけでもない
面接では「一生この仕事を続ける気はありますか」
て聞かれても「そんなもん分かりません」
とか言ってたし

まぁ逆にって感じなんかな

世の中には
めちゃめちゃなりたくて
学校も行って
必死に勉強したけど就職決まらん
て人もいっぱいいるんやろうにな

そんな人たちより
一足先にちょっくらがんばってみるよ

帆船は向かい風のほうが速く進むんだぜ

と言ってみる

TOKYO少女 

2005年08月12日(金) 1時22分
クリスマスイブにデートの娘を買ったことがある。
Hなしっていう条件。拘束時間は明け方まで。
高いなぁと感じつつ、綺麗だからまあ仕方ない。
食事して映画みて、すこし飲んで、場所を変えてまた飲んで。
話が弾んで楽しくてあっという間に明け方になった。
こういうのも悪くないと思った。
時間になったから開こうと言って、電車動いてる時間だし駅まで送ったら
「帰りたくない」と言われた

こんな感じではじまるtokyo少女
2ちゃんねるで話題になって書籍化されるというので読んでみた
普通におもしろかった。単純に読み物として。

本では『東京少女〜ぼくとオタとお姫様の物語〜』
とほんわか〜とした感じのサブタイトルがついてるが
内容は全然ちがう。切なすぎる。

知り合いの風俗店の社長がこんなことを言ってた
風俗で働く女の子にはやっぱり何かしらの事情があると
それは社長のオレでさえ立ち入れない何かかもしれないし
ただの借金かもしれない
でも普通の女の子が体験しないような何かがある
そうでもないと自分の性を商品になんかしないよ。と。

とにかくTOKYO少女オススメ

オブラート 

2005年08月03日(水) 11時04分
今日の昼飯のときに、隣に座っていた女が
どんなタイプの男が好きかという話をしていた。

そしてオレは、でるのか?やっぱりあの言葉がでるのか?
と思いながら耳をそばだてる
「やさしい人が好き」
あぁ やっぱりでた。
アホ女発見である。
そしてそれに「うんうん」と賛同している
もうひとりのアホもついでに発見

「やさしさ」というのは相手がした行動、言動によって
自分が感じる感情であって
そもそも「やさしい人」なるものは存在しないのである

つまりこの女のいうやさしい人とは
言い換えるなら
自分の都合に合わせてくれる人、または
自分のわがままを聞いてくれる人
となるわけですね。はい。

それを「やさしい人」などという
オブラートに包んだ言い方をするこの女はアホである。
どうせなら「わがままを全部聞いてくれる人」
「自我なんてなーい!っていう人が好き」
と言ってくれた方が
全然好感がもてますね

そんなオレは
「家庭的な人が好き」
というオチ。おそまつ

マスターキー 

2005年08月02日(火) 11時05分
昨日はじめてティッシュ配りというものを体験したよ
お願いしまーすっつって

何でやったのかはめんどくさいので
書かないけれど、結構ヒマなもんでねアレ
チラシの人とかはなかなか受け取ってもらえないっぽくて
大変そうやったけど
こっちはティッシュだからね
オバハンなんかは、オニーちゃんもっと頂戴てなもんですわ

そんでヒマすぎてお願いしまーすと、どうぞー
っていうのを
鬼が島ーって言ってみたり
どじょーうって言ってみたりして
一人で遊んでたわけですな。地味に楽しいよ。

てか今日はびっくりしたことがあって、
いまチャリンコで会社に行ってるんやけど
その帰りどうもチャリンコの乗り心地がちがう。
サドルが何か高いし、ブレーキがききすぎる。
おかしいと思ってよく見ると、全然ちがうチャリンコやった
いや見た目は同じなんやけど防犯登録のアレが。
高井戸警察になってるのよ。うそつけ思てね。
オレんとこ北沢警察じゃ。って。

そんでチャリンコ置き場に戻ってみると
ちゃんとオレのチャリンコがあるんや
アレマーやで。マジで。

しかしアレやね
人の心の鍵もこんだけ簡単に
解錠できたらいいのにね

とアホっぽくまとめてみる。

緊急入院 

2005年07月28日(木) 17時30分
昨日も今日も暑いね〜
やっぱりというか予想どうりというか
まぁ下痢んなったね、腹チョウ冷たい
待ってましたといわんばかりの下りようだ。

てそんなことはどうでもよい
超緊急事態だ。彼女が入院した。
緊急入院てやつだね

1時頃、会社で仕事してたらいきなり彼女からメールがきて
「入院することになった、悪いけど来て」
ビックリやね。マジで。
そんで社長に言ってすぐ病院に行ったらケロっとしてやがる
まぁ死んでるよりはマシか

話によると腎臓がなんたらかんたらで
口から屁がでる病気らしい。ウソ。
何かようわからんけど1週間くらいの入院らしいで
大変やのう。

オレもこれからちょっとでも
体がおかしいとおもったら病院行こうとおもったよ
前厄やし。じゃあまた

夏の話 

2005年07月26日(火) 13時56分
今日は台風 台風って聞くと
なんやテンション上がる

そんでこの台風がポロリとどっかに行ったらもう夏だね
夏だね
ガッチガチに日ざしが強くなるんだろうね
そしたらオレはいっぱい汗をかくんだ
汗っかきだから
そんでお腹が冷えて下痢をするんだ
この季節3日に1回は下痢になるんだ
ボンボックラだね、マサにカズで。

昨日は夕立ちがあって
夏の夕立ちにはラスタアーティストの歌がよくにあう
と思ったよ
ぶったらブタによく似てるとはよく言ったものだね

迷惑な話 

2005年07月13日(水) 22時58分
何かよう
変なことばっかり書いてたらよう
変なトラックバックがやたら来てよう
完全に業者に目をつけられちまったよう

この人からのはお断り!みたいの
できないの?

サノバビヤッチ

JACKASSの話 

2005年07月12日(火) 18時49分
ボンボックラ〜
JACKASSて知ってるか?面白いビデオ。
おれは今それにものすごくハマッてて
友達と俺らも面白ビデオを撮ろうてなことになってる

そんでこの前の日曜日にいろいろ撮ってきた
蟻の門渡りの毛をガムテープでむしってみたり
物干し竿で棒高跳びみたく人んちの塀を飛び越えてみたり
いろいろやった

そんで俺が居酒屋で鼻から焼きうどんをすすって
口から出そうとしたら
ゲロが出た
かなり面白かったけど
店員さんごめんなさいでした

チラリディムの話 

2005年07月10日(日) 23時46分
「なぜおっぱいをねぶるのですか?」
「そこにチッチがあるからさ」
とオレぐらいになると道を歩いているだけで
バッカス先生、ちょっといいですかと質問をされるわけだ

そこで今日は52歳のオバハンからの
「旦那をチラリズムで誘惑したいんですか
 どうしたらいいですか?」
との問いにこたえよう

そもそもチラリズムとは
身体の一部分をチラッと見せて相手の妄想をかきたて、
ウンババウバウバとエロスのリディムに乗っけようという
高等テクニックである。
そして男は大胆なエロスよりもチラッとエロスのほうが
妄想が加わる分興奮するのである訳である
つまり極端な話が
スケスケのキャミソールよりも
ごっつい生地のコートのボタンの間から肌が見えてるほうが興奮するのである
これから女性は勝負下着になんかこだわらず
ここぞというときは寝る前にごっついコートを着込むことをおすすめする

しかしまぁ絶対間違ってはいけないのは
チラッと見せる部分だ。
みんなのような一般女性はこう思うだろう
チラリズムといえば
深いスリットのはいったスカートで太腿リディム?
短いスカートを履いてのパンチラリディム?
もしくは鎖骨?ブラチラ?はたまたヘソリディム?

アホたれ

それではおおーっ!ふとももー!とかパンツー!と
テンションは上がるだろうが興奮はしない
男の妄想をかきたて、かつちょっとした恥ずかしささえ与えてしまうもの
それはTシャツの袖口からのぞく
ワキの下
である。間違いなく。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像ふぁーーーっくwwwwww
» 小さな冒険の話 (2009年05月11日)
アイコン画像盗賊
» 小さな冒険の話 (2008年10月19日)
アイコン画像じゃぶ
» 小さな冒険の話 (2008年10月05日)
アイコン画像よしと
» 小さな冒険の話 (2008年09月30日)
アイコン画像名医
» 小さな冒険の話 (2008年09月26日)
アイコン画像ちちち
» 小さな冒険の話 (2008年09月25日)
アイコン画像まあむ
» 小さな冒険の話 (2008年09月23日)
アイコン画像川o'-')
» 小さな冒険の話 (2005年12月14日)
アイコン画像(*'ー'*)
» 小さな冒険の話 (2005年12月13日)
アイコン画像( ̄┏∞┓ ̄)/
» 小さな冒険の話 (2005年12月10日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:japaican999
読者になる
Yapme!一覧
読者になる