物価上昇率・失業率・国際収支などの

February 01 [Wed], 2012, 13:42
その動きは、個人投資家を始め、中国などの国単位でも行われ、その結果、2006年末には、外国為替取引額が、米ドルを追い抜きユーロが第1位になりました。
ファンダメンタルズ分析について紹介
過去の値動きから分析するテクニカル分析に対し、ファンダメンタルズ分析とは、対象となる相場の現状のファンダメンタルズ(経済などの基礎的要因)に着目し、為替の動向を予測する分析方法のことを言います。
具体的には、国家における経済成長率・物価上昇率・失業率・国際収支などの、経済指標や金利水準政治情勢といった、それぞれの指標を総称するものを「ファンダメンタルズ」と呼びます。


アップルiTV構想
多くの難関
フルセグを試す
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:可南子
読者になる
2012年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/japa601/index1_0.rdf