父方の祖父母がスイカを作っていました

July 31 [Fri], 2015, 8:59
夫が出張に行っている間に食べたスイカが印象に残っています。小さい頃、父方の祖父母がスイカを作っていました。夏になると半分に切って、そこに兄弟やいとこたちとスプーンやストローを突き刺して食べたのがとても楽しかったです。結婚して、夫とやろうとしたら、付き合ってくれませんでした。そこで、夫が出張でいなかった夜、一人で小玉スイカを買ってきて、半分に割って一人でカレースプーンを突き刺して食べました。よく冷えていて、汁気がたっぷりで美味しかったけれど、一人で食べているのがだんだんと空しくなりました。独り占めして楽しいのに、なんか空しい。もう、肩を寄せてみんなでスイカを囲むなんてことはこの先人生で絶対ないのだと思いました。だけれども、相変わらずスイカは好きで、一人で一度に半玉食べてもちっとも飽きません。カブト虫になった気分で時々食べます。
P R