B-1グランプリの結果〜地方活性化の事例

October 25 [Sat], 2014, 18:09
今年で9回目になるB-1グランプリ。

今年のゴールドグランプリは、十和田市の十和田バラ焼きゼミナールだったそうで、
今年5月に青森旅行をして、十和田市現代美術館に行った時に、

気になったのに十和田バラ焼きを食べなかったので、
食べれば良かったと、今さらながらに後悔しています。

でもこのB-1グランプリって、名前は知っていましたが、一番最初に開催されたのは、
青森の八戸市でだったなんて、知りませんでした。

そもそも10年前から行われていたイベントだということも、知らなかった。

ここ数年の間に有名になり、全国区になったのだと思っていましたが、
昨年の愛知県豊川大会では、なんと58万人以上が訪れていて、

今年の福島県郡山市でも、45万人以上が訪れていたとか。

地方の町興しイベントで、こんなに集まるなんて、本当に凄いですよね!
東京原宿では人気の占い師の行列もできるそうですが、
人を集める方法としてはみんなが楽しめるイベントがいいですね。

しかも今回の開催地は福島県。

まだまだ東北大震災の影響が残っているので、こういった活動で、
被災地を盛り上げて、元気にしてゆくのは、凄い良いことだと思います。

地方だから出来る事が、まだまだあると思うので、
これからもこういったイベントが増えて行って欲しいですね。