5/16/2007 新しいブログ。My new blog. 

2006年03月01日(水) 10時48分
ブログは引っ越しました。

このブログはこのまま残し、新しいブログにリンクをつけます。また、一番古い日記がトップページにくるように変更しました。

海偉の記念日が過ぎた頃から、日記の内容が、最初にブログを始めた理由からかけ離れていくのを感じていました。ここにはもう新しい日記を書きませんが、海偉のことを忘れることはありません。

I've moved to http://yaplog.jp/paloaltolife/ The new blog will be in Japanese.

I'll keep this blog open and link to it from my new blog. I've also made a change here, so that the oldest entry comes up first on the top page. (You can go to the next page by clicking 《前へ》(in red) at the bottom of each page, and go to the previous page by clicking 《次へ》.)

Since the first anniversary of Kai's birth and death, I've started feeling that my entries no longer match the nature of this blog. Although there won't be any more new entries here, I'll always remember Kai.

3/3/2006 お腹の中。Safe in the womb 

2006年03月03日(金) 15時19分


海偉が生まれる前の日。

やっと部屋の準備が完了した。「もうそろそろ生まれてきてもいいよ」と話しかけた。

お母さんのお願い聞いてくれてありがとう。

The day before Kai was born.

We finally finished preparing the room for him. I said, "You can come out anytime now."

Kai, thank you for listening to my wish.

3/4 海偉の誕生。Kai was born. 

2006年03月04日(土) 13時15分

















2006年3月4日。人生で一番幸せだった日。

海偉ははじめて見る外の世界に興味津々のようだった。
おばあちゃんが近づくとじっと顔を見つめ、
お父さんがカメラを向けるとフラッシュにもめげずカメラ目線。

生まれてすぐにミルクを上手にゴクゴク飲んだ。
飲み終わると、ゲップもしないでのんきそうにスヤスヤおねんね。
腕の中の体温のあたたかさ、いまでも覚えてる。

海偉、生まれてきてくれてありがとう。
私たち、本当に幸せだった。
























March 4, 2006. The happiest day of our lives.

Kai looked very curious about the outside world he was seeing for the first time. When Grandma looked at him, he looked back so intently. When Dad took pictures of him, he stared right at the camera without flinching from the flash.

He was good at drinking milk right after he was born, making a big gulping sound. When he was done, he slept so peacefully without burping or worrying about anything at all. I still remember the warmth of his body in my arms.

Kai, thank you for being born. We were so happy.

3/5 海偉の死。Kai's death 

2006年03月05日(日) 1時43分
3月4日、夜8時頃、生まれてから4時間ほどたち、血糖値と体温が低いのでNICUで様子を見ることに。酸素を鼻から送ってもなかなか体温が上がらない。このころはまだ原因がわからず、海偉は元気になるものと簡単に考えていた。

Around 8pm on 3/4, about 4 hours after Kai was born, he was taken into the NICU because his blood pressure and his temeprature were low. His temperature didn't go up even after he was put on oxygen via a tube in his nose. We didn't know the cause and we simply believed Kai would be just fine.




深夜になっても様子がよくならない。特に足先の温度が低く、酸素が末端部まで行き届いていない。さらに強力に酸素を送り込む装置をつけることに。

Later, after midnight, Kai's condition still didn't improve. NICU staff found his feet were colder and there wasn't enough oxygen flowing to his feet. A bigger oxygen tube was inserted into his nose.







翌朝、NICUスタッフから「海偉の心臓は人と違って左心が小さい」と言われた。そのあと小児心臓専門医が来て、海偉は左心低形成症候群(HLHS)だと告げられた。

The next morning, the NICU staff said, "Kai's heart is different. His left heart is small." Soon after, a pediatric cardiologist came to tell us Kai had hypoplastic left heart syndrome (HLHS).

写真(ミシガン大学病院)の右が正常な大人の心臓。左がHLHSの赤ちゃんの心臓。

The picture (University of Michigan Health System) shows a normal adult heart on the right and and infant HLHS heart on the left.

(↓記事の途中です。続きをどうぞ。)

(↓Click here for more.)

3/6 思い出の品。Mementos 

2006年03月06日(月) 13時28分
海偉がなくなったあと夕方病院から帰った。母も夫も私も一夜を泣き明かした。長い夜だった。

翌日、みんな疲れていたけれど、家の中にこもっていたくなくて散歩に出た。まだまだ寒いがいい天気だった。一匹のリスを見つけた。そろそろ春が近づいているようだった。

何を見ても海偉がいないことに気づいた。リスを見せてあげたかったな、春を見せてあげたかったな、と。

After Kai died, we came home from the hospital. My mother, my husband, and I wept all night long. It was a long night.

The next day, we were all tired, but went for a walk. We didn't want to stay inside all day. It was still cold, but a nice day. We saw a squirrel. Spring was near.

Everything I saw reminded me of Kai's absence. I wanted to show Kai the squirrel, I wanted to show Kai spring...


夫がゴソゴソ家の中を動き回っていた。何をしているかと思ったら、写真をとっていた。

小さなアパートの中は思い出の品でいっぱい。

ベビーベッドにつけたモービルから流れる子守唄は、少し悲しげな調べで、妊娠中に夫とはじめて聞いたとき、「家族ができてうれしい」と泣いた。

After we came back from our walk, my husband was moving around the apartment. I wondered what he was doing. He was taking pictures.

Our little apartment is full of things that remind us of Kai. The lullaby from the mobile on the crib has a kind of sad tune. When we first heard it when I was pregnant, I cried, saying to my husband, "I'm happy we're going to have a family".


ティガーのブランケットは夫のお母さんからのクリスマスプレゼント。海偉の誕生を心待ちにして、私たちのことを思ってくれている人を思ってまた涙が流れた。

The Tiger blanket was a Christmas present from my mother-in-law. I cried some more thinking about the people who cared about us and had been so looking forward to Kai's birth.

(↓記事の途中です。続きをどうぞ。)

(↓Click here for more.)

3/7 日々を乗りきる。Coping 

2006年03月07日(火) 14時47分

海偉がなくなってすぐ後の一番つらい時期。日々を乗りきるためにいくつかしたことがあった。

We did several things to get through the hardest days right after Kai's death.

(1)できるだけ毎日散歩など外に出かけること。

3月7日、まだ産後3日目で体は思うように動かなかったが、母と夫と近くのギャロップ公園へ出かけた。あいかわらず何を見ても海偉のことを考えて泣けてくるが、外の空気を吸うと少し気分が晴れた。

(1) We tried to go out, even just for a walk, every day.

On March 7, the third day after the delivery, I couldn't walk so well yet, but my mother, my husband, and I went to nearby Gallup Park. Everything still reminded me of Kai, and I wept, but getting fresh air made me feel better.


ハクチョウ、カナディアン・ギース、マガモ、ビーバーを見つけた。

We saw swans, Canadian geese, mallards, and a beaver.










(2)毎日の記録を写真にとること。

デジカメは夫から私への誕生日プレゼントだった。海偉が生まれる前に「赤ちゃんの写真をいっぱいとりたい」と言っていた。海偉の写真はもうとれないけれど、海偉のことを忘れないように、海偉を思い出すようなものを写真におさめようと思った。

写真は、病院に持っていったおむつカバンと服など。出産がこわいと感じたとともに、入院するための準備をするのが、なんだか旅行に行くみたいでワクワクした。あの時まだ海偉はお腹の中にいた。ワクワクの気持ち、伝わっていたらいいな。

(↓記事の途中です。続きをどうぞ。)

(↓Click here for English and more.)

3/8 キューピーちゃん。A Cupie doll 

2006年03月08日(水) 15時39分

キューピーちゃんとがらがら。母が日本から持ってきてくれた。キューピーちゃんは頭を押さえると「キューッ」とおかしな音が出る。がらがらは風鈴みたいにきれいに澄んだ音がする。母と父が一緒に買い物に行って選んだ。日本に一人残っている父を思って切なくなった。

A Cupie doll and rattles. My mother brought them from Japan. When I squeeze Cupie's head, it squeaks like a rubber duckie. The big rattle makes a beautiful clean sound like a wind chime. My mother and my father went shopping together and bought them. I felt sad thinking about my father, being alone in Japan.


ビタミン剤や痛み止めの薬を飲むたび、むなしさを感じた。

Everytime I took vitamins and pain killers, I felt empty.












海偉が生まれる2週間前まで教えていた生徒に手紙を書いた。妊娠中、生徒たちはおもしろい名前をたくさん考えて教えてくれた。

I wrote a letter to my students that I had been teaching until two weeks before Kai was born. When I was pregnant, they made up many funny names for the baby.

3/9 松ぼっくりと海偉の名前。Pine cones and Kai's name 

2006年03月09日(木) 8時27分
散歩に出ると、母は松ぼっくりが気になるようだった。こんなに長くて大きい松ぼっくりは日本にはないらしい。「こういうのクリスマスとかお正月の飾りにするといいんや」と母が言った。夫と私も手伝ってたくさんひろって家に持って帰ってきた。ちっちゃな松ぼっくりに夢中な母を見て何だかうれしくなった。

My mother seemed curious about pine cones when we went out for a walk. She said they didn't have such long big pine cones in Japan. "These are good for Christmas and New Year's decorations," she said. My husband and I helped her to gather them and brought them home. She was extremely intrigued by these little pine cones, which somehow made me happy.

母が童謡のCDを日本から持ってきてくれた。海偉がまだお腹の中にいたとき、聞きながら一緒に歌ってみた。

My mother brought a CD of nursery songs from Japan. When Kai was still in the womb, I sang while listening to the CD.

(On the left: a CD cover of nursery songs, a book about bilingual education. On the right: a naming book on which Chinese characters are auspicious.)



日本語でも英語でもあるような名前にしようと思い、「かい」か「たいら」で迷った。吉名事典を使って漢字もいろいろ考えたが、なかなかしっくりいかなかった。生まれる前の日にやっと、ひびきが好きな「かい」に決めた。漢字はあとで考えようと思っていた。

We wanted to name our baby a name that can be both English and Japanese. We went back and forth between "Kai" and "Tyler". I used a naming book to decide which Chinese characters to use, but I couldn't find an entirely auspicious name for either name. The day before the delivery, we finally decided on "Kai" because we liked how it sounded. We thought we could decide characters later. (The charactres for Kai, sea and greatness, were decided later after he died.)

3/10 天使。Angels 

2006年03月10日(金) 12時03分
夕方、夫と二人だけで散歩に出た。夕焼けがきれいだと思って空を見上げたら、雲に天使を見つけた。

My husband and I went for a walk by ourselves in the evening. I looked up the sky, thinking the sunset was beautiful, and I saw angels in the clouds.














海偉の体は病院に寄付し、病気の研究に役立ててもらうことに決めた。灰はいつ戻ってくるかわからない。

3人で海偉の体をきれいに拭くと、看護師さんが白いワンピースの服を着せてくれた。天使のように見えた。

しばらく個室を借り、家族4人だけの時間を過ごした。母からもらった淡いブルーの「くまのプーさん」の服を着せた。ちょっとブカブカだったけど、とてもよく似合っていた。

病院で最後のお別れをした。葬式やメモリアルサービスはまだやっていない。

We decided to donate Kai's body to the hospital for their medical studies. We don't know when we will get his ashes back.

After the three of us finished giving him a bath, a nurse put a white gown on him. He looked like an angel.

The four of us spent time alone in a separate room. We put light blue "Winnie the Pooh" clothes on him. It was a little too big for him, but he looked cute in it.

We said good bye to him at the hospital. We haven't had a funeral or a service yet.


午後、花が届いていた。リビングに海偉のための小さなスペースを作って、カードやおもちゃと一緒に写真を置いた。

夜、明かりを消してろうそくをつけた。しばらくの間、誰も何もしゃべらなかった。少し心が静まった。

We received a basket of flowers in the afternoon. We made a little altar for Kai in the living room and placed his picture along with the flowers, cards, and toys.

At night, we turned the light off and lit a candle. For a while, no one spoke. I felt a little peaceful.

3/11 サボテン。Cactus 

2006年03月11日(土) 13時20分
家の近くのマテイ植物園にピクニックに出かけた。母が作ってくれたいなり寿司と玉子焼きのお弁当を持っていった。

We went on a picnic to nearby Matthaei Botanical Gargens. We took inarizushi (sushi rice in deep fried tofu bags) and tamagoyaki (Japanese egg rolls) for lunch.






海偉の写真もいっしょだった。

We took Kai's picture with us.












冗談を言い合ったり、ささいなことで笑えるようになった。なんだか不思議だった。

We were able to make jokes to each other and laugh over small things. It felt a little strange.








写真を見て「お母さんの頭がサボテンから生えてるよ」と言って、みんなで大笑いした。

Looking at the picture, we all laughed so hard, saying "Mom's head is growing out of the cactus."

そういえば、海偉の1週間の誕生日だった。

I remembered it was Kai's one week anniversary.
P R
〜ページ移動について〜how to navigate my blog
各ページ一番下の《前へ》をクリックすると次のページに、《次へ》をクリックすると前のページへ移動します。
You can go to the next page by clicking 《前へ》(in red) at the bottom of each page, and go to the previous page by clicking 《次へ》.
http://yaplog.jp/jameskaishoko/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる