多くのより高級な配ドレスの靴の多くは、シルクサテンで、

July 15 [Mon], 2013, 11:17
麻縄サンダル底台:

麻縄底台がつけやすいほこりがない、水で洗い流し、美観に影響。利用できる家庭用ヘア筒を冷たい風速、麻縄底台圏吹掉ほこり、更に柔らかなブラシで軽くブラッシング。

畳サンダル底台:

着用後、きれいな利用浸水絞り底台、一回り編み畳の上のほこりきれいに拭いて乾かして、すぐ。

革張りやPUサンダル底台

介護用に対応した靴墨革張りに塗って、柔らかい靴刷毛そっと甲刷均一で、そしてきれいでそっと拭いた革張りに何回往復させ、革張りより光が質感。

クロスサンダル:

はクロスの材料が、水洗いできない。もし軽い油使用果物の洗剤で少量の食器洗浄、更にウエス浸水絞り洗浄、一定の助け。もし布洗浄後に泡立つ階層の現象は、やけどを服のアイロンで80℃前後と、甲に被せ白布、アイロンを5〜10秒、基本的に回復することができないでください、修復後すぐに着た内からのり硬化時間1時間以上。

エナメル素材サンダル:

まずきれいな柔らかい布を拭く塵などに甲の汚れをもう一度。更に2部の洗剤1部、アルコールと50部の水になる資格洗浄液に浸した後、布で拭く甲に往復することなく、力を入れすぎて。靴など自然陰干しに後で、更に柔らかい布で拭いて浸水甲にもう一度、置いて風に自然が陰干しにする。

スパンコール:

第一項の接着亮くず末に触って、似ているマット紙、第二弾スパンコール、どの1項の限り、水が落ちるかもしれませんですが、あるいは清潔なタオルでで、水でぬらして、糸をつけ毛净少し汚いところを拭く。

第二のデザインではない綿の質のものを洗う、スパンコールで綿のフックを殘して。ポリエステル布で拭いてくればよかった、水をつけてもいいけど、過ぎないように。

セーム革:

このスエードは厄介な1種の皮革、MM購入前にはよく考えて、汗をかきやすい、雨の日も似合う。

ついたら汚れも、靴靴刷毛で表面のほこりをぬぐい、そして消しゴムで(もあるという専門をそっとセーム革の消しゴム)四方に均一ツイ散除去汚れ、力はちょうど良くしかもできるだけ同じような方向に沿って、テクスチャに損傷が減少して、洗浄性の向上。また、マーケットにもセーム革専用の洗剤を購入する。

ズック:

くれぐれも用洗剤や石鹸洗剤が色が落ち、石鹸を洗って、黄色になる。歯磨きを1本で、歯ブラシ、毛越柔らかいほどつけて軽くしながら洗う練り歯磨きしながら、ブラシ汚水をぬぐい、きれいに拭いて後、ティッシュをつけたばかりの部分の洗浄水ポンプきれい。

ブラシで終わった後に日光の下で、そんな色褪せて、置いて陰で、自然を乾かす。もし白いキャンバスに、さらに甲蓋上階にティッシュ焼けて、黄色が変わることはない。

サテン:

多くのより高級な配ドレスの靴の多くは、シルクサテンで、高級サテンは勧めてなにもしない動作、しか着の時に気をつけてました。もし処理、唯一の方法は消しゴムでは、しかしちょっとくずくず。千万でブラシではなく、魔棒で、静電気を利用してくずくずの原理。また、サテン靴は太陽の下に、色が褪せた。

エナメル:

エナメル靴が拭く靴墨、乾いた柔らかい布靴の表面を軽く拭くことため、エナメルは防水効果として、汚染水濡れ等の汚れだけを払うので、軽甲のほこり、靴がすぐに新しい光が。でもハンドクリームを類!

注意はエナメルの表面は塗ってある光層から、靴磨きたなるべくソフト(例えばコンピュータのスクリーンの布を拭いて)、または用心しないと傷がある。エナメル靴は太陽の下にさらして、さもなくば出やすいと黄色になって、革張りの亀裂や老化現象。エナメル靴は通気性、細菌が繁殖着やすく、最高の翌日着。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:james2013
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/james2013/index1_0.rdf