お引越しto New blog** 

December 01 [Tue], 2009, 15:14


帰国して早2週間が経ちました。

日本の生活にすんなりなじみながら,
なんだかマレーシアでの10カ月間の出来事が
夢みたいだったなぁと思う日々です。

大学院に戻って
まわりの人たちが忙しさに追われているのを見て
なんだか自分もすぐにそうなってしまうのが
怖いような虚しいような気がします。


暖かくなるまでは
あえて自分を忙しくするのをやめて
マレーシアで溜めてきたものを
じっくり深めようと思います。


なんだか10カ月間で
ゆとりがもたらしてくれるものの大きさに気付いた気がします。

「がんばらない」「あせらない」マレーシアの人たちからのプレゼントかな。



帰国してからの日本の日常を綴るblogを
お引越しします**


kissとおでかけphoto blog3**
*lowenzahn*お散歩日和*

http://ameblo.jp/lowenzahn-dent-de-lion/


あったかな写真でいっぱいのblogになりますように**
お時間があればのぞいてみてください



This is my new photo blog about my Japanese life.
Thank you for reading

http://ameblo.jp/lowenzahn-dent-de-lion/

Photo Diary2** 

November 30 [Mon], 2009, 15:41
帰国前〜帰国の写真を載せておきます★


with Form2students

帰国前は徹夜が続き,本当に忙しかったです。

生徒たちが最後にお別れPartyを開いてくれて
私が今まで教えた日本の歌やダンスなどを披露してくれました。

お別れは少しさみしかったですが,死んでなければ,会う気さえあれば会えます。
本当に会いたくなったときは,必死で日本語を勉強して日本に来るチャンスを自分でつかみなさい。
さもなければ,お金持ちの男の人と結婚して日本においでね:)笑 と
生徒たちにお別れを告げてきました。

日本語教師は職業柄,出会いと別れが付き物です。
でもそれには “再会” も付き物であると思っています。
お別れは成長の証だし,また会う時にはもっと成長したみんなに会える
そう考えるようになってから,私は別れの時にも泣かなくなりました。

ひとつのお別れを前向きに考えることでもっとパワーを得られる気がしています。



Batik with message from students





decolating boads for Japanese class

生徒とのたくさんの思い出を
写真と一緒に掲示板にデコレーションしました。


Form 1 students

日本でいう中学1年生です。
50人以上の生徒を一度に教えることもありました。


Present from students


Farewell Party for me:)
I danced Sakura sakura(Japanese traditional dance) with students.


涙のお別れ(本当は私は笑っています・・・)

最後の半年間,お世話になったマレー人の先生です。
彼女は,教師として,女性として,人として,本当に尊敬できる人でした。
マレーシアでの多くの出会いのうち,私にとって一番素敵な出会いでした。


Balik ke Jepun @ NARITA Air port

日本到着。
この日本語教師仲間との出会いも,
私を支え,成長させてくれるものでした。

***

長い間blogを読んでくださった方,
コメントをくださった方,
心配したり,お手紙をくれたり,電話をくれたりした皆様,
どうもありがとうございました。

10ヶ月間
本当にたくさんのことがあって
帰国してから語れることは,ほんの一部分だと思います。

「マレーシアって・・・アジアよね?暑いよね?」

これくらいしかマレーシアについて知らない多くの方に
少しでもマレーシアを知ってもらえれば・・・と思って始めたPhoto blogだったんですが
何か少しでも新しく知ってくださったことがあれば幸いです。


10カ月暮らしてみて・・・
マレーシアは暑いですが,日本人にとってとても住みやすい国です。
親日的と呼べる人も多く,都会にはJUSCOやISETANやSOGOなどもあります。

旅行に行くにも,海,山,シャングル,本当に多様な自然に恵まれた国です。

もし何かの縁で,「マレーシアで働く!」「旅行!」てなったときには
大喜びして出向かれることをお勧めします★

まだ数カ国でしか教えたことがないですが,
日本語教師をするにも恵まれた環境だと言えるのではないかと思います。


死ぬほど暑い(陽射しは強いですが,日本の夏よりすごしやすいです),
イスラム教,ジャングル,水シャワー(もちろんお湯シャワーがでるところもありますが)
辛い料理(克服!),お祈り,アッラー,モスク,甘い飲み物,虫,ビーチボーイ,
生徒,先生,全寮制の学校,手で食べる・・・etc

私の中で新しく生まれたマレーシアのイメージはもう語りつくせません。

総合的に見て,
プログラム第一期生ということで,そちらの問題は山積みだった気がします。
日本語教師的な顕著な成長が見られることは望めませんでした。

その点をのぞくと,マレーシアという国自体は非常に魅力的で神秘的な国だと感じました。
住んでみて見えること,住んでみないと見えないことがいいことも悪いこともたくさんありました。

少しずつこの10カ月の経験が自分の中で生きてくるのではないかと感じています。

この国でのすべての出会いに感謝します

rindu** 

November 19 [Thu], 2009, 13:19
マレーシアの先生から
メールが届きました。

この間先生が教室に行くと,
生徒たちがホワイトボートに

「わたしたちはyukiせんせいにあいたいです。We miss Yuki-sensei」

て大きく書かれていて,

その下に私に会いたいというようなメッセージや

私が今まで教えたことや,

授業中によく描いていたキャラクターの絵や,

私の似顔絵が描かれていたそうです。


先生はそれに感動して
私にメールしてきてくれました。


帰国して1週間
すっかり日本の生活に馴染み
生徒のことを思い出す時間はほとんどなかった。


生徒のあたたかい笑顔と
元気な声を思い出しました。






夢** 

November 17 [Tue], 2009, 13:02
***



私の尊敬する人が
ひとつの夢に向かって行く決心をした

その決意を聞いて
心が動かされ,涙が出そうになった

その決心は
私とその人を物理的に離れさせるものだった

すごく不安になった

その人がそばにいない自分の生活が
私の目指すものが
今の自分にちゃんと描けるのか

強い支えを失った分
代わりに何で支えればいいのか

でも,
自分のこれからの道を語るその人の目は子どもみたいにキラキラしていて
あぁ,本当に魅力的な人だなぁと思った

***

秋が恋しかったのに
広島はすっかり冬でした

ぬくぬくしたい





**balik ke Jepun/帰国報告** 

November 11 [Wed], 2009, 13:14

*photo*マレーシア日本大使館の前で。教育省の方とオフィスの方と同僚と**

いつもblogを読んでくださっているみなさま,コメントをくださるみなさま,ありがとうございます
無事に日本へ帰国しました**
東京,京都,広島へと次々と移動しています。
また,落ち着いたら,帰国前の日々について,写真をupします。
とりあえず,ご報告まで★

I went back to Japan safely.
Thank you for reading this blog.
I will up-load some photos that I took in Malaysia later. Thanks;)

saya sampai Japan hati-hati.
Terima kasih atas kebaikan hati. Terima kasih yang baca blog ini.
Saya pergi ke Kyoto dan Horoshima minggu ini.
Saya akan up-load gamber nanti.
Jumpa lagi:-)

yuki**