源流釣り納め。泣きっ面にスズメバチ?

October 01 [Sun], 2017, 12:42
9/24(日)。
今年の源流シーズン最後の釣行に行ってきました。
最後もやっぱり通い慣れた小菅川。

最後は小菅川の最奥部で締めくくろうと、夜明け前の真っ暗な林道を進んでいきましたが、
人気の入渓ポイントにはすでに何台かの車が陣取っていました。
中には車中泊やテント泊をしてる人達までいたり。

結局、入ろうと思っていた林道終点にも車が停まっていたので、
第二候補の入渓ポイントから入る事にしました。

夜明け前に行動開始とかじゃ、まだまだ甘かったか・・・。




ここは6月のミノーイングスクールで、飯田重祐さんを案内させてもらった場所。
小菅川源流域をたっぷりと楽しめる区間です。

しかし、前日の土曜日にだいぶ人が入ったのか、
誰もが狙いそうなポイントや、開いた場所では魚の反応が全くありません。

魚は落ち込みの下や、淵の深い所に沈んでいるのかも・・・
・・・そう思って、ミノーをヘビーシンキングな物に変えてみようと
ルアーケースを取り出してみると・・・・・・





・・・・・・???!!!

管釣り用のルアーケースじゃねえか!!?


釣り納めの釣行でまさかのミス。



どうしよう・・・。
車に渓流用のミノーケースを取りに戻るか・・・?

そう思って振り返って、またまたびっくり。


私の20m後ろに迫り来る餌釣り師の姿。


近ぇ!?
なんだこの源流らしからぬ距離感。
この距離だったら、私がいる事に気付いていたはず。
他に入れる所が無く、先行者のすぐ後ろをなりふり構わず入ってきたのか・・・?

ここで引き返したら、この区間を他の釣り人に譲る事になってしまう・・・。


手持ちの渓流用ルアーは最初に付けていた自作ミノーのクヴェレー50Sと、
偶然管釣り用ケースに入っていたARスピナーの2つのみ。

うーん・・・・・・まぁ、なんとかなるかw





その後、スレが酷いようなのでルアーをスピナーにして釣り上がってみると





綺麗なヤマメさんが出てきてくれました。




ヤマメの里小菅の天然ヤマメ。
そう言えば、今年は尺イワナなら何匹か釣りましたが、
ヤマメはあまり良いサイズ釣れなかったなぁ・・・。
小菅の源流域に引き籠り過ぎたせいかなw


このヤマメを眺めていた時、すぐ近くにある他の入渓路からも釣り人が降りてきて、
私を見て下流側へと下って行きました。
気の毒なのはその釣り人さん。
下流にもすぐ餌釣り師がいますから。

危ない危ない。
もうちょっとで頭抑えられるところだった・・・・・・・
・・・・・・と安心したのもつかの間。
川岸の岩の上には、真新しい濡れた足跡がありました。

・・・・・・いったい何人の釣り人がこの川に入っているんだ?
本当、この日の源流域は大混雑。





それ以降は、気楽に渓畔林の風景を楽しみながら
散歩気分で釣り歩いていました。

やっぱり解禁日と禁漁直前の休日は本気の釣行というより、
セレモニー的なものだと割り切った方が良いですね。





途中、倒木の上から他の人が狙わなそうな場所を狙ってみると




イワナさんが出てくれました。

これが源流域で今年最後の魚。





次にこの源流域に入るのは10月後半。
アングラー限定のキノコ狩りツアーに参加させてもらう事になりました。

緑一色の森も、その頃には違った色彩に変わっているんでしょうね。





こんなふうにキノコの写真を撮ってまわっていた時、
私の周囲に蜂の羽音が聞こえました。

む?クロスズメバチか。

スズメバチが近くを飛んでいても、
向こうが警戒行動をしていなければ特に気にしないのですが・・・・

あれ?私の周囲をクロスズメバチが5〜6匹飛び回ってる・・・。


ふと脇を見ると、私のすぐ50cm程の所の斜面に穴が開いており、
そこから何匹ものクロスズメバチが出入りしていました。



やっべぇ。巣だ。


慌てて退散。





こうして、クロスズメバチに追われるように今シーズンの源流域を後にしました。

私がこの川に通い続けるのは、釣れる釣れないだけでなく
自宅から通える範囲で特に美しい渓畔林があり、
訪れる釣り人のマナーが良いのか、
奥多摩近辺の川の中で最もゴミが落ちていないから。

これからも綺麗な川であってほしいものです。



さて、これで終わりかというと、そうでもなかったりして。





本当に今シーズン最後の魚は、この鰭ピンレインボー。

頭を押さえられたために源流域を退渓しましたので、
予定よりも早く山を降りてきてしまいました。

昼食にも早かったので、適当に入った源流域手前の川で出た一匹。
放流が行われている場所から遡上してきた魚でしょう。
鰭が綺麗に回復していて、レインボーらしいファイトをしてくれました。



さぁて。
そろそろフライの方にも本腰入れましょうかね。
これからは冬季ニジマス釣り場や管釣りに通うシーズン。


結局私、年中ぶっ通しでトラウトと遊んでおります。





ロッド: PALMS エゲリアESNS53UL
リール: SHIMANO ストラディックC2000HGS 
ライン: VARIVAS スーパートラウトアドバンス トゥイッチマスター 4Lb







にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ

ランキングに参加しているので、ポチっとしてくれるとありがたし。


  • URL:http://yaplog.jp/jaeger/archive/1669
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意する
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。
> ヒロパパさん
なんだか綺麗な名前ですね!
惹かれます!

奥多摩川もこれから紅葉の中でニジマスと遊べて、まだまだ楽しい釣りが出来そうです。
October 07 [Sat], 2017, 13:40
ヒロパパ
>イェーガーさん
おはようございます。

EGFは、エロいガールと?それも良い?ですね(笑)
エメラルドグリーンフィールドです。
僕のブログから?お察し付くかと?思います😁
紅葉の頃からゴールデンウィーク辺りまで、通い尽くしてますよ(笑)
とある、ダムですよ(バレバレ?)

これ以上は?お逢いした時に😁

またおじゃまします(^-^)v
October 05 [Thu], 2017, 7:22
> ヒロパパさん
早くも第2ラウンドを開始しましたね。さすがです(笑)。
奥多摩漁協の年券も持っているので、私も時間を作って行ってみようと思っています。
ところで、前から気になっていたんですが、EGFってなんでしょう…?
エロいガールとフィッシング??

人見知りなので実際にお会いすると挙動不審気味かもしれませんが、こちらこそまたお会いしたらお話しさせてください。
October 05 [Thu], 2017, 1:17
ヒロパパ
シーズンお疲れ様でした。
やっぱり、凄い人だったのですね。

僕は、すでに第二ラウンドの奥多摩川虹鱒へ
そして、EGFに管釣りと同じく一年中釣りをしております(笑)

また、お逢いしましょう🎵
今度は、もう少しお話しましょうね❗

またおじゃまします(^-^)v
October 03 [Tue], 2017, 7:28
2017年10月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:イェーガー
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1978年
  • アイコン画像 現住所:東京都
  • アイコン画像 趣味:
    ・ペット-海水魚&サンゴ水槽と愛犬のキャバリア「モカ」
    ・釣り-主に渓流でのトラウトアングラー
    ・カヤック-セビラー ハドソン
読者になる
脅威の小遣い額で海水魚水槽を維持し、渓流ルアーやバイクにまで手を染めてしまったへっぽこアクアリスト。愛犬「モカ」も仲間入り!



<愛犬>
名前: モカ (♀)
犬種: キャバリア・K・C・スパニエル
誕生日: 2008.8.8
性格: 超あまったれ&極小サイズ



モカさん1周年記念スライド


<水槽のタンクデータ>
こちらをクリック


<タンクメイト>



フレームエンゼル
名前: アズナブル君
こんがり日焼けした三代目フレーム。 弱きを挫き、強きに媚びる カリスマ性ゼロの赤い彗星。



イナズマヤッコ
名前: 殿下
まだまだ大人の階段登り途中。 ロリっ気の残るチビイナズマ。 今日もビビリと好奇心の狭間で揺れ動く。 目指せボスの座。


カクレクマノミ
名前: にもじい
我が水槽最強にして最年長。 飼育8年を超える長老クマノミ。 イソギンの代わりにコエダナガレハナサンゴに庵をかまえ、 害なす物には容赦しない火玉じじい。 掃除で手を突っ込む度に噛みついてくる。結構イタイ。


キンギョハナダイ
名前: 未亡人
元の名前は「嫁」。 妻を追い払ったりするDV気味の「旦那」と暮らしていたが、 そんな旦那にも先立たれ、女一人身気楽に過ごす。


イトヒキテンジクダイ
名前: しゃくれ1号〜6号
口の中で卵を育てるマウスブリーダー。 それゆえか、年に何回かすっごいしゃくれる。 もちろん、どれが何号とかわかりゃしない。


サンゴたち
物は言わぬが、 文句がある時は溶けて主張。(泣)





1.023worldReef Ring
List Rank
<5 < > 5>


コーラルフィッシュVol.19で紹介されました

参加中のランキング


にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ

にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ



メールフォーム
タイトル

内容
P R
月別アーカイブ