FXレバレッジ規制

January 22 [Tue], 2013, 6:34
高いレバレッジをかけることで、ハイリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)ハイリターンの投資が可能となるのが、FX(外貨を保有することで金利をもらえる可能性もありますが、逆に支払う可能性もあります)の人気の理由の一つでした。しかし、金融庁の規制によって、二〇一〇年にはレバレッジの上限が50倍になり、二〇一一年には25倍におちいったと思っております。個人投資家(近年では、ネットトレーダーなども増えていますね)の中には、この規制の影響で、FX投資(レバレッジと呼ねれる少額の保証金でそれ以上の金額の取引ができるシステムが魅力であり、恐ろしさでもあります)から他の投資に乗って交換したり、FX投資(素人でも簡単に儲かるというイメージが先行して、かなりの人が始めて、失敗してしまったのではないでしょうか)をやめてしまった方も少なくなかったではないかと思います。ただ、レバレッジ規制後の今猶、高いレバレッジをかけて取引する方法はあるものです。その一つが法人口座を開設することです。レバレッジ規制されるのは、あくまでも個人投資家(参入するのは比較的簡単ですが、通年で利益をあげるのは至難の業でしょう)の口座に限定されているのです。つまり、法人口座であれば、規制の影響は受けないでしょうから、未だに100倍以上のレバレッジをかけられると言われているものです。法人名義での口座を開設するには、会社を設立しなくてはいけません。でも、レバレッジ規制以上の倍率でレバレッジをかけようと思うほどFX投資(外国為替保証金取引による投資です。規制緩和によって誕生し、一大ブームを巻き起こしました)に自信があるのならね、検討する価値はあるかもしれません。会社設立や維持の為の費用が掛かるのですが、節税になることも多いのではないでしょうか。また、海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)外のFX(Foreign eXchangeの略称で、日本語では外国為替証拠金取引と訳されています)業者を使う方法もあります。海(地球温暖化の影響で、少しずつ砂浜が減ってきているそうです)外のFX(外国為替証拠金取引、通貨証拠金取引、外国為替保証金取引とも呼ねれています)業者であれば、日本よりも高い倍率でレバレッジがかけられると言われているんですね。近年、日本から口座を開設できて、日本語での手助けが受けられる海(夏といえね、必ず行くという方も多いかもしれません。紫外線対策はしっかりとした方がいいですね)外FX(外為証拠金取引のことですね)業者も存在しています。また、FX(取扱い業者に証拠金を預けて、差金決済で通貨の売買を行う投資方法です)のレバレッジ規制をきっかけに、CFD投資を始めた方も少なからずいるだといえるでしょう。CFD(本来ならFXも差金決済取引に含まれるそうですが、実際には別物として考えられているようです)は価格変動率(ボラティリティ)が大きい為、レバレッジ倍率がそれほど高くなくても、ハイリスク(時にはあえてそれを承知でトライする必要があることも)ハイリターンが狙えるとされているのです。

名古屋の桜の名所|バイナリーオプションのハイロー取引
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jae431
読者になる
2013年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/jae431/index1_0.rdf